引地秀一郎(倉敷商業)出身中学やスカウト評価、球速球種、家族や彼女についても!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは、たかパパです。

今回は倉敷商業高校の引地秀一郎投手に

ついてお話しようと思います。

長身を活かして最速151kmのストレートを

投げ込み、本格派右腕としてスカウトたちが

注目しています。

まだまだ技術的には足りませんが

力のある真っ直ぐはとても魅力で

阪神スカウトなどが熱視線を送っていると

いう話も出ています。

1年生の時からベンチ入りを果たすなど能力の

高さを買われており二年生となった今では

エースとしてチームを引っ張る存在に。

そんな引地投手について考察したいと思います。

スポンサードリンク

引地秀一郎(ひきじ・しゅういちろう)投手の経歴、プロフィール


出展元:https://gunosy.com/articles/aCQhv

生年月日 2000年
出身 岡山県岡山市
出身校 高松中学校→倉敷商業高等学校
身長・体重 185cm/82kg
右投/右打

引地君は岡山市出身で、高松中学では

軟式野球部に所属していて主戦投手として

活躍していました。

中学3年生の時は県大会準優勝を果たし、

敢闘賞を受賞しています。

中学時代は軟球で最速137キロを出し

注目を集める投手でした。

倉敷商業に進学すると1年からベンチ入り。

背番号は「11」でした。

1年夏の予選2試合の先発を任され

8回、10安打、5三振、3失点という内容。

準決勝では0対5の完封負けを喫するなど

チームは悔しい敗退。

翌年2年春には引地投手はエースとして

活躍し、チームの県大会4強進出に大いに

貢献しました。

引地投手は

「変化球も混ぜるけど、直球で押していきたい。豪快さがあって、誰も手が付けられない投手になって、チームを勝たせられるようになりたい」
出展元:https://blogs.yahoo.co.jp/manabugaku1479/37219644.html

現段階での最高成績は県内ベスト4で、まだ

甲子園出場経験はありません。

スポンサードリンク

引地投手のスカウト評価や球速球種について

阪神の山本スカウトは

「上半身であれだけのボールを投げられるから

これから楽しみ。

下半身の使い方を覚えればもっと球速が出る」と

コメントしています。

今はまだフォームとしては上半身主導で

下半身をうまく使えておらず

これから下半身を重心においた投球フォームに

修正していければ面白い投手になりそう。

これからどれだけ成長することができるのか。

非常に楽しみな投手です。

動画を貼っておきますね。

50秒あたりで投球が始まります。

上半身主導の投球ファームは1分のところを

見ていただけたらわかるかと思います。

上半身主導で力強いボールを投げていますが

下半身主導に変えることで一気に凄みが

変わる予感を感じる投手です。

引地投手の一番の特徴は最速151キロの

ストレート。その他の球種はスライダー、

カーブ、フォーク。

最大の武器である直球には強いこだわりが

あり、森光監督からは

「日本で一番速いボールを投げられるようになれ」と

言われていて、球速、キレを含めて世代No1の

直球を目指しているそうですよ。

スポンサードリンク

引地投手の家族や彼女について

引地投手の家族や彼女について調べて

みましたが、情報は有りませんでした。

これからの活躍次第で公になるかも

しれませんし

今後の動向について目が離せませんね。

まとめ

今回は倉敷商業の引地投手についての

お話でした。

最速151キロと投げっぷりの良い投手で

本格派右腕として期待されている投手。

来年に向けてしっかりと体を作って

夏の甲子園で投げる姿を見たいですね!

今回は以上で終わりたいと思います。

最後まで読んで頂き有難うございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする