Sponsored Link

【四国地区】高校野球2018年夏の甲子園地方予選優勝予想一覧!甲子園出場校は?

みなさんこんにちは、たかパパです。

いよいよ全国高等学校野球選手権地方大会が始まりました。

今年は記念大会となる第100回大会。

その100回大会を記念して、従来の北海道と東京のほか、
愛知、神奈川、大阪、千葉、兵庫、埼玉、福岡を2地区に
分け、合計56代表校で実施されます。

今年のキャッチフレーズは「本気の夏、100回目。」

当記事では、四国地区について触れていきたいと思います。

この地区では、昨秋の明治神宮野球大会で優勝し、
その後春の選抜にも出場した明徳義塾の調子がよさそうですね。

まずは香川県大会からです!

Sponsored Link

2018年夏の甲子園 香川県大会日程・出場校予想

県大会日程:7月9日〜7月22日
※決勝は7月22日の予定です。

昨年夏の出場校:三本松

今年春の選抜出場校:英明

今年春の地方大会決勝
大手前高松 11 – 8 英明

春の四国大会で優勝した大手前高松、
選抜出場の英明が軸となりそうですが、
高松商や寒川、丸亀城西なども力を
つけており楽しみです。

大手前高松は、四国大会準決勝で昨秋の
明治神宮大会の覇者明徳義塾(高知)を
破って勢いに乗っています。
山本君、大西君には長打力があり、エースの
中村君を中心に継投で試合をつくるのが特徴です。

英明は、甲子園でも力投を見せた2年生
エース黒河君がチームの柱です。
打線は千原君、田中君ら中軸が引っ張ります。
また6月17日に行われた大阪桐蔭(大阪)を
招いての招待試合では、引き分けるなど
自信をつけており、充実した精神力面で大会に
挑めるのも強みです。

投手層の厚さが魅力の寒川や、米麦君、藤川君ら
強力打線が特長の高松商も春の県大会で4強入りを
しており、また、丸亀城西は昨夏の香川大会決勝を
経験した大前、大西徳ら本格派投手がそろっており
楽しみです。

本命:大手前高松
対抗:英明

2018年夏の甲子園 徳島県大会日程・出場校予想

県大会日程:7月7日〜7月26日
※決勝は、7月26日の予定です。

昨年夏の出場校:鳴門渦潮

今年春の選抜出場校:出場はありません。

今年春の地方大会決勝
鳴門 5 – 4 小松島

鳴門が昨秋と今春の県大会を制し、一歩
抜けている存在です。2年生が半数以上を
占める若いチームですが、実戦形式の練習を
多く取り入れて実践に強いチームとなりました。

徳島大会連覇を目指す鳴門渦潮は秋と春の
県大会で4強入り。右腕鈴江と左腕服部を中心に
投手層が厚く、あとは打線が鍵となりそうです。

小松島は秋の県大会で初戦敗退しましたが、
チームを再建し可能性の感じさせるチームに
変貌しました。城東も3月の練習試合で
県外の選抜出場校を破り、春の県大会準決勝で
鳴門と接戦を繰り広げるなど勢いがあります。

他には選手層の厚い生光学園や徳島商
(徳島商出身の元中日の川上憲伸さんが開幕戦で始球式をつとめます。)
も上位を狙う力があると思います。

本命:鳴門
対抗:鳴門渦潮

Sponsored Link

2018年夏の甲子園 愛媛県大会日程・出場校予想

県大会日程:7月10日〜7月25日
※決勝は、7月25日の予定です。

昨年夏の出場校:済美

今年春の選抜出場校:松山聖陵

今年春の地方大会決勝
聖カタリナ 9 – 2 松山聖陵

昨夏の甲子園で2勝した済美、春の選抜大会に
出場した松山聖陵、創部3年目で春の四国大会
準優勝の聖カタリナの私学3校が軸になりそうです。

済美は、打力で特徴だった昨夏のチームとは
違って投攻守でバランスがとれ、エース山口直君は
球威、制球力とも抜群です。

松山聖陵は甲子園で147キロをマークした土居君を
中心に粘り強さがあります。

若いチームの聖カタリナは冬場の振り込みで
打力がアップ。4番大森君、5番伊藤君が
チームを引っ張ります。

他には、西条、宇和島東などが注目です。

本命:済美
対抗:松山聖陵、聖カタリナ

2018年夏の甲子園 高知県県大会日程・出場校予想

県大会日程:7月14日〜7月26日
※決勝は、7月26日の予定です。

昨年夏の出場校:明徳義塾

今年春の選抜出場校:明徳義塾、高知

今年春の地方大会決勝
明徳義塾 8 – 7 高知商

昨秋の明治神宮大会の覇者で、今春の選抜大会に
出場した明徳義塾が最有力です。
同じく選抜に出た高知、春の県大会優勝の高知商、
準優勝の土佐が追いかける展開になりそうです。

明徳義塾の市川君は最速146キロの直球と
スライダーが武器です。
そのスライダーの特徴は、「ブレーキがかかって浮き上がる。」と
言われる特異なボール。市川君は先日決まった
高校日本代表の一次候補に選抜され、注目が集まっています。
(四国地区で唯一)

選抜初戦で大敗した高知は「打倒明徳義塾」を意識し
力をつけてきています。

高知商は県大会5試合で計61得点をたたき出した打線が持ち味。

土佐の横田は2年生ながら制球が良くフォークに自信がある。

他には宿毛、中村なども力がありそうです。

本命:明徳義塾
対抗:高知

Sponsored Link

関連記事はこちら!

高校野球2018年夏の甲子園 県大会優勝校予想まとめ!出場校確定はいつ?

2018夏の甲子園出場校一覧!日程や優勝候補予想や注目選手も!【随時更新】

2018年高校野球・野手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

2018年高校野球・投手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

その他高校球児に関する記事はこちら!

最後に

いかがでしたでしょうか?

四国勢は強い印象はありますが、2002年の明徳義塾(高知)以来優勝校が出ていません。

今年あたり久々に深紅の優勝旗が瀬戸内海を越える予感もしますね。

それではあと1か月、期待して結果を待ちましょう。

最後まで読んで頂き有難うございました!