SPONCERD LINK

ジョー・ウィーランド(DeNA)当たり外人の年俸や球種や投球スタイルが気になる!復帰時期はいつ?

どうもこんにちは、たかパパです。

今年、横浜はたくさんの外国人選手を補強しましたね。

その中でもラミレス監督が優良助っ人として期待できると

太鼓判を押したのが先発投手、ジョー・ウィーランドです。

スラっとした体躯で手足が長く、広島の助っ人ジョンソン投手の

ようなタイプで、ラミレス監督は10勝は手堅いと大いに期待しています。

そんなウィーランド投手について今回はお話したいと思います。


ウィーランド投手の経歴、プロフィール


出展元:http://www.sanspo.com/baseball/news/20170319/den17031905000003-n1.html

名前 ジョー・ウィーランド[本名ジョゼフ・アンドリュー・ウィーランド]
生年月日 1990年1月21日
出身 ネバダ州リノ
出身校 ビショップマノーグ高等学校
身長/体重 188cm/93kg
右投/右打
2008年ドラフト4位

2008年にレンジャーズから4位指名で入団したウィーランド投手。

ルーキー級レンジャーズで13試合に登板して5勝1敗、防御率は1.44と好投。

2011年にトレードによりパドレスへ入団。

AAミッションズで5試合に登板して3勝1敗、防御率は2.77でした。

2012年に自身初のメジャーへ。

ドジャース戦に登板して5回を投げ、3本のホームラン、6本の安打などで

6失点と、メジャー初の試合はほろ苦い黒星スタートしました。

さらにそこから3登板するも3連敗を喫し、5度目の登板で右ひじを

故障してしまいトミー・ジョン手術を受けます。

次の年では右ひじの故障の影響で故障者リストへ異動となります。

2014年にはパドレスと一年契約を結び、怪我から復帰するとメジャーで

初めて勝利しました。

しかし長くは球団にはとどまれず他にも2球団ほど渡り歩き、

最終的に日本へ来日し、2017シーズンにベイスターズと契約を

結びます。メジャーでは怪我の影響もあって中々結果を出せなかった

ウィーランド投手ですが現在は日本で活躍。

ウィーランド投手の年俸、成績

ウィーランド投手の今期の年俸9000万となっています。

球団はかなり期待しているようですが、ファンからは少し不安の声が

上がっていました。

ウィーランド投手、実は2016シーズンはAAAで26試合に登板しており、

14勝6敗、防御率は5.43でした。勝ち数は多いですが防御率が気になります。

これだけ打たれている投手に9000万も出して大丈夫なのか?という声が

多々上がっていました。

しかし、ウィーランド投手が所属していたのはパシフィック・コーストリーグと

呼ばれるところで、そこはずいぶんな打高投低として有名です。

リーグ平均の防御率が2016年、4.46とかなり高く野手が優勢とされるリーグなわけです。

そしてウィーランドの防御率ですがシーズン序盤に大炎上を数試合続けてしまい、

防御率が跳ね上がっており、それ以降は3点台のピッチングを続けており、

ロングショットで見ればゲームを作れる投手なのではないでしょうか。

なので日本でも打ち込まれる、というような事は少ないと思います。

ウィーランド投手は日本に来て7登板。

3勝0敗、四死球9、三振41、失点12、防御率2.27となっています。

上々の成績ではないでしょうか。多少の失点はありますが打ち込まれた

数試合があって、他はクォリティの高い投球を披露。

ローテーションで上位で投げる事は間違いないでしょう。

そして余談ですがウィーランド投手は広島戦でホームランを打っていて、

結構話題になっています。

もう普通に助っ人外人な雰囲気のバッティングですね(笑)

綺麗にはじき返した当たりは低い弾道でスタンドインして、フォームも綺麗です。

やはり良い投手はバッティングもいい形で打てるんですね。

DeNAベイスターズと言えば投手を8番に置くなど、珍しい打線を組んでいますが

ウィーランド投手が先発時には一段と得点力が上がりそうですね。

これからもウィーランド投手に注目したいところです。


ウィーランド投手の投球スタイル 復帰時期は?

ウィーランド投手の持ち味は最速152kmのストレートとフォーシームを

主体とした投球スタイル。

ストレートのキレも抜群で、変化球を上手く交えて組み立てられると

けっこう打ちづらい投手で、奪三振を多くとれそうな投手ですね。

他にもチェンジアップやカーブなど緩急をつけたボールも持っており、

打たせて取ることもできるバランスのとれた投手で、コントロールも

良いですし確かに今後とも活躍してくれそうな雰囲気はありますね。

とくに今年は山口投手がFAで巨人に移籍したこともあって10勝投手の穴を

埋められるか、というのが話題となっていましたがウィーランド投手は

その問題を解決してくれそうです。

現在セリーグ勝利数トップは巨人の菅野投手と阪神のメッセンジャー投手。

(5/23現在)非常に安定した成績を残してくれそうなウィーランド投手は

最多勝争いに加われるのでしょうか?

まぁベイスターズのチーム事情にも影響されてきますよね。

交流戦直前に右肘の違和感で登録抹消になったウィーランド投手ですが、

まだ具体的な復帰のめどは立っていないようです。

2軍で登板してまずまずの内容だったようですね。

トミージョン手術を受けて復帰した投手ですし、現在は若手がいい感じで

活躍しているので、ベイスターズとしてはまぁ無理させずにいくでしょうから

球宴明け以降の復帰になるのではないでしょうか。

ウィーランド投手の関連記事はこちら!

梶谷隆幸(DeNA)経歴や年俸や彼女が気になる!覚醒でトリプルスリーは狙える?

山崎康晃(DeNA)ハマの守護神の経歴やタイトルの獲得は?母親や彼女の存在も気になる!

飯塚悟史(DeNA)若手注目の星!!2軍の成績や年俸は?彼女はいる?

アウディ・シリアコ(DeNA)格安助っ人の年俸や経歴をチェック!NPBで活躍できる?

網谷圭将(DeNA)育成の星!筒香二世になれるか?2軍成績や彼女もチェック!!

砂田毅樹(DeNA)イケメン左腕の彼女や年俸、投球スタイルが気になる!!

関根大気(DeNA)イチローを超える才能?イケメン若手の年俸や成績、彼女が気になる

濱口遥大(DeNA)開幕ローテ入り!ドラ1ルーキーの大学や年俸が気になる

石田健太(DeNA)2017開幕左腕の年俸や結婚、彼女が気になる!!

平良拳太郎(DeNA)プロテクトから外れた理由と年俸や投球スタイルは?

まとめ

ウィーランド投手はこれからどんどん活躍して欲しい投手ですね。

恐らくは長く横浜で活躍して勝ち頭となってくれるのではないでしょうか。

現在横浜は4位ですが筒香選手が抜けて踏ん張りどころ。

まだまだセリーグは混戦とわからないです。

今回はDeNAベイスターズのウィーランド投手についての考察でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました!