SPONCERD LINK

吉住晴斗(鶴岡東)がソフトバンクに一位指名!球速球種、伸びしろも考察

どうもこんにちは、たかパパです!

今回はソフトバンクのドラフト1位

ルーキー吉住晴斗投手について

お話したいと思います!

ソフトバンクは清宮、安田、馬場と

3選手をクジで外して最終的に

単独で獲得したのが吉住投手。

言うなれば外れ外れ外れ1位という

奇異な巡り合わせ。

吉住投手もまさか1位とは思って

いなかったのではないでしょうか。

しかし、吉住投手はドラフト1位に

恥じぬポテンシャルの持ち主で

本格派右腕と言われています。

立派な体格で力のあるボールを投げる投手で

将来性を感じての獲得でしょう。

ソフトバンクは将来を担う投手が多く、

近い将来、吉住投手もソフトバンクを

支える投手になっているかもしれません。

そんな吉住投手についての考察を

始めたいと思います。


吉住晴斗投手の経歴やプロフィール


出展元:https://live-sports.yahoo.co.jp/special/baseball/amateur/player/2017_hs_pitcher/yoshizumi_haruto

生年月日 2000年3月12日
出身 山形県鶴岡市
出身校 鶴岡東高等学校
身長・体重 185cm/85kg
右投/右打

吉住投手は小学三年生の時に野球を

始め、鶴岡第二中学では軟式野球部に

所属。

鶴岡東高校に入ると1年秋からベンチ入りを

果たします。

2年生の時に甲子園を経験しており

1回戦いなべ総合戦で救援登板し、

甲子園のマウンドを踏みました。

3年夏は山形大会3回戦で敗退と

悔しい結果に終わります。

吉住投手は先発と中継ぎ共に経験豊富。

ソフトバンクはこれからどんな投手に

育て上げるのか非常に楽しみですね。

吉住投手の球速球種やスカウト評価、大化けする?

吉住投手は恵まれた体格を武器に

力強い真っ直ぐを投げる本格派右腕。

最速151kmのストレートを軸に

スライダー、チェンジアップ、カーブを

投げます。

体がとても柔らかく、バネがあるため

ボールはとてもキレがありスピンの効いた

真っ直ぐを放ります。

しかしながら課題は多く

効率の悪いフォームをしており

制球難やボールに上手く力を乗せる技術が

足りないとプロは指摘しており

逆にそれが吉住投手の伸びしろを感じます。

今でも十分馬力はあるのですが

技術を兼ね備えればさらに飛躍することは

間違いなし。

さらに吉住投手はそこまで肩を酷使して

いないので上手く育てればビッグな

投手になりそう。

吉住投手は憧れの投手が藤川球児とのことで

ビデオをよく見て研究しているようです。

先発でも中継ぎでも与えられた場で輝けそうな

投手ですが、ソフトバンクはどのような投手に

育て上げるのかとても楽しみですね。

ソフトバンクの作山スカウトと工藤監督の

コメントを載せておきますね。

ソフトバンクの作山和英スカウトは
「1位指名には本人も驚いたと思うが、投球の映像を見た工藤監督も身体能力を気に入り、球団として相応の評価をしたまでだ。持ち前の闘争心と、勢いのあるストレートでバッターをねじ伏せる投手になってほしい。いずれはホークスのエースに」

と語っていて、

ソフトバンクの工藤監督も
「今はまだ細いところがあるけど体にバネがある。昔でいうと渡辺久信選手のように直球で押していける投手」

ソフトバンクといえば、育成からエース格に

上り詰めた千賀投手や、今年ブレイクした

石川投手などが居ます。

ある掲示板では「148キロ投げれるなら

ソフトバンクに入れば球速プラス5キロは

余裕だな」などとも語られています。

肩の酷使が無く、体格もあるのでしっかりと

下で体を作ってきたらどうなるか楽しみ

ですね!


まとめ

今回はソフトバンクのドラフト1位ルーキー

吉住投手についてのお話でした。

会場で誰か1人、吉住投手の名前が挙がって

叫んでいる人がいましたがあれはもしかすると

よく逸材を見つけてくれた!

という声だったのかもしれません。

吉住投手は素材としては一級品ですから

あとは育成が上手くいけばというところでしょう。

過去に島袋投手を獲得した時はかなり期待

していたものですが、実は大学時代に

酷使されてしまい、プロに入ってからは

2軍暮らしが長く 1軍の舞台にはあまり

上がれていませんでした。

そういう意味で吉住投手は早くにプロの

世界に飛び込んでソフトバンクという

育成の上手い巨大組織に入団できたのは

幸運だと思います。

投手にとって肩は命ですからね、

これからソフトバンクで最短距離で

ステップアップして

投手として磨きをかけてほしいところ。

今後の動向が気になりますね。

では、以上でお話を終わりたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました!