Sponsored Link

膳所高校野球部2018メンバー!注目選手や監督についても!【21世紀枠】

どうもこんにちはたかパパです!

今回は膳所高校野球部についてお話していきたいと思います。

膳所(ぜぜ)と読むのですが難読漢字として知られています。

膳所高校は21世紀枠に選ばれた滋賀県代表の高校で

59年ぶりの選抜出場となりました。

膳所高校は滋賀県トップの偏差値で全国でも7位の偏差値という進学校。

そんな膳所高校が学業と部活を両立して成果を出しているのですから驚きです。

膳所高校の野球部では頭の良さを活かして野球部専属のデータ部を設立。

野球素人の2人が部員なのですが、公式戦で得た相手チームの打球傾向を調べ尽くし

グラウンドを198分割してどのポジションに守ればいいか、分析するなど

いわゆるセイバーメトリクスを用いたデータ野球を取り入れています。

高校野球でこうしたデータを収集しながら試合に役立てるというのは珍しく

プロ顔負けです。

面白いアプローチで野球部の底上げを図っていると感じます。

そんな膳所高校の野球部メンバーについてや注目選手、監督について

ご紹介したいと思います。

【関連記事はこちら】
2018春の選抜出場校一覧!優勝候補予想や注目選手は?

Sponsored Link

膳所高校野球部2018メンバー

まずは膳所高校の21世紀枠選出理由は

以下の通りです。

21世紀枠、地区を問わない残り1校は激しい議論の末、膳所に決まった。文武両道を実践していることに加え、データ管理を担当する女子部員を置いていることが、女子生徒がマネジャーだけでない形で野球に関われることを示していると評価された。
引用元:https://baseball.yahoo.co.jp/hsb/selection/10/detail

以下、2017年秋季大会のメンバーです。

2018年春のセンバツまでにメンバーの

入れ替わり等があるかと思われますが、

随時追記していきます。

2018年メンバーという事で学年は1学年
繰り上げています。

膳所高校は40年甲子園から遠ざかっていましたが

野手の打撃力やデータによる守備強化でかなり

チームは強さが出てきています。

まだ守備に脆さはありますが

データ野球で補填している面白いチームです。

1 投手 手塚晧己 3年
2 捕手 石川唯  3年
3 内野 川村いつき 3年
4 内野 有川耀翔 3年
5 内野 平井崇博 3年
6 内野 渡辺大夢 3年
7 外野 星田昌慶 3年
8 外野 伊東篤志 3年
9 外野 今井竜大 3年
10 控え 長野友樹 3年
11 控え 井上陽平 2年
12 控え 石川侑暉 2年
13 控え 宮武俊作 3年
14 控え 吉川典輝 3年
15 控え 新井将太 3年
16 控え 佐竹泰徳 2年
17 控え 平井洸宇 3年
18 控え 古高遼  3年
19 控え 上本楓太 3年
20 控え 森本光城 3年
21 控え 木戸桜生 2年
22 控え 吉岡雄大 2年

スミマセン、出身地等はっきりしない

部分も多いですが、メンバー全て滋賀県内

出身者で占められています。

全国トップレベルの進学校ですが、

部活動にも力を入れていて文武両道を

目指しています。

膳所高校野球部 注目選手

捕手でキャプテンを務めているチームの

柱的な存在が石川唯斗選手。

打率も3割5分打つなど打線でも存在感ある

選手です。

もう一人の注目選手がエースの手塚皓己選手。

188センチの長身から放つキレのある直球が

持ち味の右腕で、近畿大会ベスト4の近江

相手に1-3の善戦となった中心選手です。

Sponsored Link

膳所高校野球部 監督紹介

上品充朗という方が監督を務めています。

データ野球を取り入れるなど違う角度からチーム力を上げようとした方で

コメントで
「能力の低い子が多い。打球が正面に飛んでくればアウトにできる確率が高くなる」と分析。

そうした理由があってデータ収集をする専門の部を作るなど

面白い取り組みでチームを選抜出場に導きました。

全国でもかなりの進学校がらしさを出した取り組みで

結果を出したその手腕には驚かされます。

膳所高校野球部概要

1898(明治31)年、滋賀県第二尋常中学校

として開校。

県屈指の進学校で学業と部活動の両立。

県大会では準々決勝で優勝した近江に

敗れましたが1-3と善戦。

セイバーメトリクスを用いたデータ野球が

持ち味で野球素人の2人がデータ野球部に所属。

甲子園は72年夏、78年夏、34年春、56年春、

59年春の5度出場もすべて初戦敗退しています。

監督 上品充朗
所在地 滋賀県大津市膳所2-11-1
ウェブサイト 学校HP(リンク先開きます)

甲子園出場回数 59年ぶり4回目

甲子園の最高成績
春:3回(最高成績:2回戦/1959年ほか3回)
夏:2回(最高成績:1回戦/1978年ほか1回)

地方大会の成績
●滋賀大会準々決勝:1-3 近江
○滋賀大会3回戦:6-5 大津商
○滋賀大会2回戦:12-1 八幡工
○滋賀大会1回戦:14-4 滋賀短大付

他強豪競技
ラグビー、体操、ボート、空手、ヨット、山岳、ソフトテニス、馬術、陸上競技、吹奏楽、写真、英語、書道、かるた、文芸、化学、美術、弁論、合唱

主なOB
人見武雄(元阪急 内野手)
矢島卓郎(元サッカー選手)

関連記事はこちら!

2018センバツ優勝候補予想や注目選手は?【随時更新】

2018春の選抜出場各校野球部メンバー、監督情報まとめ!

2018春の選抜甲子園のイケメン選手まとめ

その他高校球児・高校野球に関する記事はこちら!

まとめ

今回は膳所高校野球部についてのお話でした。

全国屈指の学力の高い学校で、

データ野球を取り入れるなど面白いアプローチで21世紀枠入りしました。

文武両道なチームは今までにない色を見せて選抜出場を果たしたわけですが

こうしたチームが活躍する姿は見てみたいものです。

まずは甲子園初勝利なるかに注目ですね。

では、今回は以上でお話を終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!