Sponsored Link

日大山形野球部2018メンバー!注目選手や監督についても!

みなさんこんにちは、たかパパです。

春の甲子園開幕まで2ヶ月を切りました。

筆者としては待ち遠しい毎日を過ごして

いますが、今回は90回記念大会という事で

東北枠が3枠になり、東北地区大会で

ベスト4になった日大山形と能代松陽との

比較となりました。

日大山形は準優勝の花巻東に4-6の惜敗、

能代松陽は優勝した聖光学院に2-16の

大敗でしたので、筆者的には選出される

のは日大山形と確信していました(^^ゞ

そんな日大山形の2018年野球部メンバー、

注目選手や監督、出場校概要について

まとめてみました。

【関連記事はこちら】
2018春の選抜出場校一覧!優勝候補予想や注目選手は?

Sponsored Link

日大山形野球部2018メンバー!

以下、2017年秋季大会のメンバーです。

2018年春のセンバツまでにメンバーの

入れ替わり等があるかと思われますが、

随時追記していきます。

2018年メンバーという事で学年は1学年
繰り上げています。

背番号 名前 学年 位置 出身中学
1 田中涼大 3 投手 山形市立第一中・山形
2 渡部雅也 2 捕手 相馬市中村第一中・福島
3 榎本陸人 3 内野手 山形市立第一中・山形
4 齋藤史弥☆ 3 内野手 鶴岡第四中校・山形
5 高橋殿馬 3 内野手 真室川町真室川中・山形
6 西島好亮 2 内野手 仙台市七北田中・宮城
7 山田一登 3 外野手 山形市立第六中・山形
8 佐藤 亘 3 外野手 河北町河北中・山形
9 竹田空良 3 外野手 高畠町立第四中・山形
10 近藤皓介 3 控え にかほ市象潟中・秋田
11 佐藤洸太 3 控え 中山町中山中・山形
12 水戸 隼 3 控え 東根市立第一中・山形
13 橋本 魁 2 控え 山形市立第十中・山形
14 鹿野航生 2 控え 山形市蔵王第一中・山形
15 後藤幹弥 3 控え 寒河江市陵南中・山形
16 中坪豪汰 3 控え 横浜市霧が丘中・神奈川
17 土田龍太郎 3 控え 寒河江市陵東中・山形
18 信田拓人 3 控え 中山町中山中・山形
19 大石哲平 3 控え 天童市立第一中・山形
20 吉岡俊英 3 控え 角田市角田中・宮城

☆は主将です。

メンバー中15名が山形県出身者で、

県外出身者は福島1名、宮城2名、秋田1名

神奈川1名となっています。

基本的に地元出身者中心でチームが構成

されていますね。

荒木準也監督いわく

「県内出身者に拘りは無いし、良い子が

いたら県外でも」という考えだそうですが、

日大山形は寮が無いそうです。

※2014年時点情報です。

今の県外からの子たちは下宿暮らし?

日大山形野球部2018 注目選手は?

まず注目は秋季東北地区大会ベスト4の

原動力となった佐藤洸太君。

新チームの発足後にベンチ入りを果たし、

山形県大会では準々決勝山形学院との

対戦で1回を投げたのみでしたが、県大会

終了後にブレイク!

これまでエース番号を付けていた近藤投手の

調子が上がらずで、東北大会1回戦に先発。

9安打を浴びながらも完封勝利を果たし、

以後3試合に登板して22回1/3を無失点に

抑える好投を見せます。

準決勝の花巻東では13安打を浴び8回途中4失点。

で敗戦しましたが、ベスト4入りの原動力と

なりました。

もう一人の注目選手は主将の斎藤史弥君。

入学直後からベンチ入りし、2年春から

セカンドのレギュラーとして夏の甲子園

にも出場して6打数2安打3打点。

荒木監督からも「打撃センスはNo1」と

高く評価されています。

秋の新チームが発足した際には背番号10の

近藤皓介君がキャプテンでしたが、練習試合に

敗れた翌日に新キャプテンに立候補したそう。

東北(宮城)との練習試合に敗れた翌日の今月4日。2年生でただ1人、甲子園を先発で経験した男は選手間ミーティングで新主将に立候補。満場一致で就任した。

斎藤 今のままじゃ駄目だと思った。(前主将の)近藤(皓介、投手=2年)は優しく、人に厳しく言えてなかった。自分は率先してプレーで、チームを引っ張ってみせる。

新チーム始動1カ月弱での主将交代は異例だが、荒木準也監督(45)は平然としていた。近年、新チームの主将は選手間で決めさせている。9月に入って私用でチームを空けていた間に主将が替わり「さすがにビックリした」と苦笑いしたが、「斎藤がやるべきだと思っていた。楽しみ」と期待した。旧チームも4月に主将交代を経て甲子園出場を果たしただけに、驚きはなかった。

配慮もあった。斎藤は新エース近藤の調子が上がらないのを感じていた。「主将の重圧で本来のプレーができてなかった。近藤は主将じゃなくても、チームをまとめてくれる」と副主将に据えた。投打の2枚看板が体を張って、2季連続甲子園に導く。
出展元:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201709130000381.html

Sponsored Link

日大山形を率いる荒木準也監督とは?


