Sponsored Link

度会隆輝(佐倉リトルシニア)U-15侍ジャパンの天才!高校進路は横浜の噂!父や兄についても!

どうもこんにちは、たかパパです!

先日佐倉リトルシニアのスーパー中学生

西川僚祐(にしかわりょうすけ)君をご紹介

しました。

西川僚祐(佐倉リトルシニア)清宮級のスーパー中学生の高校進路や家族についても
どうもこんにちは、たかパパです。 今回は強豪シニアの佐倉リトルで4番を 打つスーパー中学生。 西川僚祐(にしかわ・りょうす...

今回はチームメイトで中学No.1と謳われて

いる度会隆輝選手についてお話したいと

思います。

ちなみに度会(わたらい)と読みます。

度会選手は佐倉リトルシニアというチームで

プレーし、中学版甲子園と言われている

ジャイアンツカップに中学1年から3年まで

全てに出場し、中学3年時はジャイアンツカップで

見事優勝しました!

身体能力が高い選手で野球センスは父親譲り。

お父さんは元ヤクルトスワローズの度会博文さんなんです。

今回は度会選手のプロフィールや父、さらには兄に

ついても色々とお話したいと思います!

Sponsored Link

度会隆輝(わたらい・りゅうき)選手のプロフィール

生年月日 2002年10月4日生まれ
身長・体重 178cm/66kg(成長中!)
右投/左打
中学3年生/内野手

度会選手は千葉県の名門佐倉リトルシニアに

所属する3年生で、幼少期から英才教育を受け

チームでも主軸を打つ天才との呼び声も高い

選手です。

ここで度会選手が所属する佐倉リトルシニアの

2015年から2017年までの

成績をご紹介したいと思います。

度会選手がチームに入ってからの成績です。

2015年 リトルシニア日本選手権大会(2回戦)
2015年 ジャイアンツカップ(ベスト8)
2016年 リトルシニア日本選手権大会(2回戦)
2016年 ジャイアンツカップ(ベスト4)
2017年 リトルシニア全国選抜野球大会(優勝)
2017年 リトルシニア日本選手権大会(準優勝)
2017年 ジャイアンツカップ(優勝)

佐倉リトルシニア自体がかなりの強豪チーム

ではあるのですがそれにしてもすごい成績!

佐倉リトルシニアには度会選手の他に逸材と

騒がれている西川僚祐選手がいて、

3番に度会選手、

5番に西川選手が並び、

かなり強力な中軸を形成しており

リトルシニア日本選手権大会では決勝戦で

度会選手は2点打となるホームランを放っており

一方で西川選手は優秀選手賞を受賞しています。

二人の逸材がいるチームでこの功績は納得が

いきますね。

U-15の日本代表にも選出されていて、

同じく代表に選ばれた仲三河君たちと

昨年11月に開催された

U-15 アジアチャレンジマッチ2017では

11打数7安打(打率.636)6打点の大活躍!

大会MVPに選ばれています。

度会君はコメントで以下のように語っています。

「最優秀選手受賞は嬉しいですが、チームが勝てたことが何よりです。上手い選手たちと野球をすることで、走攻守あらゆる面でどこを伸ばすべきか明確になりました。ここは通過点に過ぎないので、もっと練習してもっと高いレベルを目指します」
出展元:http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20171127_2.html

そして炎の体育会TVでも15枚抜きのパーフェクト達成!

プロでも出来てなかったのにスゴ!

パーフェクトを達成しても

「お父さんのトスが良かったからです!」

うーん、とてもいい子!

チームの誰からも好かれるという人間性は

とても大切ですね。

Sponsored Link

度会選手の高校進学先は?横浜高校の噂も!

そんな度会君の高校の進路についても色々と

気になるところ。

横浜高校や日大三高が進学先との噂に上がっていますが、

真偽のほどはハッキリとわかっておらず現状、情報はかなり薄いです。

お兄さんは拓大紅稜ですしね。

富山の高校野球さん、中学野球にメチャ精通

されていて情報も確かな印象。

横浜高校で決定なのでしょうか?

【関連記事はこちら】
横浜高校野球部2018メンバー!注目選手や監督についても!

度会選手の家族、父と兄について

度会選手の父は度会博文さんという方で

ヤクルトスワローズに1993年のドラフト

3位で入団した元プロ野球選手。

名脇役と呼ばれ、内野手でしたが投手と捕手

以外どこでも守れるユーティリティプレイヤーでした。

チームに長らく貢献し、コーチも務めました。

二人の息子に恵まれ、自分の引退試合の日には

兄弟がバッテリーを組んで始球式をするなど

野球一家らしい一幕がありました。

現在はヤクルトスワローズの広報を務められています。

そして度会選手には3歳上の兄がいます。

度会基輝さんという方です。

千葉の名門拓大紅陵高の3年生でキャプテンを務め、

主に3塁手として出場し、高校通算30本塁打。

タイプとしてはコンスタントに打つタイプです。

子供の頃からプロ野球選手の父親がいたことから

野球は身近な存在で

小学校中学年の頃に船橋ボーイズに入って野球を始め、

小学部全国大会4強に進出。

中学校3年生になるとあちらこちらでスカウトを

かけられましたが地元で強豪校だった千葉の名門、

拓大紅陵高校に進学しています。

今春で卒業して大学に進んでも野球を続けて

プロ入りが目標とのことですよ。

Sponsored Link

その他注目のスーパー中学生はこちら

仲三河優太(小山ボーイズ)U15侍ジャパン!スーパー中学生の球速や高校進路は大阪桐蔭?家族や彼女も気になる!

寺西成騎(根上中)最速141キロのスーパー中学生の球速・球種、進路は星稜?横浜?家族についても

西川僚祐(佐倉リトルシニア)清宮級のスーパー中学生の高校進路や家族についても

度会隆輝(佐倉リトルシニア)U-15侍ジャパンの天才!高校進路は横浜の噂!父や兄についても!

関戸康介(明徳義塾中)スーパー中学生の家族や彼女、今後の進路が気になる!【ミライモンスター】

森木大智(高知中)中2で最速145キロのスーパー中学生!投球スタイルや高校進路、家族や彼女も気になる!

※関戸君と森木君は一学年年下ですね。

まとめ

今回は佐倉リトルシニアの度会選手についての

お話でした。

中学No.1と言われていますが

元プロ野球選手の父を持つ度会選手はたしかに

野球の血が色濃く受け継がれているのかもしれません。

これからも活躍を期待していますし

高校の進路についても動向が気になるところです。

では、今回は以上で終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!