2018春の選抜(センバツ)甲子園出場校予想一覧!優勝候補予想や注目選手は?【随時更新】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018春の選抜甲子園 注目選手は?(投手編)

そしてこちらは投手編です。

随時加筆更新していきます!

大阪桐蔭 柿木蓮君

昨年のエース徳山君の背番号1を

受け継いだエース右腕が柿木蓮君。

ストレートの最速は147キロ。

変化球は110キロ台のスライダーと100キロ

前後のカーブ。

常時ストレートは140キロ前後で力のある

ピッチングが持ち味。

夏の大阪予選4回戦の同大香里戦に先発して

8者連続を含む11奪三振を奪いました。

今年も大阪桐蔭のエースとしてマウンドを

守ります。

柿木君についてはこちらで詳しく書いています。

柿木蓮(大阪桐蔭)新エースの出身中学やスカウト評価やドラフト先、投球スタイルや球種、家族や彼女についても!
みなさんこんばんは、たかパパです。 夏の甲子園は史上最多のホームラン数を 記録した大会となりましたが、もう一つの 野球の花...

大阪桐蔭 横川凱君

そして、上記の柿木君とともに大阪桐蔭の

ダブルエースが長身左腕の横川凱君。

190cmの長身から投げ下ろすストレートは

最速144キロ。しなやかで切れがあるので

球速以上に速く感じます。

まだ制球にややばらつきがありますが、

これがまとまって安定感が出てきたら

春以降の背番号1は横川君がつけている

かもしれません。

横川君についてはこちらで詳しく書いています。

横川凱(大阪桐蔭)出身中学やスカウト評価、球速球種、家族や彼女についても!
どうもこんにちは、たかパパです。 今回は大阪桐蔭高校のエースのひとり 横川凱投手についてお話しします。 細身の長身で阪神の...

明徳義塾 市川悠太君

明徳義塾の明治神宮大会の優勝の原動力と

なったのがエースの市川君。

最速145キロのストレートを軸に、

スライダーやチェンジアップ、

ツーシームなどを操ります。

サイドスローで球の出どころが見づらく、

相手打者には非常に嫌なボールが来ますね。

新チームでの公式戦の秋季大会では、

高知県4、四国大会3、神宮3と、

10試合を全て一人で投げ抜いています。

市川君については下で詳しく書いています。

市川悠太(明徳義塾)2018ドラフト候補のスカウト評価や出身中学、球速球種、家族や彼女についても!
どうもこんにちは、たかパパです! 皆さんは高校野球の神宮大会はご覧に なりましたか? 4冠を狙う優勝候補の大阪桐蔭が準決勝...

中央学院 大谷拓海君

秋季関東大会を制した中央学院の

背番号1番を背負うエース大谷拓海君。

一年生の時から三番・ライトでレギュラー。

一年秋の新チームからエースをつとめ、

打っては2年生の秋から4番も務めています。

ストレートの球速は最速144キロ。

サイドスロー気味のフォームから、変化球は

スライダー、カーブ、フォークを操り、

打っては2017年11月時点で高校通算21本と

いう、文字通り二刀流です!

二刀流の代名詞である大谷翔平投手と同じ

苗字で「安孫子の二刀流」として高い注目を

集める大谷君の活躍に注目です!

大谷君に関しては下で詳しく書いています。

大谷拓海(中央学院)二刀流で注目!大谷二世の球速球種や高校通算本塁打、家族や彼女についても
どうもこんにちは、たかパパです! 今回は中央学院の大谷拓海選手について お話をしたいと思います。 大谷選手といえば日本ハム...

明秀日立学園 細川拓哉君

秋季関東大会準優勝の明秀日立からは

細川拓哉投手を選出しました。

今年CSでブレイクした横浜の新人である

細川成也選手は実の兄です。

最速144km/hのストレートを軸に、スライダー、

カーブの変化球を得意としています。

夏には150キロに到達するのではないか?

という声も見られますね。

打撃は、クリーンナップを務めるなどパンチ力の

ある右打者です。高校通算本塁打は9本です。

(2017年11月時点)

細川君については下で詳しく書いています。

細川拓哉(明秀学園日立)出身中学やスカウト評価、球速球種、家族や彼女についても!
みなさんこんにちわは、たかパパです!! そろそろ今年も終わりを迎えますが、 今年の甲子園はご覧になりましたか? 今後の野球...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まだ半年先ですので気が早い話しですが、

3年生が引退して各校新チームが始動して

います。

高校球児の成長は著しいですので、今年の

夏に見た選手が来年春に大幅な成長を

遂げた姿を見るのも楽しみのひとつです。

春の選抜開幕まで楽しみに過ごしたい

ところですね!

出場校等、決定いたしましたら順次更新

していきますので、定期的にご覧頂けると

嬉しいです。

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. おひる より:

    九州、福岡の東筑高校が、「東築」と誤記されている箇所が何ヵ所かあります。
    訂正していだだけると嬉しいです。

    • takapapa より:

      おひるさま

      管理人です。
      東筑高校の件、ご指摘有難うございます。
      早速記事訂正させて頂きました。

  2. imadayuzo より:

      選抜は秋の大会の結果だけでなく初戦負けでも実力・試合内容で選ぶべき
      近畿は智辯和歌山を追い詰めた履正社を選らんでほしいです。
      
       

    • takapapa より:

      imadayuzo様
      コメント有難うございます。
      現段階で近畿は大阪桐蔭と智弁和歌山と履正社が抜けてますよね。
      実力だけが評価されたら履正社も選出されてしかるべしですが、
      近畿大会の1回戦負けをどう判断されるかですね。
      9回に5失点はアカン・・・

