Sponsored Link

2018ドラフト会議!福岡ソフトバンクホークス今年の指名選手を大予想!

みなさんこんにちは、たかパパです。

日々繰り広げられた16日間に及ぶ大熱戦も
幕を閉じ、甲子園ロスが半端ないです(笑)
早く秋の国体始まらないかなー。

これから野球ファンはペナントの行方、
クライマックスシリーズ、日本シリーズと
注視していくわけです。

そして今から気になるのが秋に開催される
ドラフト会議。

前述の高校球児たち、そして大学社会人の
俊才たち。彼らのどれだけがプロの扉を
開き、プロとしての道を歩んでいくのか
本当に興味は尽きませんね。

近年のドラフトは独自路線の素材重視な
印象があるソフトバンクですが、あの
充実した3軍のお蔭でやたらと育成から
逸材を輩出している印象。

ただ、今期は投手陣が今一つピリッとせず
野手陣も徐々に高齢化が進んでいますので
その辺りも視野に入れてのドラフトになる
かと思われます。

そんな福岡ソフトバンクホークスの2018年の
ドラフト会議の指名選手予想、そして昨年の
ドラフト入団選手の現在もあわせてチェック
していきたいと思います。

2018プロ野球ドラフト会議!セパ12球団の指名選手予想まとめ!
みなさんこんにちは、たかパパです。 熱かった夏の甲子園も終わり、プロ野球も シーズン終盤に向けて盛り上がりを見せて いますね! ...

Sponsored Link

2018年ドラフト1位指名候補は誰?

客観的に筆者が見てドラフト1位候補12人は
このあたりかなぁと。

根尾昂(大阪桐蔭・内野手/投手)
藤原恭大(大阪桐蔭・外野手)
小園海斗(報徳学園・内野手)
吉田輝星(金足農業・投手)
上茶谷大河(東洋大・投手)
梅津晃大(東洋大・投手)
甲斐野央(東洋大・投手)
辰己涼介(立命館大・外野手)
松本航(日体大・投手)
東妻勇輔(日体大・投手)
鈴木翔天(富士大・投手)
齋藤友貴哉(ホンダ・投手)

金足農の吉田君は八戸学院大学進学が
濃厚とされていますが、U-18アジア選手権
(9/3開幕)の代表に選出されました。

実はここでのチームメイトに影響を受けて、
プロ野球に進路を変更した選手も少なく
ありませんので、期待をこめて吉田君も
候補に入れています。

また、パナソニックの吉川選手の動向が気に
なりますが、メジャー移籍の可能性が高く
なりましたね。
日本野球連盟(JABA)の登録規定違反との
声もありますが、今回の候補12人からは
外させてもらいました。

大阪桐蔭の根尾君・藤原君と報徳小園君、
金足農業の吉田君、東洋大学の三羽烏は
競合しそうですね。

福岡ソフトバンクホークス 2017年の指名選手は?

2017年のソフトバンクのドラフトは1位指名に
鶴岡東の吉住投手を指名して話題を呼びました。
育成を含め高校生を6人、大学生5人、独立から1人と、
長期的な展望で選手を獲得した感じですね。

育成からエースになった千賀投手や正捕手を掴んだ
甲斐選手など、ソフトバンクの育成には定評が
ありますので、数年後が楽しみですね。

※成績は9月2日現在のものです。

2017ドラフト1位 吉住晴斗(鶴岡東高)

最速151キロ投げっぷり良く打者を圧倒する投球が持ち味の素材型右腕。185センチの長身ながら優れた身体能力を持ち高いポテンシャルが魅力。スピンが利いたストレートは角度があり投手としての資質が非常に高い選手。

1軍・2軍出場機会無し

やはり高卒ルーキーは3軍でしっかりと体作りからという
チームの方針なのでしょうね。
将来のエース候補として研鑚を積んでいるところでしょうか。

2017ドラフト2位 高橋礼(専修大)

最速141キロのストレートが魅力の大型サブマリン。まだ伸びしろも大きく将来性豊かな投手。

(1軍)6試合0勝1敗、防御率3.06、奪三振9
(2軍)26試合5勝0敗2セーブ、防御率0.86、奪三振47

変則派のサブマリン。既に2軍では立派な成績を収めています。
一軍でも中継ぎとしての活躍が期待されますね。

2017ドラフト3位 増田珠(横浜高)

広角に打ち分けるシュアな打撃が特徴の選手。タフな精神力も持ち合わせており、リーダーシップもとれるタイプ。

1軍・2軍出場機会無し

甲子園を沸かせたスラッガーも3軍で研鑚中。
プロで1年戦えるカラダを作り上げることがまずは
当面の目的なんでしょうね。

2017ドラフト4位 椎野新(国士舘大)

195センチの長身から投げ下ろす最速147キロのストレートが魅力の右腕。将来の先発候補として期待。

(1軍)1試合0勝0敗、防御率9.00
(2軍)9試合1勝2敗、防御率3.78、奪三振22

195cmの長身左腕。すでに2軍ではまずまずの成績を挙げています。

2017ドラフト5位 田浦文丸(秀岳館高)

