Sponsored Link

奥川恭伸(星稜)出身中学や2019年ドラフト候補のスカウト評価、球速や球種についても

どうもこんにちは、たかパパです!

今回は春の選抜出場がほぼ当確となった
星稜高校の1年生奥川恭伸投手について
お話したいと思います。

最速146kmのストレートを武器に
スライダーとのコンビネーションで
奪三振の山を築く星稜のエース。

では、考察に入りたいと思います。

星稜高校 2018野球部メンバー、監督や注目選手も!
みなさんこんにちは、たかパパです。 プロ野球もシーズンを終えましたが、 みなさんが応援している球団の成績は いかがでしたか...

奥川恭伸(おくがわやすのぶ)投手のプロフィール


出展元:http://ama-baseball.jugem.jp/?page=2&month=201710

出身 石川県かほく市
出身校 かほく市立宇ノ木中学校→星稜高校
身長・体重 181cm/78kg
右投/右打

宇ノ気小学校時代から野球を始めます。

宇ノ気中学では軟式野球部で主戦投手。
中学3年夏に全国大会制覇を達成しました。

星稜高校では1年時からベンチ入りします。
1年秋の予選から主戦を務め、計28.2回
10失点の力投で県大会優勝を果たします。

全て先発で準決勝までの計24回を11安打
30奪三振2失点と大好投をみせました。

北信越大会では3試合に先発として登板し、
合計20回で25奪三振、防御率0.45と
文句のつけようのない圧巻の内容。

投手戦となった1回戦、北陸戦で
7安打10奪三振、無四球1対0完封勝利。

毎回の奪三振の多さと敵を寄せ付けない
完璧なピッチングに唸らされます。

7回コールド完封勝ちを収めた準決勝、
富山国附戦で最速2キロ更新の146kmを計測。

1年生秋にエースの座を獲得するなど
潜在能力の高さは疑いようのない投手。

将来はプロ野球選手になりたいと明言しており
夢を追いながら着実に成長を続けています。

Sponsored Link

奥川投手の球速や球種

動画を貼っておきます。

奥川投手の落ち着いたマウンドでのピッチングは流石です。

奥川投手のストレート最速は146km。
スライダーやツーシームなど変化球を投げ分けます。

1試合、平均11.25の奪三振率や
与四死球率0.90とコントロールも抜群。

相手打者を全く寄せ付けない投球が魅力で
ストレートも伸びがよく、スライダーも非常に
キレがあるので手強い投手。

伸び代も抜群でこれからも注目が集まります。

奥川投手のスカウト評価

スカウト評価についてですが
まだ情報が出回っていませんでした。

これから先の大会で注目が集まれば
情報が公になると思います。

それまで動向から目が離せないですね。

そして、奥川投手の代も素晴らしい逸材揃い
ですが4月に入学してくる現在中学3年生世代が
本当に逸材揃いです。

寺西成騎(根上中)最速141キロのスーパー中学生の球速・球種、進路は星稜?横浜?家族についても【炎の体育会TV】
みなさんこんばんは、たかパパです。 最近は野球選手も早熟というか早い段階 から完成された感じの選手も増えて来て ほんとにスゴイですよね...

2019年、奥川君を中心に星稜が全国を席巻
する日が来る予感があります!!

奥川選手の関連記事はこちら!

2018春の選抜(センバツ)甲子園出場校予想一覧!優勝候補予想や注目選手は?【随時更新】

2018年高校野球・投手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

2018年高校野球・野手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

その他高校野球に関する記事はこちら

まとめ

今回は星稜の一年生エース奥川投手に
ついてのお話でした。

投手としての完成度やストレートや変化球
など大きな武器を持っているのは魅力。

コントロールも良く、自滅しないので
本当に手強い投手だと思います。

伸び代もありますしこれからも期待したいですね。

では以上で終わりたいと思います。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!