Sponsored Link

千葉ロッテ歴代助っ人外国人ランキングトップ5!一位はやっぱりあの選手?

どうもこんにちは、たかパパです!

今回は千葉ロッテの助っ人外国人選手の

ランキングをご紹介したいと思います!

昨年はまさかの最下位に沈み、井口新監督

の元で再建のシーズンとなる千葉ロッテ

ですが、外国人選手は比較的印象深い優良な

選手を引っ張ってくるイメージがあります。

そんな千葉ロッテの歴代外国人助っ人選手の

ランク5位までを選出してみました。

筆者の独断と偏見ですのでご贔屓の選手が

漏れていたらゴメンナサイ。

それでは行ってみましょう!!

各球団の助っ人ランキングはこちら【随時更新中】

第5位 フランク・ボーリック


出典元:http://www.geocities.jp/hayase4388/introduction/bolick.html

在籍期間:1999年〜2002年(4年)
NPB通算4年 打率.266、92本塁打、288打点

アナハイムエンゼルスから来日。

キャンプでは2軍スタートだったものの1年目

から26本塁打打っており、「ボーリック神話」

というものができていました。

ボーリック選手がホームランを打てば勝てる。

勝率は22勝2敗2分とかなりの高確率。

ただし同シーズン終盤には、あと1打席で

パ・リーグワーストタイ記録となる52打席連続

無安打も記録しています・・・。

極端なクラウチングスタイルの打撃フォームと

勝負強さでチームの主軸として活躍し、

ファンに愛された優良外国人助っ人でした。

2001年7月9日の対ダイエー戦。

シーソーゲームで9回に守護神小林雅英が打たれ

同点、そして10回表に後続が3ランを浴びて

点差は6-9。

延長10回裏ダイエーの絶対的守護神ペドラザ。

(この年のペドラザはサファテ張りの絶対的さ)

ノーアウト満塁からボーリック選手が振りぬいた

ボールはセンターバックスクリーンへの

逆転サヨナラ満塁ホームラン!!

ロッテファンの間では「ボーリックナイト」と語り

つがれています。

Sponsored Link

第4位 エリック・ヒルマン


出典元:http://the-rankers.com/posts/gaikokijin-rotte/2/

在籍期間 1995年〜1996年(2年)
NPB通算3年 26勝19敗、18完投、5完封、奪三振243、防御率2.64

ニューヨークメッツから1995年に入団。

1年目から12勝して2年目も14勝でベストナインに選ばれています。

ヒルマン、伊良部、小宮山悟の先発3本柱は強力でしたが、伊良部投手に

タイトルを取らせるために登板調整などされて不信感が募り退団。

もう少し活躍が見たかった投手です。

ちなみに翌年巨人に金銭トレードで移籍。

「左肩に小錦が乗っているようだ」と弁明するなど「肩に違和感」という

フレーズで登板拒否を繰り返し、「ミスター違和感」と呼ばれたりも

していましたね。

第3位 フリオ・フランコ


出典元:https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/05/18/jpeg/G20140518008183780_view.jpg

在籍期間:1995年・1998年
NPB通算2年:打率.298、28本塁打、135打点

MLBの長期ストライキの影響で現役バリバリのメジャーリーガー

フランコが来日するとして大きな話題を呼びました。

来日1年目は打率.306、10本塁打、58打点。

長打力はさほどでしたが、額面通りの活躍。広岡GMとの不仲で

1年でお役ご免でアメリカに戻りますが、1998年に再びロッテに復帰。

打率290、18本塁打、77打点を残します。

ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞1回と単年でしっかりと成績を

残せる優秀助っ人でしたね。

極端にバットの先端を投手に向ける独特のフォームも印象的。

Sponsored Link

第2位 レオン・リー


出典元:https://baseballmaniaa.com/gs-scheme-changer.php?url=http%3A%2F%2Fwww.geocities.co.jp%2FAthlete-Sparta%2F1308%2Flee%2Flee2.jpg

在籍期間 1978年〜1982年(5年)
NPB通算10年 1436安打、打率.308、268本塁打、884打点

リー兄弟は二人してロッテに在籍していました。

レオンは弟で兄のレロン・リーは先に日本球界でプレーしており、

兄から日本に誘われてやってきました。

兄と同等の活躍で中軸を任されていました。

1982年オフにトレードで横浜大洋ホエールズへ。

1986年から2年間ヤクルトで活躍して引退。

10年に渡って日本球界で活躍して通算打率3割を超える

優良助っ人外国人でした。

2003年にはオリックスの監督も務めましたね。

第1位 レロン・リー


出典元:https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b3-2d/moguharuyuri16/folder/672221/45/29087845/img_1?1337720478

在籍期間 1977年〜1987年(11年)
NPB通算11年 1579安打、打率.320(!)、283本塁打、912打点

ロッテ一筋11年。

首位打者1回、ホームラン王1回、打点王1回、最多安打1回、ベストナイン4回。

数々の功績を残した素晴らしい助っ人です。

おもにアベレージヒッターでバット技術がかなり高く

素晴らしいプレーがたくさんありました。

勤続11年で通算打率.320はトンデモナイ記録でしょう!

ロッテを愛し、また愛された助っ人です。

堂々の1位にさせていただきました。

リー兄弟は日本球界全体を見渡しても屈指の助っ人

外国人と言えますね!

Sponsored Link

まとめ

今回はロッテの助っ人ランキングでした。

ロッテは優良野手助っ人をよく取ってくるイメージがあります。

リー兄弟などは揃って素晴らしい成績を残すなど

歴代助っ人の中でも際立っているように思います。

最近だとデスパイネ選手を連れてきましたし

スカウト陣の眼力についつい唸りたくなってしまいます。

独断と偏見で選ばせていただきましたが

一意見としてみていただけたらと思います。

では、今回は以上で終わりたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました!