Sponsored Link

2019オリックスバファローズのイケメンランキング!トップ10は誰だ?

みなさんこんばんは、たかパパです。

オリックスといえば12球団屈指のイケメン
軍団とも呼ばれ、オリ姫だけではなく全国的
にイケメンとして人気がある選手もいるほど
ですよね。

2018シーズンのオリックスは交流戦こそ
12球団2位となるなど復活の兆しも見せま
したが、レギュラーシーズンは3位の日ハム
に8ゲーム差をつけられ、4位に沈みました。

オフには、長年チームを支えてきた金子投手
と西投手がそれぞれ日本ハムと阪神に移籍。
野手では中島選手と小谷野選手が退団する
など大幅な若返りを図っています。

そんな中で生え抜きの若手が伸びつつあり、
ファンを喜ばせるとともに新シーズンに向け
期待を抱かせています。

そこで今回は、若手を中心に今シーズンの
活躍を期待させるイケメンをピックアップし、
ランキング形式で発表していきたいと
思います。

※筆者の超主観です!
御贔屓の選手が選ばれて
いなかったら
ゴメンナサイ。

他にオススメのイケメン選手が居ましたら
是非コメントで教えて下さいね!

2018年ランキングはこちらからどうぞ!
2018オリックスバファローズのイケメンランキング!

Sponsored Link

2019年第10位 白崎浩之(しらさきひろゆき)


出典元:https://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/orix/181028/20181028043.html

昨シーズン途中横浜DeNAベイスターズから
トレードで加入した大型内野手。
2012年ドラフト1で駒澤大学から入団するも
打撃面での課題を克服できず、宮崎選手の
台頭などもあり1軍での出場試合数が激減。

オリックスに移籍後はコンスタントに試合に
出場し、活躍の兆しを見せました。
しかし今季オープン戦ではドラフト2位入団
ルーキー頓宮選手が大活躍を見せており、
開幕スタメン当確ともいわれ、白崎選手に
とっては厳しいスタートとなりましたが、
足と守備には定評があることから限られた
出場機会の中でしっかりと結果を残し、活躍
する姿を見せてほしいですね。

2019年度第9位 岡崎大輔(おかざきだいすけ)


出典元:http://isoo.site/hashtag/%E5%B2%A1%E5%B4%8E%E5%A4%A7%E8%BC%94

花咲徳栄高校からドラフト3位で入団した
高卒3年目。高校時代は3度の甲子園出場の
実績を持っています。

高卒1年目は主にファームで経験を積み、
シーズン後半には1軍も経験しました。
高卒2年目こそ1軍出場はなかったものの、
ファームで82試合に出場し打率2割3分を
記録するなど着実に成長しています。

定位置を狙うセカンドは一軍でも絶対的な
レギュラーがいないため、このまま成長を
続ければチャンスは巡ってきそうです。

若きスター候補に注目していきたいですね。

Sponsored Link

2019年度第8位 武田健吾(たけだ・けんご)


出典元:http://imgarchive.online/tag/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E5%81%A5%E5%90%BE

2012年ドラフト4位で自由が丘高校から
入団した大谷世代の外野手です。

注目を集め始めたのは2017年シーズンから。
シーズン序盤にレギュラーに定着すると
交流戦では首位打者争いをするなど大活躍。

レギュラー選手のケガが相次いだこともあり
レギュラー定着となった面もありますが、
自己最多となる97試合に出場し、打率.295と
期待を抱かせる結果を残しました。
もっとも昨シーズンは変化球攻めに苦しみ、
打撃面で思うような結果を残すことができず
苦しいシーズンとなりました。

今シーズンは、昨シーズンの悔しさをばねに
2017年を上回る活躍を期待したいですね。

2019年度第7位 K-鈴木(ケー・すずき)

出典元:https://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/orix/180429/20180429036.html

2017年日立製作所からドラフト2位で入団
した右の本格派。
K-鈴木は登録名で、本名は鈴木康平。

ルーキーイヤーは即戦力として期待されるも
わずか4試合の登板にとどまり、防御率も
8点台と期待に沿う活躍は出来ませんでした。
もっともファームでは先発・中継ぎで26試合
に登板し、防御率2点台と期待を抱かせる
成績を残しました。

オープン戦ではまだ登板はないものの、
150キロを超えるストレートを持っており、
西村監督からも先発候補として大きな期待を
寄せられています。

今季のオリックスは先発に不安があるだけに、
シーズン途中からでも1軍で活躍する姿を
見たいですね。

Sponsored Link

2019年度第6位 増井浩俊(ますい・ひろとし)


出典元:https://cyclestyle.net/article/2017/11/30/55033.html

日ハムから昨シーズンオリックスに加入し、
新天地でも抑えとして35Sを挙げ、苦しい
チームを支えた増井投手を6位にランクイン。

今年の6月に35歳となる増井投手はもはや
ベテランの域に入る投手ですが、まだまだ
150キロ近いストレートを投げ込むなど
若手に負けない力強さがあります。

今シーズンも守護神として活躍が期待されて
いますが、西投手と金子投手といった実績の
ある選手が抜けた穴を埋める精神的支柱と
しての役割も期待されています。

投手陣を引っ張る顔として頑張ってもらい
たいですね。

2019年度第5位 海田智行(かいだ・ともゆき)


