SPONCERD LINK

美馬学(楽天)投球スタイルや年俸や年次成績、嫁や子供も気になる!

どうもこんにちは、たかパパです。

昨年5位だった楽天イーグルスが絶好調ですね。

怪我人が多いとはいえ、圧倒的な戦力を誇っている

ソフトバンクと激しい首位攻防戦を繰り広げています。

1番の茂木がとても調子が良く、2番にペゲーロという

ホームランバッターを置くなど梨田監督の采配が

冴え渡り7月に入ってもマイナス0.5差という

珍記録を残すなど一進一退の攻防。

そして今年は投手陣も安定しています。

とくに美馬投手は安定感が抜群、今年はWBCの影響で

開幕投手を辞退した則本投手に代わって美馬投手が

開幕投手に選ばれるなど信頼は絶大。

今年はさらに磨きがかかったように思います。

今回は美馬投手についてお話したいと思います。

↓パリーグ選手の人気記事はこちら↓

プロ野球イケメンランキング2017!男前は誰だ!?各球団トップ3を選出!【パリーグ編】
いよいよ開幕した2017年度のプロ野球! WBCという事前の景気づけ的なイベントを経て盛りあがっての 開幕ですので非常に興味深い...


美馬投手の経歴、プロフィール


出展元:https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2013/10/30/09/

名前 美馬学(みままなぶ)
生年月日 1986年9月19日
出身 茨城県北相馬群藤代町
出身校 茨城県立高等学校→中央大学
身長/体重 169cm/75kg
右投/左打
2010年ドラフト2位

2011年、唯一のルーキーの開幕一軍登録されました。

4月23日、日本ハム戦で同点で迎えた九回表、1イニングを

2奪三振を含む三者凡退で抑え、その裏にチームが

サヨナラ勝ちしたことで初勝利が舞い込んできました。

しかし6月に右肘の痛みを感じて抹消します。

2012年は先発に転向しました。

5月13日のオリックス戦で勝利すると、5月28日には

ヤクルト戦で初完投勝利を収めます。

エース級とばかり当たっていたこともあって

負けが続きましたが規定投球回に到達し、

8勝10敗、防御率3.08と好投しました。

2013年、先発ローテーションの一角として投げるも、

調子が上がらず。

5月23日、巨人戦で一回6失点で降板し、二軍行き。

7月28日に一軍復帰も、しばらくして怪我が再発して二軍へ。

10月19日に一軍へ上がるとクライマックスシリーズ第3戦で

先発、完封勝利を果たします。

日本シリーズで第3戦で先発、6回表、阿部選手の打球に当たり、

降板しますがその日は4安打無失点の好投でした。

2014年は精彩を欠いた悔しいシーズンに。

2015年は右肘の関節炎でクリーニング手術を受けました。

2016年はローテーションを最後まで守るも好不調の波があり、

防御率はワースト2位の4.30という結果に。

2017年、チームの確変とともに、美馬投手も飛躍を遂げます。

WBCの影響で則本投手が登板回避し、岸投手も怪我で

投げられないということで美馬投手に開幕投手を任されました。

そして開幕戦、6回3失点と好投でした。

勝ちはつきませんでしたが、それからは先発登板5試合で4勝と絶好調。

7月に入った今も安定感あるピッチングを続けており、

今年はオールスターにも選ばれています。


美馬投手の年俸、成績

美馬投手の今季の年俸は5000万となっています。

以下年俸推移となります。

2011年 1200万
2012年 1600万
2013年 3100万
2014年 4000万
2015年 3700万
2016年 3500万
2017年 5000万

イメージではもう少しもらっている印象がありましたが、

改めて過去の成績を見てみると怪我も多いので

妥当なところでしょうか。

今年はずっと順調にいってるのでこれからも調子を

維持していけば大幅アップも見込めますね。

そんな美馬投手ですが、今年の成績がこちら。

15登板、7勝2敗、防御率2.46

いっとき美馬投手は岸投手よりも防御率が低い時があり、

エース級に劣らずの内容でした。

ほとんど試合を崩すことがないので防御率が悪くならないのが

今年の印象ですね。

2敗しかしていないのが頼もしいですね。

則本投手、岸投手に並ぶ、三本柱として大車輪の活躍を見せています。

美馬投手の投球スタイル。中田翔選手のデッドボールについて

美馬投手は小柄ながらストレートが最速で153km/h出ます。

よって力で押す投球もできるのですが、コントロールが良いので

ストレートと変化球のコンビネーションでアウトを取っていくタイプです。

変化球はスライダー、カーブ、シュート、フォークと持っており、

スライダーは鋭く落ちてカーブは打者のタイミングを狂わせます。

とても多彩な変化球でそれぞれコントロール良く、緩急も使った投手で、

力勝負よりは配球の組み立てのうまい投手ですね。


そんな美馬投手ですが、日本ハムの中田翔選手と実は

いざこざがあります。

2013年の8月21日の日本ハム戦で、美馬投手は中田翔選手に

デッドボールを当てており、中田選手は左手第5中手骨に

亀裂骨折を負い、残りシーズンをほぼ棒に振りました。

その当時のことを2014年3月のある番組で

「避けようと思えば避けれる」とコメントしていました。

そして2017年4月29日の日本ハム戦で再び、美馬投手が

中田翔選手にデッドボールを当ててしまい、一触即発の

ムードとなりました。

番組での発言があって、美馬投手に対して中田翔選手は

激昂していたようです。

強打者にインコースを投げるのは宿命でもありますので

デッドボールは致し方ないとは思うのですが、番組での

発言が聞き捨てならないのでしょう。

何にしても乱闘騒ぎにならなくてよかったですね。

美馬投手の嫁はハーフ?

美馬投手はプロ四年目に結婚しています。

優勝した次の年ですね。

美馬投手もかなりの活躍だったので少し心に余裕ができたのでしょうね。

お相手はアメリカ人と日本人のハーフでサントスアンナさんという方です。

彼女は歌手や女優などをしている方みたいですね。


出展元:https://ameblo.jp/santosannaaloha/

どうやら知人の方の紹介で知り合ったそうです。

これからも家族を支えに頑張ってもらいたいですね。

今のところ二人の間に子供は居ないようです。

美馬投手も今が大事な時期ですし、アンナさんの芸能活動の

兼ね合いもありますので、子供に関してはもう少し先でしょうか?


まとめ

今年の楽天は投打ともに活躍。

さらに来年を上回る美馬投手の活躍で先発の層が一気に厚くなりました。

まだまだペナントレースは分かりませんがこの調子で頑張ってもらいたいですね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

記事が価値のあるものと感じて頂けましたら下記より

シェアいただけると嬉しいです。

Sponcerd Link

この記事が気になったらシェアお願いします。更新の励みになります。

フォロー宜しくお願いします。