Sponsored Link

西川晋太郎(智弁和歌山)2019ドラフト候補のスーパー1年生の経歴や家族や彼女も気になる!

みなさんこんばんは、たかパパです。

今回紹介するのは智辯和歌山高校の
西川晋太郎君です。

西川君といえば同じくスーパー1年生として
黒川君とともに注目を集める逸材。

名門智辯和歌山高校で夏の地方予選から
全試合先発出場した注目株です。

そんな西川君の経歴や評価、そして家族や
彼女についてまとめてみました。

智弁和歌山野球部2018メンバー、監督や注目選手は?
どうもこんにちは、たかパパです。 今回は智弁和歌山野球部について お話しようと思います。 甲子園の常連である強豪校で、今年 ...

Sponsored Link

西川晋太郎(にしかわ・しんたろう)君の出身中学と経歴について


出展元:https://mainichi.jp/koshien/articles/20180228/ddl/k30/050/418000c

西川君は2001年に和歌山県有田市に誕生。

保田小学校1年から野球を始め、保田中学校に
進学後は紀州由良シニアに所属。

中学2年春の全国選抜大会では2番ショート
として堅実な守備とシュアな打撃で4位入賞に
大きく貢献しました。

2年の秋からは投手としても活躍し、
和歌山予選ではノーヒットノーランを記録。
2年連続の全国大会出場に貢献しています。

また、この活躍が認められ関西連盟の
海外遠征メンバーに選出されています。

高校は地元の名門智辯和歌山高校に進学。
進学後は高い守備力を評価され1年から
ベンチ入りを果たすと、夏の地方予選
全5試合に出場し3割以上の打率をマーク。

甲子園でも2試合ともに先発で出場し、
6打数3安打とシュアなバッティングを
全国の舞台でも見せました。

秋の近畿地区大会で2番ショートとして
全4試合で安打を放つなど打撃面で
チームの勝利に貢献。

自身2季連続となる甲子園出場となる
春の選抜でもその高い守備力とともに
成長を見せる堅実な打撃で24年ぶりと
なる春選抜制覇を目指します。

Sponsored Link

気になるスカウトの評価は?

名門智辯和歌山高校で1年生からショートの
レギュラーをつかんでいるだけに将来性
豊かなことは間違いありません。

また、中学時代から全国の舞台を経験し、
世界も経験していることから注目の逸材と
いえるでしょう。

もっとも、現在のところスカウトの評価は
見当たりませんでした。

まだ1年生だけに順調に成長を遂げれば、
自然とスカウトの評価も聞けるように
なるでしょうね。

プレースタイルについて

なんといっても持ち味は守備力です。

球際に強く、外野に抜けそうな打球も
軽快なフットワークでグラブに収め、
投手を助けています。

入学後は課題であった打撃力も向上。

通常練習後の居残り練習で400回素振り
するなど打撃に磨きをかけたこともあり、
打率が向上。

毎試合のように打撃のチャンスメイクでも
チームに貢献できるようになりました。

166センチ64キロと小柄ながらも、
その身体的特徴を活かした細かなプレーで
チームに欠かせない存在となっています。

目標の選手はソフトバンクの今宮選手。

球界一のショートストップのようなプレーを
甲子園で見せてくれるのか楽しみです。

家族や彼女についても

西川君は中学時代から智辯和歌山高校への
進学を熱望していましたが、同じくらい
熱望していたのが祖父の哲哉さんでした。

しかし哲哉さんは智辯和歌山入学前に他界
したため、残念ながら智辯和歌山での
プレーを見ることはありませんでした。

もっとも、孫の活躍を天国から誰よりも
喜んでいるに違いありません。

そのほかの家族の情報は残念ながら見当たり
ませんでした。

今後、甲子園で活躍することで家族に
ついてもわかってくることでしょう。

またわかり次第追記したいと思います。

気になる彼女ですが、こちらも不明。
中学時代から活躍していた西川君だけに
モテているに違いありません。

彼女がいても不思議ではありませんが、
SNSなどを見てもわかりませんでした。

高嶋監督の元、私生活でも厳しく指導
されていることからもそのような浮いた
情報は出てこないのかもしれませんね。

Sponsored Link

関連記事はこちら!

2018春の選抜(センバツ)甲子園出場校予想一覧!優勝候補予想や注目選手は?【随時更新】

2018年高校野球・投手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

2018年高校野球・野手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

2018春の選抜甲子園のイケメン選手まとめ【高校野球】

その他高校野球に関する記事はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。

夏の甲子園初戦では唯一1年生で先発
出場を果たすなどその期待の高さは一目瞭然。

春の選抜では、この1年生の出来がチームの
勝敗を分けるキーマンになりそうです。

持ち前の守備でチームにいいリズムを与え、
シュアなバッティングでチームの勝利に
貢献してほしいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。