出典元:https://hot-fashion.click/2017/03/17/post-13267/

2011年に日本生命からドラフト4位で入団
した海田投手。入団当初は先発として起用
されるも満足いく結果を残すことができず、
その後は中継ぎとして活躍。

2016年は自己最多の50試合に登板し、
防御率2点台と安定したピッチングで
中継ぎを支えました。
2017年のシーズン途中にケガで離脱すると
昨シーズンは1軍登板が4試合にとどまる
など思うような活躍をすることができません
でした。

私服もおしゃれでオリ姫たちに人気のある
イケメン投手だけに今季こそは復活を果たし、
オリ姫を喜ばせてほしいですね。

Sponsored Link

2019年度第4位 山崎福也(やまさき・さちや)


出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181102-00000004-baseballo-base

2014年ドラフト1位の山崎投手。
150キロ近いストレートと多彩な変化球が
持ち味の左腕であり、毎年期待されるも殻を
突き破れずにいます。

しかし、そのポテンシャルは誰もが認める
ところであり、昨オフからのトレーニングの
成果からキャンプでは進化した姿が。

オープン戦では投球回数6回ではありますが、
防御率1点台と活躍の兆しも見せています。
先発投手陣の層が薄いだけにローテーション
入りも十分に狙えることから、イケメン枠
だけではなく先発を引っ張る主力として
頑張ってもらいたいですね。

2019年度第3位 山岡泰輔(やまおか・たいすけ)


出典元:https://cyclestyle.net/article/2017/11/22/54551.html

チームトップクラスのイケメンであり、
先発投手陣の顔ともいわれる山岡投手。
高校時代からイケメンとして高評価ですが、
プロ入り後の活躍で一躍全国区に。

そんな山岡投手ですがまだ入団3年目の
23歳。昨シーズンまでの2シーズンは先発
ローテーション入りするも2桁敗戦を記録
するなど満足のいく成績とまではいきま
せんでした。

しかしそのポテンシャルと精神的な強さは
ピカイチ。今シーズンは自身初となる開幕
投手に内定。

ファーム開幕戦では8回1失点と準備は万全。

オリックスの新たなエースとして、そして
チームの顔としてさらなる飛躍に期待したい
ところですね。

Sponsored Link

2019年度第2位 山本由伸(やまもと・よしのぶ)


出典元:http://blog.livedoor.jp/nndmjmatome/10550119.html

管理人は1年目から激押しの山本投手を2位
に選出致しました。

昨シーズン高卒2年目ながらセットアッパー
として54試合に登板し、大ブレイクを
果たした山本投手。
今シーズンは先発投手としてローテーション
入りが決定的。もともと高卒1年目は先発と
して投げており、2桁勝利も期待できるほど
能力の高さがあります。

オープン戦では自己最速となる155キロの
速球をマークするなどストレートにさらなる
磨きをかけ、カットボールやフォークなど
切れ味鋭い変化球で三振の山を築いています。

かっこいい系イケメンとして人気も急上昇中。
球界の将来を背負って立つ若きスターに
注目です。

2019年度第1位 小田裕也(おだ・ゆうや)


出典元:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=002-20160516-06

オリックスのイケメンNo1といえばやはり
小田選手でしょう。

オリックスだけではなく12球団の中でも
トップクラスのイケメンであり、イケメン
好きの方にとってはお馴染みの選手と
いえるかもしれません。

そんな小田選手ですが昨季は自己最多となる
90試合に出場し打率.287をマークするなど
活躍。
持ち味の俊足を生かし10盗塁をマークする
などさらなる活躍を期待させるシーズンと
なりました。

オリックスの外野手のレギュラー争いはし烈
を極めており、オープン戦で結果を残している
小田選手も開幕スタメン入りを果たせるかは
微妙なところ。
残りわずかとなったオープン戦で結果を残し
開幕スタメンを勝ち取り、選手としての活躍
にも期待したいですね。

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか。

12球団屈指のイケメン軍団であることから
上位の顔ぶれを見ると女性のみならず男性も
うっとりするようなイケメン揃いでは?

一流のスポーツ選手であり、イケメンでも
あるのはちょっとずるいなと嫉妬してしまい
ますが(笑)、球界を盛り上げていく上では
貴重な存在ともいえるでしょう。

プロ野球も女性ファンが多くなった今、
さらなるファン層獲得に向けてさらなる活躍
に期待したいですね。

最後までお読み頂き有難うございました。

↓次ページは2018年度版イケメンランキング↓

PAGE 1 PAGE 2

Sponsored Link

この記事が気になったらシェアお願いします。更新の励みになります。

ツイッターフォローお願いします

コメント

  1. […] 2018オリックスバファローズのイケメンランキング!トップ10は誰だ? […]

  2. […] 2018オリックスバファローズのイケメンランキング!トップ10は誰だ? […]