Sponsored Link

黒川史陽(智弁和歌山)2019ドラフト候補の天才1年生の家族や彼女も気になる!

みなさんこんばんは、たかパパです。

オリンピックが終わり厳しい寒さに見舞われた冬も

終わりつつある今日この頃。

気温も高くなり春が近づいているのを実感している人も

多いのではないでしょうか。

ニュースではオープン戦Jリーグと並んで

第90回選抜高校野球の話題がちらほらと

みられるようになってきました。

気付けば選抜の開幕まで20日を切っており、

待ち望んだ「球春」がすぐそこに!

さて今回は選抜で特に注目の21世紀生まれ

スーパールーキーを紹介したいと思います。

その名は黒川史陽(くろかわ・ふみや)。

1年生ながら和歌山の名門智辯和歌山高校で

クリーンアップを任され、「天才」という

呼び声も高い逸材です。

そんな黒川君の出身やプレースタイルなどに

ついて紹介していきたいと思います。

智弁和歌山野球部 2018夏の甲子園メンバー、監督や注目選手は?
どうもこんにちは、たかパパです。 今回は智弁和歌山野球部について お話しようと思います。 昨年の夏の甲子園でも強打で勝ち上がり...

Sponsored Link

黒川史陽(くろかわ・ふみや)君の経歴と出身中学について

2001年に奈良県河合町で誕生。

父の影響で物心ついたころからバットを

振っていたという野球少年でした。

河合一小1年から軟式野球を始め、河合

一中進学後は泉州阪堺ボーイズでプレー。

中学3年夏にはNOMOジャパンに選出され、

主将としてプレーした経験を持っています。

高校からは地元を離れて、子供の頃に

テレビで見た「強打」の智辯和歌山に進学。

春からベンチ入りを果たすだけではなく、

県大会全6戦に先発し、20打数12安打、

打点6としっかりと結果を残しています。

夏の地方大会は7番ライトとして先発し、

15打数6安打、打点2を挙げる活躍で

2年ぶりの優勝に貢献。

甲子園では初戦敗退に終わったものの、

黒川君は大阪桐蔭のエース徳山君から

2塁打を放つなど大物の片鱗を全国でも

見せつけました。

秋季県予選・近畿大会では41打数18安打

16打点の大暴れで近畿大会準優勝に貢献。

18安打のうち9安打は長打と非凡な才能を

見せてくれました。

怪物の呼び声高い2年生の林滉太君が怪我で

離脱しても得点力が全く落ちなかったのは

黒川君が完全に穴を埋めたからですね!

ここまでしっかりと結果を残し順風満帆な

高校野球生活を送っている黒川君。

ひと冬を超えてどのような成長を遂げて

いるのか注目です。

気になるスカウト評価は!?

まだ1年生ですし、現時点でスカウト評価は

出ていませんでしたが、中学時代から

全国大会を経験していることからプロの

チェック対象となっていることは間違いないでしょう。

180センチ80キロという恵まれた体格があるという点

だけではなく、広角に打てる技術を持っている点に

野球センスを感じます。

名将高嶋監督も「ええ技術をもっとる」と高く

評価していることからもその才能の高さが

わかるのではないでしょうか。

もっともまだ高校1年生で粗削りな部分が多いのも事実。

プロになるためには守備や走塁もしっかりと

レベルアップを図っていくことが必要です。

まずは、この春の選抜でどのようなプレーを

見せてくれるのか走攻守すべての面で注目です。

Sponsored Link

プレースタイルについて

広角に打ち分ける技術だけではなく、

長打力も兼ねそろえる左バッター。

内外角のボールを巧みにさばくバットコントロールは

天性の才能を感じます。

マークが厳しくなった秋以降もしっかりと

成績を残しているのはこのバッティング技術が

あるからといえるでしょう。

この春にかけてどんな球種も確実にとらえられるように

内側からバットを出し球の下からボールをたたく

スイングに取り組んでいます。

最近ではシート打撃で柵越えが多くなってきている

ことから甲子園での初ホームランも期待できそうです。

脚力は50m6.2秒と特筆すべきほど早いわけでは

ありませんが、公式戦で7盗塁をマークするなど

走れる選手といえます。

遠投100mと肩が強いことから守備ではサードやライトを

守ることが多いです。

春の選抜では、秋はけがで欠場した林君がサードで

出場するとなれば、ライトを守ることになるかもしれません。

家族や彼女についても

父は1993年の選抜に上宮高校の主将として出場し、

優勝を果たした黒川洋行さん。

上宮高校を卒業後は、同志社大学、ミキハウス、

セガサミーでプレーした経験を持っており、

黒川君も高校入学前まではよくノックを受けていたようです。

兄は日南学園で春夏共にベンチ入りした大雅さんという野球一家。

周囲からは父と比較されることも多いですが、

「父には絶対に負けたくない」という強い思いを持っています。

もっとも、父を超えるためには選抜優勝だけではなく、

夏でも好成績を残すことが必要。

まずは、父に並ぶためにも今春の選抜制覇を目指します。

彼女については特に情報がありませんでした。

端正な顔立ちからモテそうな気がしますが、

果たしてどうでしょうか。

全国から注目を集める存在だけに、先日のバレンタインデーには

たくさんのチョコが届けられたことは間違いないでしょうね。

Sponsored Link

関連記事はこちら!

2018春の選抜(センバツ)甲子園出場校予想一覧!優勝候補予想や注目選手は?【随時更新】

2018年高校野球・投手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

2018年高校野球・野手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

その他高校野球に関する記事はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。

智辯和歌山高校には、黒川君のほかに

エース平田君と東妻君のバッテリーや

林君がプロ注目の存在。

超高校級のメンバーをそろえる大阪桐蔭と

並ぶタレント軍団だけに春選抜の優勝候補の一つです。

そんなタレント軍団が期待通りに勝ち進めるのか、

その中で黒川君がどんな活躍を見せてくれるのか、

非常に楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。