Sponsored Link

西舘勇陽(花巻東)出身中学や2019年ドラフト候補のスカウト評価、球速や球種についても

みなさんこんばんは、たかパパです。

今回は花巻東の1年エース西舘勇陽君を

紹介していきたいと思います。

花巻東といえば西武のエース菊池投手や

昨年まで日本ハムで活躍した二刀流の

大谷選手などの怪物を輩出してきた名門。

その怪物の系譜に新たに名を連ねるのが

西舘君です。

この春、新たな怪物が甲子園にどのような

伝説を残してくれるのか今から楽しみです。

ということで、西舘君について詳しく見て

いきたいと思います。

花巻東高校野球部2018メンバー、監督や注目選手も!
みなさんこんにちは、たかパパです!! 日本シリーズは終わってしまいましたが、 今年のパリーグも大盛上がりでしたね!! それ...

Sponsored Link

西舘勇陽君の経歴、出身中学について

西舘勇陽(にしだてゆうひ)君は、

2001年3月11日に岩手県一戸町生まれ。

一戸南小3年から野球を始め、一戸中を

卒業するまで軟式野球をしていました。

野球以外ではクロスカントリーを経験して

おり、3キロクラシカルで2位の好成績を

残しています。

クロスカントリーで培った足腰の強さが

野球にも生かされているのかもしれません。

野球では中学2年時には全国大会ベスト16。

ポテンシャルの高さを評価されて地元の名門

花巻東高校に進学。

1年夏からベンチ入りを果たしています。

デビューは秋の岩手大会のすべて救援登板で

4試合9回1/3を投げて2失点。

結果を残したこと東北大会では登板3試合の

うち2試合を先発。準々決勝の由利工業戦

では9回被安打2失点2で完投勝利。

東北大会決勝では8回に決勝の本塁打を浴び

敗戦投手となったものの3試合20回1/3を

投げ失点5、防御率1.33の好成績を残して

花巻東の準優勝と春の選抜枠確定に貢献。


引用元:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201710130000359.html

ちなみに花巻東の背番号17番は先輩である

西武菊池投手や日ハムからエンゼルスに移籍した

大谷投手も1年時に背負った出世番号です。

気になるスカウトの評価は?

プロスカウトの評価ですがまだ表に出ていません。

しかし、秋の鮮烈なデビューを受け、スカウトの注目を集める

存在になったことは間違いありません。

もっとも、まだ高校1年生です。

まだまだ荒削りなところがあり、2019年のドラフト候補に入るか

どうかは今後の成長によるところが大きいといえるのではないでしょうか。

ただポテンシャルはとてつもなく大きく、その才能に疑いの余地はありません。

春から秋の成長のペースを見れば、来年の夏には名を轟かす怪物になり、

ドラフト1位指名される選手になっていても不思議ではありません。

Sponsored Link

投球スタイルと球速や球種について

184センチ、76キロという恵まれた体格を生かし、しなやかな腕の振りから

延びるストレートを右上手から投げ込みます。

最速142キロであり、入学当時最速127キロという速球だったことを考えれば

その最高球速の伸びは驚くべきものがあります。

もっとも、直球よりも高く評価されているのが制球力と変化球の切れです。

変化球はスライダー、カーブ、スプリットを操りますが、特にすごいのが

決め球のスプリット。

ストレートと同じ軌道から急激に落ちる鋭い変化で空振りを奪います。

この変化球の切れは手先の器用さがもたらすものといえます。

花巻東の佐々木監督もその変化球を高く評価しています。

また、制球力も高く、四死球率は2.12と低く、1試合平均にすると1つ。

東北大会2回戦では6回を投げ5四死球を与える乱調も見せましたが、

準々決勝ではしっかりと修正し、9回を1四死球に抑えています。

1年生ながらその修正力の高さも魅力の一つとなっています。

まだまだ成長途上の1年生。

秋からこの春にかけて5キロも体重が増加していることから、球威・スピードともに

上がっていることが予想されます。

自身の目標球速は153キロ。春の選抜では、その目標にどれだけ近づけるか楽しみですね。

家族や彼女について

西舘君は両親と兄2人の5人家族。

家族とのエピソードやお兄さんの情報は今のところ見当たりませんでした。

また、気になる彼女ですがこちらも情報がありませんでした。

まだ高校1年生ということもあり、まだいないかもしれません。

もっとも、県内出身ということもあり、中学時代から付き合っている彼女がいれば

続いていても不思議ではありません。

家族や彼女について気になるところですが、今後わかり次第追記していくことに

したいと思います。

Sponsored Link

関連記事はこちら!

2018春の選抜(センバツ)甲子園出場校予想一覧!優勝候補予想や注目選手は?【随時更新】

2018年高校野球・投手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

2018年高校野球・野手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

その他高校野球に関する記事はこちら

まとめ

花巻東高校は6年ぶり3度目の出場となります。

前回の出場時は大谷投手を擁して優勝候補にも挙げられていましたが、

藤浪投手を擁した大阪桐蔭に敗退。チームとしてはインパクトを残すことが

できませんでしたが、大谷投手自身は藤浪投手からホームランを放ち、

甲子園に鮮烈なインパクトをもたらしています。

選抜では対戦相手に合わせて先発かどうかが決まると思いますが、

先発・救援問わず登板することは間違いないといえます。

甲子園デビューとなる登板でどんな姿を見せてくれるのか今から楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

この記事が気になったらシェアお願いします。更新の励みになります。

ツイッターフォローお願いします