森下翔太(東海大相模)2018ドラフト候補のスカウト評価や通算本塁打は?家族や彼女についても!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは、たかパパです!

今回は東海大相模の森下翔太選手に

ついてお話したいと思います!

大阪桐蔭の根尾君や藤原君、報徳学園の

小園君など、2000年生まれのミレニアム

世代の球児たちはきらめく才能の持ち主が

数多く居ますが、今回ご紹介する森下君も

全国区の強豪校である東海大相模で1年の

時から4番を任される強打者で、力強い

バッティングが魅力です。

一部では東日本No1スラッガーの呼び声も

高い森下翔太選手について考察して

いきたいと思います。

スポンサードリンク

森下翔太(もりした・しょうた)選手の経歴、プロフィール


出展元:http://www.asahi.com/articles/photo/AS20170724002304.html

生年月日 2000年8月14日
出身 神奈川県横浜市
出身校 日限山中学→東海大相模高等学校
身長・体重 180cm/74kg
右投げ右打ち

森下君は5歳の時に野庭フェニックスと

いうクラブチームで野球を始め、

日限山中学に入学すると戸塚シニアで

4番サードを任されるなど強打者として

小さい頃から試合に出ていました。

中学までは内野手でしたが、東海大相模に

進学して外野手へコンバートとなります。

神奈川屈指の強豪校である東海大相模で

1年秋の予選初戦から4番センターとして

試合に出場し、5回裏にタイムリーを放ち

ましたが、その後は打率.222と振るわず、

準々決勝でスタメン落ちを経験します。

1年秋予選から4番センターに定着。

2年春は県大会優勝、関東4強に進出するなど

チームに大きく貢献する働きぶりでした。

県大会準決勝でレフト方向に場外弾を放ったり

関東大会初戦で4安打と大暴れするなど

得意のバッティングで大アピールしています。

スイングが速く、飛距離が魅力の選手です。

打ち損じなどムラは多いですが当たった時の

力強い打球は魅力で技術に磨きがかかれば

とても面白い選手になれそうです。

高校通算本塁打は2017年11月3日時点で

42本打っていて、すでにスカウトも注目する

選手です。

これは余談ですが中学時代、森下選手は

進学先をどうするか悩んでいたそうです。

横浜か東海大相模か。

そんな迷いの中で中学でチームメイトであり

ライバルだった斉藤大輝選手がおり

斉藤選手が進学先を横浜に決めたということで

森下選手はライバルである斉藤選手のいる

チームに勝って甲子園に行きたいと考えて

東海大相模進学を決めたそうです。

森下選手、そして齊藤選手の今後の動向に

目が離せませんね。

スポンサードリンク

森下選手のスカウト評価やドラフト先は?

早い段階から強豪校である東海大相模の

4番を打っていますのでスカウトたちも

目を光らせています。

中日・佐藤充スカウト
「今夏の横浜スタジアムで打った本塁打はスゴかったです。スケールの大きさを感じます。シュッとした感じで動けそうですし、右打ちの外野手で本塁打が打てるのは大きな魅力です。

DeNA・稲嶺スカウト
「リストが強くてヘッドをうまく利かせられる。来年のドラフト候補」

健大高崎の山下君の記事でも書きましたが、

最上級生になる来年の成長と活躍次第で

より一層プロスカウトの注目を集める選手に

なりそうですね!

森下選手の家族や彼女について

森下選手の家族や彼女など、プライベートに

ついて探ってみたのですがそれらしい

情報はありませんでした。

東海大相模は強豪校ですから彼女などは

作る余裕はないと思いますが

家族についてのエピソードも

今後の展開によって

開示されるかもしれませんね。

まとめ

今回は東海大相模の4番打者の

森下選手についてのお話でした。

長打に魅力がある選手で

まだまだ荒削りな部分はありますが

とても楽しみな選手。

これからの成長に期待したいところですね。

では、今回は以上で終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする