Sponsored Link

島田直哉(龍谷大平安)出身中学やスカウト評価やドラフト先、家族や彼女についても!

みなさんこんにちは、たかパパです。
いよいよ暑い夏が到来しました。

各地で地方予選が始まり既に熱戦を繰り広げていますが、
そんな中で甲子園勝利数100勝にリーチをかけているチーム
龍谷大平安(京都)のエース島田直哉君を紹介したいと思います。

島田君は既にドラフト上位候補と言われている逸材です。
それでは詳しく書いていきたいと思います。

島田直哉君 経歴・プロフィールは?

名前      島田直哉(しまだ・なおや)
出身                京都府京都市
生年月日    2000年7月3日
身長・体重   185cm・77kg
投打      右投右打
目標とする選手 大谷翔平

島田君は、金閣小学校1年生の時に金閣リトルタイガースで軟式野球を始め、衣笠中時代でも軟式野球部に所属しました。そして、中学3年生から京都シニアで硬式野球を始めました。

その後、名門龍谷大平安高校に入学し、現在に至ります。

成績は?

1年生秋からベンチ入りし、控え投手として近畿大会に出場、強豪大阪桐蔭戦を相手に2/3回0封の結果を残しました。

2年生の春の近畿大会1回戦彦根東高戦では2年生ながら最速142キロを計測。2回無安打、6奪三振の見事な投球を披露しました。

続く夏の府予選の決勝では5安打完封と快投しますが、決勝の成章戦では1回5失点と乱れてしまい惜しくも甲子園行きの切符を手に入れることは出来ませんでした。
秋の新チームからはもちろんエースとなり、3連続完封をするなど快投を続けますが翔英にサヨナラ負けを喫し8強で敗退となりました。

これからの予選での活躍を期待したいですね。

プレースタイルは?スカウト評価やドラフト先は?

島田君の特徴は、185cmの上背から投げるMAX148kmのストレートと鋭く曲がるスライダー、カーブが持ち味です。

全身を大きく使って投げられるフォームは迫力十分で、打者にボール球でも振らせる勢いがあります。その左足を大きくあげる大胆なフォームには迫力は感じますが、時々出てしまう制球難などの課題はまだまだあるかもしれません。(昨年の夏の決勝で敗れた際も1回4四死球と乱れてしまいました。)ただ、その点を克服すれば著しく成長し、近畿はもちろん日本を代表する投手になりそうです。

気になるドラフト先やスカウト評価ですが、まだネットには具体的な評価コメントはありませんでした。きっと予選が始まれば、スカウトの視察がきていると思いますので、すぐに記事になることでしょう。

結婚、彼女は?

ご家族の情報はネットには出回ってないようです。また気になる彼女の存在ですが、そちらもネットには出回ってないですね。しっかり野球に集中しているということでしょうか。

これからどんどん成績を残して甲子園に出場、そしてプロに入るとあっと言う間に彼女もできそうですね。

関連記事はこちら!

高校野球2018年夏の甲子園 県大会優勝校予想まとめ!出場校確定はいつ?

2018夏の甲子園出場校一覧!日程や優勝候補予想や注目選手も!【随時更新】

2018年高校野球・野手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

2018年高校野球・投手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

その他高校球児に関する記事はこちら!

まとめ

島田選手はまだ粗削りの部分があります。
しかしそんな選手こそ、弱点を克服すれば大成するものです。
恵まれた体格があるので、まずは下半身を強化して制球力を増せば、
必ずしや甲子園に行けることでしょう。
そしてドラフトでも上位指名が待っているとおもわれます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link

この記事が気になったらシェアお願いします。更新の励みになります。

ツイッターフォローお願いします