Sponsored Link

来田涼斗(明石商)イケメンの出身中学や高校通算本塁打やプロスカウト評価は?家族や彼女についても!

どうもこんにちは。たかパパです!

今回は来田涼斗選手(明石商)についてお話します。

来田選手は明石商の不動のトップバッター。まだ2年生ですがチームの中心選手として、2019年春のセンバツ4強入りに大きく貢献しました。

特に準々決勝の智弁和歌山戦での先頭打者&サヨナラ本塁打は凄かったですね。早くも来年のドラフトの目玉なんて声も上がってきています。

そんな来田選手のこれまでの成績やプロのスカウトの評価、家族や彼女についてもお話ししたいと思います。


出展元:https://www.sankei.com/

Sponsored Link

来田涼斗(きた・りょうと)選手のプロフィール

生年月日  2002年10月16日(16歳)
出身地   兵庫県神戸市
所属    兵庫県明石市立明石商業高校2年
身長・体重 180cm/82kg
投打    右投/左打
ポジション 外野手(センター)

来田選手は神戸市立有瀬小学校1年の時、軟式の伊川谷キングスターズに入って野球を始めました。6年からは明舞ネオボーイズに所属し、オリックスJr.にも選ばれています。オリックスJr.では全国大会で4番を打ちました。市立長坂中学校では硬式チームの名門神戸ドラゴンズで活躍し、中学2年で全国優勝しています。

高校進学に際しては、大阪桐蔭をはじめ県内外の50校近くから声がかかったそうです。中学時代から凄い選手と注目を集めていたんですね。その中から来田選手が選んだのは、3歳上の兄が在籍した公立の明石商でした。兄があと一歩で甲子園に行けなかった姿をスタンドで見て、兄の悔しい思いを受け継いで明石商で甲子園を目指すことを決めたそうです。また、名将と名高い狭間善徳監督の指導を受けたかったことも大きな理由だったとか。

明石商は市立高校ですが、市の手厚いバックアップもあって設備も充実しており、近年グングン力をつけています。部員も100人以上の大所帯です。部内の競争の厳しさには定評がある中、来田選手は評判通り入学早々にレギュラーの座を獲得しています。

2019年夏の西兵庫大会では全6試合で1番レフトで先発出場しました。打率.350で夏の甲子園初出場の貢献し、スーパー1年生と評判になりました。甲子園では初戦の八戸学院光星戦で2安打1盗塁をマークしましたが、決勝点につながる痛恨のエラー…何ともほろ苦い甲子園デビューとなりました。

その悔しさを胸に刻み、厳しい練習に励んだ来田選手は、1番センターで臨んだ翌春のセンバツで大活躍。4強入りの立役者になりました。特に準々決勝の智弁和歌山戦での活躍は圧巻の一言。何と春夏通じて史上初の先頭&サヨナラホームランを放ったのです。

大会後には日本高校代表合宿に召集されましたが、右手人差し指を骨折していたこともあって辞退しました。骨折は大会前だったようですが、それでもあの活躍。凄い!一言です。

Sponsored Link

来田選手のこれまでの成績やプロスカウトの評価は?

来田選手の持ち味は思い切りの良さ。高校生離れしたスイングスピードから左右に鋭い打球を放ちます。冬のトレーニングで体幹が鍛えられてパワーアップ、打球が伸びるようになったそうです。50m5.9秒の俊足でもあり、トップバッターにピッタリの選手と言えるでしょう。ちなみに小中学校時代に盗塁を失敗したことがないそうです。

挟間監督も来田選手には大きな信頼を寄せています。打つ方が走者を進める確率が高いからと、バントのサインを出したことがないとのこと。

高校通算本塁打はセンバツ終了時で16本。公式戦は3本で、ちなみに全てが智弁和歌山戦です。まだ2年生だけに、これからどんどん増えていくと思います。

センバツの明石商の試合を見ましたが、細かい動き一つからも来田選手のバツグンの野球センスが伝わってきました。智弁和歌山戦のサヨナラホームランは、打席に立った時から何かやりそうなオーラを感じたほどです。

プロのスカウトの評価もセンバツで急上昇しています。攻走守の三拍子を高いレベルで兼ね備えた選手として高く評価されています。高校生ナンバーワン外野手として、来年のドラフト会議に向けて徹底マークを始めた球団も多いようです。

イケメン来田選手の家族は?彼女はいる?

来田選手は両親と兄、弟の5人家族。センバツではスタンドで応援する兄と弟の姿がテレビにも映っていましたね。家族揃って来田選手を応援する気持ちが伝わってきました。

センバツではプレーに加え、そのイケメンぶりにも注目が集まりました。整った顔つきと爽やかな笑顔で人気急上昇中です。そこで気になる彼女の存在ですが、いろいろ調べましたが確認はできませんでした。SNSもやっていないようで、今は野球一筋かもしれませんね。

来田選手の目標はもちろんプロ野球選手。しかも、ドラフト1位でのプロ野球入りを狙っているとか。憧れは柳田悠岐選手(ソフトバンク)。柳田選手のようにトリプルスリーが達成できる選手を目指しています。

Sponsored Link

まとめ

今回は来田選手についてお話しました。

まだ2年生の来田選手にはあと3回甲子園に出場できるチャンスがあります。明石商には同じ2年生にこれまたプロ注目のエース中森俊介投手がいるので、激戦区の兵庫県でもその可能性は大いにあると思います。

高校野球ファンとしては、あのプレーと笑顔を何度でも見てみたいですよね。まだまだ伸びしろがいっぱいの来田選手にこれからも大注目です!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

Sponsored Link

この記事が気になったらシェアお願いします。更新の励みになります。

ツイッターフォローお願いします