最速148キロの本格派左腕。U-18世界選手権ベストナインを獲得し、全日本のエースとして活躍。ホークスの将来の先発候補として期待。

(2軍)1試合0勝0敗、防御率0.00、奪三振2

昨年の今頃U-18のWBSCを沸かせた左腕もまずは体作り
からでしょうか。

2017育成ドラフト1位 尾形崇斗(学法石川高)

181センチ、88キロの恵まれた体格から重いストレートを投げ込む剛腕。2年秋からトレーニング方法を一新し、直球の最速を10キロ以上更新した努力家。

(2軍)4試合1勝0敗、防御率0.00、奪三振4

2017育成ドラフト2位 周東佑京(東京農業大学北海道オホーツク)

50メートル5秒7の俊足でダイヤモンドを駆け回る内野手。非凡なバッティングセンスと堅実な守備も併せ持つ。4年春にはリーグのMVPを獲得した。

(2軍)82試合 打率.236、13打点、19盗塁

俊足好打の内野手。2軍ではすでにまずまずの成績を
納めていますので、上で観れるものもうすぐでしょうか。

2017育成ドラフト3位 砂川リチャード(沖縄尚学高)

185センチ、104キロの体格を誇る長距離砲。相手投手を威圧する風格のある構えから、高校通算25本塁打を放った。

1軍・2軍出場機会無し

2017育成ドラフト4位 大竹耕太郎(早稲田大)

多彩な変化球と投球術を駆使して打者を手玉に取る技巧派左腕。2年春のリーグ戦では4勝1敗、防御率0.89の活躍で優勝に貢献し、ベストナインを獲得した。

(1軍)4試合1勝0敗、防御率3.04、奪三振16
(2軍)22試合8勝0敗1セーブ、防御率1.87、奪三振34

技巧派の左腕は中継ぎとしての活躍が期待されます。
すでに1軍でも少しづつ頭角を現し始めていますね。

2017育成ドラフト5位 日暮矢麻人(立花学園高)

投手経験もある身体能力が高い左利きの外野手。3年夏には神奈川大会で本塁打をマーク。強豪ひしめく激戦区でチームの8強入りに貢献した。

1軍・2軍出場機会無し

2017育成ドラフト6位 渡邉雄大(新潟アルビレックスBC)

長い手足を生かした変則的なフォームが特徴の横手左腕。独特の球筋と切れ味鋭いスライダーを武器に、2017年は防御率1.29でタイトルを獲得した。

(2軍)9試合1勝0敗1セーブ、防御率1.93、奪三振14

Sponsored Link

2018年ドラフト会議指名選手予想!

さて、チーム状況も鑑みて今年のドラフトで
ソフトバンクが指名するであろう選手を予想して
みました。

※予想なので外れる前提でご覧ください(笑)

【チーム状況】
昨季鉄壁だった投手陣が今期は不調で今一つ。
ローテは千賀、バンデンハーク、石川、中田、
武田、東浜と豪華な顔ぶれながら今季は全般的に
調子が上がりませんね。
中継ぎ陣含めて若手が出て来ていないのが
心配なところです。

野手陣は柳田選手を中心にデスパイネ、松田、
上林など破壊力は抜群ですが、ベテランの
内川選手は少し衰えが見え隠れしてきた感が
否めません。

補強ポイントは即戦力投手と内野でしょうか。
今年は高卒ショートの大当り年ですので、
今宮選手の後継者として獲得するのも大いに
アリだと思います。

根尾昂(大阪桐蔭)


出展元:http://number.bunshun.jp/articles/-/830446

投げては最速148キロ、切れ味抜群の
素晴らしいスライダーを持つ大阪桐蔭の
3本柱。
打っては高校通算29本塁打で身体能力は
抜群!
夏の甲子園の活躍で高校生No1選手としての
評価を確かなものにしました。

現段階でショートとしての完成度はとしては
報徳学園の小園君が1枚上回りますが、
抜群の身体能力と野球脳の高さが光ります。

「悩ましい存在。投手としても絶対にいいけど、それ以上に野手としての能力が高いから。(2回戦以降で投手としても活躍すれば)評価がさらに変わる。ただ野手としては既にトップクラス」(ソフトバンク・永井スカウト室長)

根尾昂(大阪桐蔭)最速148キロで4番のドラフト候補!スカウト評価や家族についても
こんにちはたかパパです。 今年のセンバツ高校野球は好チームが数多くあるが、個人的意見では 大阪桐蔭が行くのではないかと推測してい...

小園海斗(報徳学園)

小園君は報徳学園の1年からレギュラーの
遊撃手として活躍し、この夏の甲子園でも
大きな見せ場がありましたね。

高校No1ショートとして高く評価されて
いますが、この夏は打撃面での成長も見せ
初戦の聖光学院戦では大会タイ記録となる
3本の2塁打を記録しました。

二塁打の到達タイムですが、プロでは4.2秒で
俊足レベルですが、第1打席で3秒98と
プロでもトップレベルの数値を記録しています。

また守備面でも華麗に披露するなど後半は
打撃面は失速はしましたがいいアピールを
出来たのではないでしょうか。

現在ソフトバンクは不動のショートとして
今宮選手が居ますが、彼の後継者としても
期待が出来ます。

「2軍の試合に今すぐ入れても大丈夫。(根尾と比較して)ショートが欲しい球団は2人で迷うはず」(ソフトバンク・永井スカウト室長)

小園海斗(報徳学園)高校No1ショートのスカウト評価やドラフト先、家族や彼女についても!
どうもこんにちは、たかパパです。 今回はU18侍ジャパンにも選出された 報徳学園の二年生の小園海斗選手について お話をした...

甲斐野央(東洋大)

東洋大学150キロトリオのひとりです。
長身から最速159キロのストレートと
フォークが武器です。
3年秋に最優秀投手、ベストナインを
受賞しています。

先日行われたU-18高校生代表との壮行試合でも
158キロを叩き出し、142キロのフォークで
根尾君を見事に打ち取っていました。

ドラフトでは目玉の一人として複数指名確実に
なりそうですね。

「梅津(東洋大)は球がうなっている。発展途上ではあるが甲斐野とともに上位候補」(ソフトバンク・宮田スカウト)
出展元:http://pospelove.com/blognplus2100/index.php?e=1238

甲斐野央(東洋大)2018ドラフト候補のスカウト評価や球速球種 家族や彼女についても
どうもこんにちはたかパパです。 今回は東洋大学の甲斐野央投手について お話したいと思います! 大学では中継ぎをメインに登板して...

松本航(日本体育大)

本人も自負しているのが伸びのあるストレート。
そのストレートを軸に多彩な変化球で打者を
手玉に取っていくタイプで、力で押しつつも
技巧派的な感じの印象を受けます。

非常に躍動感のあるピッチングフォームからの
速球と変化球のキレは大変鋭いものがあります。

試合をつくることができる能力は先発向きでしょうか。
即戦力で活躍できそうですね。

「いろんな球を意図を持って投げている。変化球も多いし投球の幅が広い。手元で伸びる真っすぐに打者が差し込まれている」(ソフトバンク・作山アマスカウトチーム補佐)

「(松本と東妻)それぞれに魅力があり、年間を通じてしっかり評価をしていきたい投手」(ソフトバンク・福山アマスカウトチーフ)
出展元:http://pospelove.com/blognplus2100/index.php?e=1248

林滉太(智弁和歌山高)

今年の智弁和歌山躍進の中心選手が林君。

先日勇退した名将高嶋監督をして「智弁和歌山歴代3位に間違いなく入る」と
激賞された長打力が魅力です。

春の選抜でも逆方向に叩き込んだホームランが印象に残っています。

スイングスピードは高校生離れしていて、個人的な感想としては
プロ入りして大きく大成するか目が出ないかの両極端な感じに
なりそうなイメージがあります。

育成の上手いソフトバンクで大砲として大きくなってほしい選手です。

「高校生であれだけスイングのヘッドスピードが出る。根尾君や藤原君より速いんじゃないか」(ソフトバンク・永井スカウト室長)

「(スイングの力強さが)目についた」(ソフトバンク・永井スカウト室長)
出展元:http://pospelove.com/blognplus2100/index.php?e=1307

林晃汰(智弁和歌山)2018年ドラフト候補のスカウト評価、家族や彼女についても
どうもこんにちは、たかパパです。 今回は智弁和歌山高校のスーパー2年生 林晃汰選手についての考察です。 林選手は左のスラッガー...

蛭間拓哉(浦和学院高)

今年夏の甲子園で筆者が気になったのが浦和学院の
キャプテン蛭間君。走攻守の三拍子そろった選手で
肩の強さも魅力的です。
柳田選手のようなオールラウンドプレイヤーとして
大きく成長して欲しいですね。

「走塁センスがいい。(走攻守)三拍子そろっている」
(ソフトバンク・宮田スカウト)
出展元:http://pospelove.com/blognplus2100/index.php?e=1346

蛭間拓哉(浦和学院)2018年ドラフト候補のスカウト評価や通算本塁打は?家族や彼女についても!
みなさんこんにちは、たかパパです。 今回は、浦和学院の蛭間拓哉君について ご紹介したいと思います。 浦和学院と言えば、甲子園出...

関連記事はこちら

2018福岡ソフトバンクホークスのイケメンランキング!トップ10は誰だ?

ソフトバンクホークス歴代助っ人外国人ランキングトップ5!やっぱり1位はあの選手?!

その他ソフトバンクの選手の関連記事はこちら

2018ドラフト会議 高校生注目選手のプロ志望&大学社会人進路表明一覧

2018年高校野球・野手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

2018年高校野球・投手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

まとめ

いかがでしたでしょうか?

絶対的な強さを見せた昨季と比較して投手陣が
今一つピリッとしないために不本意な順位に
甘んじていましたが、ここにきてしっかりと順位を
挙げてきているのは流石です。

ただレギュラー陣の高齢化が進んでいるので若く
勢いのある選手の台頭が待たれるところです。

昨季は上林選手がブレイクし、育成出身の甲斐や
千賀も躍動しました。

果たしてネクスト千賀&甲斐の登場やいかに?

最後までご覧いただき有難うございました!!