出展元:http://www.yamacomi.com/4036.html

日大山形を率いるのが荒木準也監督46歳。

1971年寒河江市生まれ。

陵南中学から日大山形に進み、1988年夏に

外野手として甲子園出場。

卒業後、東北福祉大、プリンスホテルで野球を

続け、アトランタ五輪日本代表の最終候補にも

なったそうです。

プリンス野球部が解散する2000年に郷里に

戻り家業の鋼材リサイクル会社へ。

2002年に日大山形の監督に就任。

2006年夏に県勢初の甲子園8強入り、2013年

夏に初のベスト4入りを果たしています。

荒木監督の指導方針について、とあるトーク

ショーでの質疑の内容が面白かったので

こちらにもシェアさせて頂きます。

野球の面白さについて
・野球は個人スポーツではない、みんなと一緒に勝つために練習する
・ただし、勝つためだけに練習するのではないと思う。できないことをできるようになるために練習するのだと思う
・野球は1人ではできない、協力しながらやる
冬場のトレーニングについて
・「雪国だから…」と言われるのがイヤ
・雪の上でも練習をする(グラウンドの雪を長靴で踏み潰したりして)
・食べるのも練習、「食」に取り組む
・ウエイトトレーニングもやる、バットも振る(コーディネーター役の斎藤真由美さんから「技術先行だと、将来ケガで競技を辞めてしまう。」
どうやったら体が大きくなるか
・自分も中学の時は体が細かった
・日大山形の練習では、練習途中に20分間の捕食タイムを取っている。20分の間にごはん2合を食べさせている
・期待している子には、3リットルの弁当箱を渡し、2リットルのごはん、1リットルのおかずを持ってくるようさせている
・3食まんべんなく食べることが必要。朝食べる代わりに昼と夜で食べるのは駄目
・朝をしっかり食べるためには、早寝早起きが必要
・体が変われば技術が変わる。体が大きくなれば、技術を入れるための器が大きくなる。食べることも練習。
野球がうまくなるためには
・いかに自立できるかが大事
・スポ少や中学の部活だと、保護者がいろいろしてくれる。「そこまでしなくても」と思うときもある
・すべてに手を差し伸べるのではなく、自分自身でできるようにしていくことが大事
・自宅から通学している子よりも、寮生活をしている子のほうが自立していく
・小学生であれば、基本的な生活習慣ができるように。例えば、親子の会話やあいさつ「おはよう」「おかえり」、食べ終わったら食器を自分で片付ける、野球のユニフォームを洗濯する、など
・日頃の練習では「準備の充実なくしていい結果は出ない」と言い続けている
・本気の練習をしていけば、結果はおのずと付いてくる
・駄目だ駄目だと言ってるとホントに駄目になる。常にチャレンジすることが大事
引用元:http://www.ikechang.com/news/2014/news20140120.html

日大山形 出場校概要

1958(昭和33)年に山形第一として設立された

私立校。野球部は1958年創部で甲子園は

春が今回で4度目、夏17度出場。

監督 荒木準也
所在地 山形県山形市鳥居ヶ丘4-55
ウェブサイト 学校HP(リンク先開きます)

春の甲子園出場回数 36年ぶり4回目

甲子園の最高成績
春:3回(最高成績:2回戦/1982年ほか2回)
夏:17回(最高成績:ベスト4/2013年)

地方大会の成績
●東北大会準決勝:4-6 花巻東
○東北大会準々決勝:7-0 酒田南
○東北大会2回戦:1-0 仙台育英
○東北大会1回戦:7-2 学法石川
○山形大会3位決定戦:9-2 山形城北
●山形大会準決勝:3-7 酒田南
○山形大会準々決勝:11-0 山形学院
○山形大会2回戦:3-2 羽黒

他強豪競技 柔道、ボクシング、バスケットボール、水泳、サッカー、バレーボール、ラグビー、ハンドボール、スキー、テニス、ゴルフ、ダンスドリル

主なOB
奥村展征(ヤクルト内野手)
栗原健太(元広島ほか内野手)
石山智也(プロ野球審判員)

Sponsored Link

日大山形の関連記事はこちら!

2018センバツ(春の甲子園)出場校予想一覧!優勝候補予想や注目選手は?【随時更新】

2018春の選抜(センバツ)出場各校野球部メンバー、注目選手や監督情報まとめ!

2018春の選抜甲子園のイケメン選手まとめ

その他高校球児・高校野球に関する記事はこちら!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

昨年夏の甲子園では無念の初戦敗退と

なりましたが、その試合で3打点と唯一

気を吐いた齋藤君が主将になって選抜の

舞台に戻ってきます。

投手陣も東北大会で覚醒を果たした佐藤君

など粒ぞろいですので、ツボにはまれば

上位進出も見えてくるのではないでしょうか。

春の舞台での躍進に期待したいですね。

最後まで読んで頂き有難うございました。