  3. 東海地区住民 より:

    東海地区3枠目は三重高校で間違いありません。「選考基準が変わらなければ」という条件付きですが。

    秋季東海地区大会は四県から2チームずつ計8チームで争う形が続いてきましたが、1981年から一県3チームずつ計12チームで争う形に変わりました。

    その翌年から代表選考で、変わった現象が生じました。当時、東海地区は3枠で、通常は優勝校、準優勝校に次いで3枠目をベスト4の二校が争う形になります。ベスト4二校というのは準決勝で優勝校に敗れたチーム(優勝校対戦チーム)と準優勝校に敗れたチーム(準優勝校対戦チーム)です。

    本来、優勝校対戦チームと準優勝校対戦チームは互角のはず。ところが1982年以降、選考争いで優勝校対戦チームが十連勝。互角と仮定すると優勝校対戦チーム十連勝の確率は1024分の1。偶然なんて言葉は当てはまりません。1982年以降「優勝校対戦チームに有利な選考基準」で選考が行われてきたと考えるのが自然。では、どのような基準か?

    2003年秋季東海地区大会の結果

    決勝 愛工大名電 9-4 東邦
    準決 愛工大名電 6-0 常葉菊川 東邦 8-5 海星(延長)
    準々 東邦 5-4 宇治山田商

    優勝した愛工大名電は神宮大会でも優勝し、東海の一般枠は1つ増え3枠に。愛工大名電と東邦は文句なし。3枠目はベスト4二校の争い。

    準決勝第一試合は優勝候補 愛工大名電の貫禄勝ち。第二試合は3-3の同点で延長に突入。先攻の海星が11回表に2点を挙げましたが、その裏、東邦は1点差に追い上げ、なおも満塁のチャンスで逆転満塁サヨナラ本塁打が出て熱戦にピリオドが打たれました。当然のことながら3枠目争いは「海星有利」とする見方が圧倒的。

    ところが2004年の選考結果は、愛工大名電、東邦、常葉菊川の3校が選抜出場、宇治山田商が補欠1位校、海星はなんと補欠2位校。しかし、この結果は選考基準通り。

    ベスト4二校は「優勝校に6点差の常葉菊川」と「優勝校に5点差の準優勝校に3点差の海星」という形で比較されます。常葉菊川が勝ち3枠目に滑りこみます。海星は優勝校と(5+3の)8点差と判定されます。コールドゲームの目安となる7点を超えており「コールド負け」と認定されます。ベスト8の宇治山田商は「優勝校に5点差の準優勝校に1点差」で優勝校とは6点差、補欠1位校は宇治山田商、補欠2位校は海星となります。

    東海地区では1982年以降、上記のような形で選考しており、秋季東海地区大会終了時点で各チームの順位は自動確定します。

    今年は優勝校 静岡高校、準優勝校 東邦に次ぐ3枠目は「優勝校に3点差の中京院中京」と「優勝校に1点差の準優勝校に1点差の三重高校」の争い。三重高校の勝ちとなります。補欠1位校は中京院中京、補欠2位校は「優勝校に1点差のベスト8 いなべ総合」ということになります。

    1982年以来、東海地区では上記のような形で代表選考してきましたが2010年選考でハプニング発生。前年の秋季東海地区大会決勝で中京大中京を下し、優勝した大垣日大が神宮大会でも優勝し、東海地区の一般枠は1つ増え3枠に。最後の枠を争ったのが「優勝校に1点差の中京(現中京院中京)」と「優勝校に1点差の準優勝校に2点差の三重高校」。

    文句なしに中京の勝ちのはずですが、3枠目に入ったのは三重高校。実はこの2010年というのは朝日新聞が選抜の「後援」となった年。私は、朝日新聞がいきなり選抜大会選考の主導権を握ることはないと考えていましたが、予想に反し「いきなり」朝日主導の選考基準に切り替わりました^^;

    「朝日基準」は地域性絶対視。東海地区でいうと「上位3校は四県から重複なしに選出する」というもの。優勝校 大垣日大(岐阜)、準優勝校 中京大中京(愛知)に次ぐ3校目には岐阜県勢も愛知県勢も入れません。優勝校 大垣日大と同じ岐阜県勢の中京にとっては正に災難でした。

    この朝日基準は2015年、つまり夏の全国大会百周年に当たる年まで続きました。来年は夏の全国大会が100回目です。少々気になりますが1年限定で朝日基準に戻ることはないと思います。従って、三重高校の選抜出場確定ということで問題ないと思います。

    可能性はゼロに近いと思いますが、来年、万一「地域性」最重視の朝日基準に戻ったら、神奈川県のダブル出場は微妙ですし、宮崎県のダブル出場はまず無理でしょう。

    • takapapa より:

      東海地区住民様

      濃いコメントを有難うございました!
      東海地区も結構な激戦区ですよね。強豪校同士のガチ勝負を観たいか、
      県の出場校同士の対決を観たいかにも依りますが、後者は選手権が
      ありますしね。

      >今年は優勝校 静岡高校、準優勝校 東邦に次ぐ3枠目は
      >「優勝校に3点差の中京院中京」と「優勝校に1点差の準優勝校に1点差の三重高校」の争い。
      >三重高校の勝ちとなります。
      >補欠1位校は中京院中京、補欠2位校は「優勝校に1点差のベスト8 いなべ総合」ということになります。
      まさに管理人も同じ見かたです。