細川拓哉(明秀学園日立)出身中学やスカウト評価、球速球種、家族や彼女についても!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちわは、たかパパです!!

そろそろ今年も終わりを迎えますが、

今年の甲子園はご覧になりましたか?

今後の野球界を担うであろう選手たちが、

躍動してましたね!!

そこで、今回は来年の高校野球界でも注目を

集める逸材、明秀日立の細川拓哉選手に

ついてまとめましたので是非ご覧ください。

スポンサードリンク

細川拓哉(ほそかわ・たくや)選手のプロフィールや経歴

出典:http://www.cupsulebaseball.xyz/entry/2017/10/14/092745

名前 細川 拓哉

出身地 茨城県北茨城市

身長・体重 175kg・75cm

投球・打席 右投・右打

在学中の高校 明秀学園日立高等学校

小学1年生から野球をはじめ、中学時代は

強豪であるいわきシニアに所属。

明秀学園日立高校に進学してから本格的に

ピッチャーに転向します。

2年生の秋からエースの座を掴み取り、秋の大会の

全9試合に登板し、県大会優勝、関東大会準優勝に

大きく貢献します。

細川投手の球速球種、通算本塁打は?

最速144km/hのストレートを軸に、スライダー、

カーブの変化球を得意としています。

夏には150キロに到達するのではないか?

という声も見られますね。

打撃は、クリーンナップを務めるなどパンチ力の

ある右打者です。高校通算本塁打は9本です。

(2017年11月時点)

スカウトからの評価は?

「大谷君とは違ったタイプの二刀流の選手ですね。高校時代の大谷君ほどの長打力は無いが、ミート力は細川君の方があると思いますね。ピッチャーとしての素材もなかなか面白いので、私的には、セ・リーグで見てみたいですね。」

「選手としては中々面白いですが、体がまだプロの体ではないので、そこは問題ですね。体を大きくして、制球力などを鍛えれば、素晴らしい野球選手になれる。」

「元々野手ということなので、打撃力もありますし、ピッチャーとしてもまずまずで将来が非常に楽しみな選手ですね。内野の守備を見たことないので分かりませんが、野手としての細川選手も見てみたいくらい、いい選手ですね。」

スポンサードリンク

細川選手の兄は横浜細川成也、彼女についても!

細川選手にはお兄さんがいます。そのお兄さんはプロ野球選手なんです。

その選手の名前は、プロ初打席でホームランを放った横浜DeNAベイスターズの細川成也選手なんです。

細川選手は、お兄さんと同様にプロの世界に挑戦されるのでしょうか?楽しみですね。

そして、細川君の彼女についての情報はありませんでした。

またお兄さんのようにプロ入りしたら情報が出てくるかも

しれませんね!

どこの球団が指名しそう?

お兄さんの細川成也選手は、現レギュラーの、筒香選手・桑原選手・梶谷選手を脅かす存在として、秋季、春季キャンプを送ると思います。

そのお兄さんと同じプロの世界に挑むとしたら、どこの球団が指名するのでしょうか?筆者なりに推測してみました。

1つ目の球団は、東京ヤクルトスワローズです。昨・今シーズン怪我人が続出し、ヤ戦病院と化したヤクルト。野手は怪我人が復帰すれば、かなりの強力な打線になりますが、投手陣はいまいちパッとしません。投手陣を支えた石川選手や、館山選手にはいつまでも頼ってはいけません。投手としてはもちろん、野手としても定評のある細川選手は欲しいのではないでしょうか?

2つ目の球団は、中日ドラゴンズです。かつては”投手王国”として確固たる地位を築いていた投手陣も昨今は、あまりパッとしていません。野手陣は、レギュラーさえ固定できれば、強力な打線にはなると思いますが、投手陣は中々、力不足を否めません。ということで、細川選手は欲しいのではないでしょうか?

3つ目の球団は、千葉ロッテマリーンズです。昨シーズンは、なかなか打線、投手陣ともに奮わず悔しいシーズンに終わりました。野手も投手も補強が急務の千葉ロッテ。投手でも野手でもある程度定評がある細川選手は欲しいのではないでしょうか?

あと条件さえ合えば、若手内野手の育成が急務の福岡ソフトバンクホークスも条件さえ合えば、指名されると思います。

細川拓哉選手の関連記事はこちら!!

2017明治神宮大会(高校野球)出場校一覧、日程、対戦組み合わせ、結果速報【随時更新】

2018センバツ(春の甲子園)出場校予想一覧!優勝候補予想や注目選手は?【随時更新】

その他高校球児・高校野球に関する記事はこちら!

まとめ

いかがでしたでしょうか?プロからも注目されている細川選手。プロの世界に挑戦されるのでしょうか?楽しみですね。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする