Sponsored Link

佐々木朗希(ろうき)大船渡の怪物2年生の出身中学や球速やスカウト評価は?家族や彼女についても

こんにちは、たかパパです。

過去にも怪物といわれる選手はたくさんいました。
古くは松坂大輔投手(中日)、今は大谷翔平(エンゼルス)など…

今回紹介する佐々木朗希君は走攻守そろっている上に、
中学時代から140km/hを越えるストレートが定評のある投手です。

それにしても岩手県というところはすごいところですね。
菊池雄星選手(花巻東→西武)が甲子園を沸かせたと思ったら、
次は大谷翔平選手(花巻東→日本ハム→エンゼルス)が二刀流で
大活躍と次から次へと素晴らしい選手が出てきています。

高校野球も激戦区で花巻東、盛岡大付属、一関学院、専大北上など
私学が強く、甲子園によく出場していますね。

それでは行ってみましょう。

Sponsored Link

佐々木朗希君(大船渡)プロフィール


引用元:https://twitter.com/search?f=images&vertical=default&q=%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E6%9C%97%E5%B8%8C&src=typd

生年月日  2001年11月3日

身長・体重 189cm 81kg

右投右打

岩手県・陸前高田市出身

高田小3年生のときに野球をはじめましたが、
2011年3月11日の東日本大震災で被災してしまいます。
そのため大船渡市へ移住し、猪川小へ転校することになります。

大船渡一中に入学後、Kボール選抜で県大会へ出場する
大きな原動力となる活躍をしました。
この頃から140km/hを越えるストレートを武器に大活躍していました。
3年夏にオール気仙でKB東北大会準V。

当然、多くの私学から誘いがあったのですが「仲間と甲子園に行きたい」
という思いが強く、公立の大船渡高校へ入学することを決意します。
そしてその素質は認められ1年の夏からベンチ入りすることになります。

球種球速と投球スタイル、スカウト評価は

最速153km/hで常時150km/hを越えるストレートを軸にした投球スタイルです。

高校のデビュー戦は2017年7月8日、夏の県予選大会2回戦の対盛岡北戦でした。
3番手で登板し14球を投げましたが、そのすべてが140km/h越え。
ちなみにこのとき本人曰く「7~8割の力で投げた」とのこと。

軟式野球部に所属していた大船渡一中では最速141キロを誇り、県内でも能力の高さは知られていた。長身186センチの恵まれた体と、しなやかな腕の振り。初登板でチームを3回戦に導き、吉田一知監督(44)は「公式戦初登板で立派ですね。やっぱり素質なんでしょうね」と、褒めちぎった。
引用元:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1852352.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp

また、投手としてだけでなく2018年5月19日の春季県大会1回戦の盛岡中央戦では1番センターとして出場。50mを5秒9の俊足で2盗塁を記録しています。このときは8回7安打3失点で惜しくも破れましたが、最速152km/hを記録するなど怪物ぶりを発揮しています。

昨年の冬、食べ込みを行い、10kg以上体重を増やしたことが球にスピードをつけるパワーを得ることができたのではないかと思います。

成長が一段落した今春から実戦復帰した。4月上旬の練習試合で今年初完投し、急ピッチで試合勘を取り戻している。「公立から甲子園にいくためにやっている。そして、将来はプロになる」。県内の強豪私学からの誘いを蹴って、地元の大船渡を選んだ。夢の実現をステップに、プロの世界に挑戦する。
引用元:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201805050000363.html

スカウトからの評価は

150キロの大台突破が勝利に結び付かなかったが、強烈なインパクトは残した。初回に巨人柏田貴史スカウトのスピードガンで、自己最速を4キロ更新する153キロをたたき出した。最終盤の8回でも平均140キロ台後半の球威を維持し、150キロも1球計測。この日は4度も大台に乗せた。佐々木朗は「イニングが過ぎても、球速は落ちなかった。体重が増えたので、安定して投げられている」と体力面は評価した。
引用元:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201805200000553.html

と長いイニングでスピードを維持できる体力が評価されている。他球団の評価はまだあまり出ていないが来年に向けてスカウトが注目することは間違いないだろうと思います。

家族、彼女について

家族構成については母、兄、弟ということ以外は情報がありませんでした。彼女についても情報ありませんでした。

これからいろんな出会いがあるかもしれませんね。

関連記事はこちら!

高校野球2018年夏の甲子園 県大会優勝校予想まとめ!出場校確定はいつ?

2018夏の甲子園出場校一覧!日程や優勝候補予想や注目選手も!【随時更新】

2018年高校野球・野手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

2018年高校野球・投手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

その他高校球児に関する記事はこちら!

まとめ

個人的な感想としてはエンゼルスの大谷投手のように
二刀流でいくという感じはあまりしませんでした。

むしろ投手としてグイグイ力でくるタイプで押し切っていってほしいという願望はあります。将来は西武の菊池雄星投手のほうが進化形としてはいいんかなという気がします。

まずはこの夏、公立から甲子園へという熱い想いが成し遂げられることを楽しみに願っています。

Sponsored Link

この記事が気になったらシェアお願いします。更新の励みになります。

ツイッターフォローお願いします