Sponsored Link

田中幹也(東海大菅生)高校屈指の守備職人の出身中学やスカウト評価は?家族や彼女についても

みなさんこんにちは、たかパパです。

今回は「上手すぎるショート」として
話題の東海大菅生の田中幹也内野手に
ついてお話しますね。

昨夏の西東京大会では「1番・ショート」で
大活躍をし、さらに同夏の甲子園でも
チームのベスト4入りに貢献した田中選手。

田中選手と言えば「打」もすごいですが、
何といっても「守」と「足」がプロ並みと
呼び声が高いです。

そんな田中選手のプロフィールや気になる
スカウト評価、家族や彼女についても
お話ししたいと思います。

Sponsored Link

田中幹也選手の経歴プロフィール

名前:田中 幹也(たなか みきや)
出身地:神奈川県
生年月日:2000年11月28日
投打:右投げ右打ち
身長:166センチ
体重:61キロ
球歴:中学時代 相模原リトルシニア
高校時代 東海大菅生高校

田中幹也選手は小学2年から中津リバース
というチームで野球を始めました。

愛川東中学校時代は相模原リトルシニアで
ショートしてプレーしています。

その後東海大菅生高校に進学。
田中選手は1年夏からベンチ入りを果たし、
その後ショートしてレギュラーを獲得します。

特筆すべき活躍は、2年生夏の西東京大会で、
全6試合を1番・ショートでスタメン出場。

打率.500(20打数10安打)、5盗塁の
大活躍を見せ、リードオフマンとしての
責任を果たしました。

チームは西東京予選で強豪日大三高と
早実を撃破しました。

さらに同夏の甲子園大会では、全4試合に
スタメン出場し、またも打率.500(16打数8安打)と
活躍し、チームのベスト4入りに大きく貢献
しています。

昨秋の秋季東京地区大会では敗れたため
この春のセンバツには出場出来ませんでしたが
夏に向けて捲土重来といったところでしょうか。

秋からの新チームでは主将を任され、
昨年に続く夏の選手権大会の出場を
目指します。

Sponsored Link

高校屈指の守備職人の守備が凄い!プレースタイルも

田中選手の何が凄いかって?

皆が口をそろえて「守備」と答えるでしょう。

ポジショニングや球際の強さ、グラブさばき・・・
どれを取ってもプロ並みではないでしょうか!?

田中選手も守備への意識はかなり高く、
自身も守備でこだわっている部分は

「守備範囲とポジショニング」

と挙げるほどです。

目標している選手は広島の菊池選手。
もしプロ入りしたら菊池や今宮級になるんじゃ
ないかと考えると今からでもワクワクしますね。

東海大管生高校の若林監督は、彼のことを
神出鬼没な守備をするところから「サル」と
呼んでいるらしいです。


もしかしたらサルより速いかも・・笑

ちなみに50メートル走は5.8秒だそうです。

盗塁技術をさらに磨けば走攻守三拍子
揃った選手になりますね。

気になる田中幹也選手のスカウト評価は?

田中選手のスカウト評価は調べましたが、

まだ正確な情報は出てこなかったです。

しかし守備面、特にグラブ捌き、守備範囲は
プロ級でしょう。
スローイングも安定していると思います。

打撃は巧打型ですが、プロでは最初は苦戦
すると思いますが、しっかりパワーをつけて
実戦経験を積めばと化けるといったところ
でしょうか。

センバツは出場できなかったので、夏の甲子園を
大いに沸かしてくれることを期待しています!

田中幹也選手の家族、彼女についても

田中選手の家族は両親とお姉さんがいるそうです。

もちろん一般人なので画像はございません。

彼女はいるのか調べてみましたが全く情報が出てきませんでした(笑)

それでもなんていうか可愛い系のイケメンなのでモテてると思いますが。

まあ本人は「彼女より夏の甲子園!!」でしょうね。

関連記事はこちら!

2018年高校野球・投手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

2018年高校野球・野手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

その他高校野球に関する記事はこちら

まとめ

今回は東海大菅生高校の田中選手に
ついてのお話でした。

田中選手の守備は見てて楽しいですよね!

ほんとお金を払ってでも見る価値のある
選手だと思います。

センバツで見ることができなかったのは
残念だったので夏の甲子園で暴れてくれる
ことを期待しています。

では、今回は以上で終わりたいと思います。

最後まで読んで頂き有難うございました。

Sponsored Link

この記事が気になったらシェアお願いします。更新の励みになります。

ツイッターフォローお願いします