SPONCERD LINK

立岡宗一郎(巨人)今季はレギュラー確定?年俸や彼女、結婚が気になる!!

みなさんこんにちはたかパパです。

昨シーズン2位に終わったり、ファイナルステージ進出できなかったりと、

選手はもちろん首脳陣やファンにとって不本意なシーズンに終わった

読売ジャイアンツ

巨人は昨シーズンオフに、総額約30億円をかけ大型補強を行いました。

しかし、この大型補強では修正できない課題がありました。

その一つは、2番の固定です。

その候補に、名前が挙がるのが2012年のシーズンのオフに、

福岡ソフトバンクホークスから巨人へトレード移籍した立岡宗一郎選手です。

その立岡選手とはどんな選手なのでしょうか?調べてみました。


プロフィールやホークスに入団まで


出典:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=002-20160229-04

名前 立岡 宗一郎(たておか そういちろう)
生年月日 1990年5月18日
出身地 熊本県葦北郡田浦町
投球・打席 右投・左打
身長・体重 181cm・81kg
プロ入り 2008年プロ野球ドラフト会議 2位指名
プロ初出場 2010年8月15日(対北海道日本ハムファイターズ)

中学在学時は軟式野球部に所属していて、ピッチャーとしてプレー

していて熊本県大会では優勝、九州大会では準優勝を果たしました。

鎮西高等学校に進学後は、自身の憧れのプロ野球選手松井稼頭央選手への

あこがれから野手に転向します。

1年春からベンチ入りを果たし、3年生になるとキャプテンを務めました。

熊本県大会優勝を果たしますが、全国大会出場は出来ませんでした

ホークス入団後や巨人へ移籍後

ホークス入団時

ルーキーイヤーである1年目は一軍戦出場はなく、ウエスタン・リーグでの

公式戦で61試合に出場して、打率.222 2本塁打という成績でした。

翌年の8月14日に一軍初昇格を果たすと、翌日の日本ハム戦に

1軍初出場しますが代走としての出場でした。首脳陣の目的は、

一軍を経験させることが目的でした。

巨人へ入団後

2012年のシーズン中に、久米勇紀投手と共に巨人へトレード移籍しました。

しかしながら、巨人に移籍1年目の2軍戦の守備で左肘靭帯断裂

してしまいました。

2年目は2軍で主に1番打者として起用され打率.296を記録し、

5月には移籍後初の一軍登録を果たし、千葉ロッテ戦で

プロ入り初ヒットを記録しました。

4年目は、5月の下旬頃に1軍に昇格すると5月の22打数だけで9安打

放ち首脳陣の信頼をつかみました。

リーグ後半戦はセンターのスタメンに定着し、8月の月間打率4割をマークすると、

規定打席未到達ながら打率.304を記録し、自身にとって飛躍の年になりました。

年俸推移や昨シーズンの成績

立岡選手の年俸推移も見てみましょう。

2009年 700万
2010年 700万
2011年 710万
2012年 600万
2013年 600万
2014年 1000万
2015年 900万
2016年 3600万
2017年 2900万

昨シーズンの成績は

試合数52 打率.229 本塁打2 打点9 安打43

自身の飛躍の年になった2015年から成績や年俸を上げていて、

今シーズンも開幕スタメンを果たしました。

ホークスではなかなか芽が出ませんでしたが、是非巨人の主力選手

として頑張ってほしいですね。


彼女はいる?

調べてみると、そういった情報はありませんでした。

巨人といえば、12球団で1番と言っていいほど、ファンが多い

人気球団です。

今後は巨人の主力選手としての活躍が期待されているので、

これからに注目ですね!!

トレード移籍した先の球団で活躍した選手はどれくらいいる?

うーん、この動画懐かしい!!奇跡の代打逆転満塁サヨナラホームラン!

北川博敏選手は、阪神から3対3のトレードで近鉄バファローズに移籍しました。

阪神時代は、芽が出ませんでしたが、移籍後は頭角を現し

キャリハイの成績は

打率.303 本塁打20 打点88 三振70 長打率.474

という成績を残しました。

矢野燿大選手は、中日ドラゴンズに入団時は、ルーキーイヤーから1軍の試合に出場するなど期待されていましたが、チャンスを活かすことが出来ず、阪神へトレード移籍しました。

阪神へ移籍後は、正捕手になり日本代表にも召集されました。

キャリアハイの成績は

打率.328 本塁打14 打点79 三振84 長打率.506

という成績を残しました。

他にも、江本孟紀さん(東映フライヤーズ(現:北海道日本ハムファイターズ)から南海ホークス(現:福岡ソフトバンクホークス)へトレード移籍)や、下柳剛さん(福岡ダイエーホークス(現:福岡ソフトバンクホークス)から北海道日本ハムファイターズへトレード移籍し、その後阪神タイガースへトレード移籍)などたくさんの選手がいます。

是非立岡選手には、巨人で大活躍していただき、ホークスに目に物見せていただきたいですね!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?これから主力選手として活躍が期待されている立岡選手。今後どんな活躍を見せてくれるか楽しみですね!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!