SPONCERD LINK

野上亮磨(西武)FA宣言で年俸やランクや移籍先は?嫁は元モー娘石川梨華!

どうもこんにちは、たかパパです!

今回は西武の野上亮磨投手について

お話しようと思います。

今年自身最多タイの11勝を上げた

野上投手は今年で30歳。

長いキャリアを積んで遂にFAを取得し

宣言しました。

野上投手について阪神や横浜が興味を示し

西武を含めて争奪戦が予想される様子。

そんな動向が注目される野上投手について

FAについてはもちろん、年俸ランクや

嫁についてその他プロフィールや経歴に

ついて色々と触れていきたいと思います。

ではいきましょう!


野上亮磨投手の経歴、プロフィール


出展元:http://wonderbridge.net/sports/baseball/5110/

生年月日 1987年6月15日
出身 福岡県太宰府市
出身校 神村学園高等学校→日産自動車
身長・体重 177cm/76kg
右投/右打
2008年ドラフト2位

神村学園に進学のきっかけは神村学園の

野球部の監督が野上投手に誘いをかけた

ことだと言われています。

高評価を受けた野上投手は神村学園で3年春に

甲子園出場し準優勝投手となっています。

プロも注目する投手としてドラフトでも

指名されると思いきや指名漏れとなり、

悔しい思いをした野上投手。

高校卒業後は日産自動車に入社します。

2年目から試合で起用されるようになり

主戦投手として活躍。

新日本石油ENEOS補強選手として都市対抗

野球へ初出場しました。

翌年はエースとして活躍。

チームを2年ぶりの第79回都市対抗野球へ

導きました。

西武に入団すると

即戦力として1年目の2009年から先発、

中継ぎで登板。

25試合に登板し、及第点の活躍をみせました。

翌年は登板数が増えるも

防御率は5.14と2年目にプロの壁にぶつかり、

2011年は1軍出場4試合にとどまり殆どを2軍で

過ごすことになりました。

2012年はキャンプから好調でローテの谷間や

ロングリリーフで結果を残し、評価を受けて

夏場から先発ローテの一角として登板。

6連勝を含むキャリアハイの8勝を上げて

来年の期待が高まります。

2013年は前半好調も夏頃から不調で

Aクラス入りとCSの影響で中継ぎに回ることに。

最終的に11勝するなど決して悪くないシーズンでした。

2014年は開幕1軍で向かえます。

しかし交流戦で打ち込まれ2軍へ。

1軍復帰後は中継ぎもほどなくして先発起用されます。

2015年は怪我で2度の2軍行き。

少ない機会をある程度結果を残して

27試合、7勝7敗、防御率4.22という内容で

シーズンを終えました。

2016年は開幕ローテも結果を出せず中継ぎに。

先発に戻りはしましたがすぐに中継ぎにまわり

内容は芳しくありませんでした。

22試合、3勝9敗、防御率3.87という内容。

そして今年は最多タイの11勝を上げ、

先発ではある程度ゲームを作るなど

ローテの一角として奮起をみせました。

そして今年、野上選手は国内FA権を取得し

行使に踏み切りました。


野上投手の球速球種、投球スタイルは?

最速148kmのストレートを主軸にスライダー、

チェンジアップ、カーブといった変化球を

投げます。

度胸あるピッチングと緩急を武器にした投球スタイル。

FA行使で既に複数球団が興味を示しており

争奪戦の可能性も十分ある状況となっています。

野上投手のFA行使で移籍先やランクは?

野上投手がFA権を行使したことで

色々と動きがみられました。

まず、野上投手に興味を示した他球団は

阪神と横浜。

阪神は今年、先発不足で中継ぎを酷使するなど

苦しい先発事情でした。

一方横浜は先発は枚数は揃っており

さらにドラフト1位で東投手を獲得するなど

先発を強固にしていますが野上投手を揃えて

鉄壁の状態にしたいという思いが見えます。

しかし11月14日、阪神はFAを封印という

考えであると記事で取り上げられており

事実であれば野上投手の獲得には乗り出さない

可能性が出てきました。

なので横浜と西武の一騎打ちになるかも?

気になるのは野上投手が年俸のランクが

CランクなのかBランクなのか。

Cランクであれば保障なしで獲得できますが

Bランクであれば人的補償または金銭補償となります。

Bランクは球団年俸のベスト4から10の選手が

そういうランク付けになります。

野上投手の今年の年俸は5000万でけっこう際どいところ。

噂では、西武は森友哉選手の年俸を調整して

野上投手をBランクにしているといったことも。

Bランクならば獲得の動きは収まりそうな予感。

野上投手の実力についてついて西武ファンは

懐疑的で、10勝てば10負けるような投手とか

調子にムラがあるとか

西武打線でなければ10勝は出来なかったなど

厳しい評価が飛び交っています。

確かに今年の西武は打線が活発で大型連勝も中盤に

あって楽天を抜いて2位でシーズンを終えました。

仮に横浜に行っても相応の活躍ができるかは

未知数なので、Bランクという補償付きであれば

獲得のハードルは一気に上がり、

宣言残留になるのでは、と筆者は予想。

※追記しました。
やはり野上選手はBランクで人員または
金銭の
補償が発生しますね。
今後の動向に注目ですね!

※11/28追記しました。
ここにきて巨人が3年4.5億の報道も。
実際マイコラス退団はほぼ確定なので
的確と言えば的確な補強ですが果たして?


野上投手の嫁は元モー娘。石川梨華

野上投手は今年2017年3月に結婚を

発表しています。

気になる嫁ですが

元モーニング娘の石川梨華さん。

2人は2013年に食事会で知り合い、

石川さんが阪神ファンで野球の話で

意気投合したのが馴れ初めとのことです。

それから交際となり、今年結婚に踏み切りました。

ファンの間では石川さんは料理が上手く

内助の功となるのでは、と言われているほど。

実は石川さんは阪神ファンということもあり

FA権を行使したのも嫁の影響があるそう。

マイペースな性格の野上投手は

嫁の意見に従順なこともあり

行使に踏み切ったようです。

そう考えると阪神に入ってほしいと思いますが

なかなか難しそうな状況ではありますね。


まとめ

今回は野上投手についてのお話でした。

FA権を行使して争奪戦の予感がありますが

ランク如何で残留が濃厚となりそう。

シーズンが終わってからの醍醐味は

こうしたFA戦線による

選手のやりとり。

去年は阪神が糸井選手を獲得するなど

大型選手の移籍で話題を掻っさらいましたが

こうした名の知れた選手の移籍は

プロ野球の醍醐味ですから

これからも動向に注目したいですね!

では、今回は以上でお話を終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!