SPONCERD LINK

大和(阪神)守備職人の本名や年俸や嫁が気になる!2017オフに国内FA獲得で移籍先は横浜?オリックス?

みなさんこんにちは、たかパパです。

今シーズンのプロ野球もいよいよ大詰めを

迎えてきました。

そして早くも今シーズンオフの選手の移籍に

注目されていますが、今回はFA権取得可能な

注目選手のひとり阪神タイガースの大和選手

について調べてみました。


大和選手の本名・プロフィールや入団まで

出典:https://www.daily.co.jp/newsflash/tigers/2014/10/28/0007457362.shtml

名前 前田大和(まえだやまと)
登録名 大和
生年月日 1987年11月5日
出身地 鹿児島県鹿屋市
身長・体重 177cm・68kg
投球・打席 右投・両打
プロ入り 2005年プロ野球 高校生ドラフト会議4位指名
プロ初出場 2009年4月15日(対中日ドラゴンズ)

小学生のころに地元のクラブチームに入団して

野球を始めます。

地元鹿児島の強豪校である樟南高校に進学し、

1番ショートとして、1年・3年夏の甲子園に

出場し、3年生の時にはベスト8になります。

2005年に行われたプロ野球高校生ドラフト

会議にて、甲子園でのプレーを観戦していた

当時阪神の監督を務めていた岡田さんに

注目されて阪神タイガースから4位指名で

入団します。

入団後

ルーキーイヤーである1年目は入団前から

高く評価されていた守備でアピールをし続け、

2軍で2番ショートとしてレギュラーに定着。

フレッシュオールスターゲームにも出場を

果たします。

4年目には自身初の一軍登録され主に代走・

守備固めとして起用されます。

5月31日の日本ハム戦で延長12回サヨナラの

チャンスで打席に立った際、一球もスイング

せず三振に倒れたことにより翌日に降格。

7年目は、後半戦以降は上本選手と共に俊足の

1・2番に定着し、シーズンを通して初の

100試合以上に出場します。

8年目に開幕からレギュラーに定着しますが、

極度の打撃不振やケガなどの影響で一軍の

公式戦に前年を下回る104試合に出場でしたが

自身初の規定打席に到達します。

9年目には5月14日の広島戦で、プロ初の

ホームランを放ちます。

シーズン終了後には自身初のゴールデン

グラブ賞を外野手部門で受賞します。

10年目は3年連続の開幕戦スタメン出場を

果たしますが、打撃不振や若手の台頭などの

影響で主に代走や守備要員として出場します。


昨シーズンの成績や年俸推移

昨シーズンの成績は

出場試合111、打率.231、本塁打1、打点20、出塁率.270、三振53、失策4

年俸は

2006年 480万
2007年 480万
2008年 500万
2009年 550万
2010年 1300万
2011年 1500万
2012年 1400万
2013年 2400万
2014年 4800万
2015年 6500万
2016年 5300万
2017年 5000万

結婚してるの?

大和選手は2013年の10月に元アナウンサーの

原麻理子さんとの婚約を発表されました。

交際期間は2年間だそうです。

2015年にはお子さんも誕生されたそうです。

馴れ初めはなんでも大和選手の一目惚れだそう。

交際中の2013年シーズンに大和選手は死球を

受けて骨折しました。

このシーズン、大和選手は前半戦は打撃不振が

ありスタメン落ちなどを経験し、そして徐々に

調子を上げてきたらデッドボールによる怪我で、

2軍に降格と悔いが残るシーズンでした。

しかし、忙しい合間を縫って東京から大阪まで

駆けつけてくれた麻理子さんの手助けがあった

からこそ、翌年には日本一こそ逃しますが、

自身初のゴールデングラブ賞を受賞できたの

ではないでしょうか?

金本監督が就任して以降、若手選手が台頭して

きています。

ぜひ大和選手には、若手に負けない元気溢れる

プレーでチームをリーグ優勝・日本一に導いて

いただきたいですね!!


FA権は行使しそう?

出典:https://www.daily.co.jp/newsflash/tigers/2016/05/05/0009053631.shtml

7月下旬からはショートのレギュラーとしてプレーを

している大和選手。しかし糸原選手や北条選手などの

若手選手の出場機会が今後は増えてくると思います。

大和選手は外野の守備も申し分ないですが、

やはり外野であれば高山選手や中谷選手などの

若手選手に出場機会を与えたほうが阪神にとっては

今後プラスになると思います。

しかし阪神としても、守備は申し分ない一流選手を

そう簡単に手放したくないはずです。

実際に球団は今シーズンオフに「全力で残留要請を

行います。」と表明しています。

あとは本人次第ですから、どうなるのでしょうか?

仮に、大和選手がFA権を行使した際、獲得に

名乗りを挙げそうな球団を予想してみたいと思います。

まず一つ目の球団は、横浜DeNAベイスターズです。

理由は、倉本選手の守備が不安だからです。

ショートのレギュラーとしてプレーしている倉本選手。

打撃面ではまずまずなんですが、守備が上手いとは

言えません。

昨シーズン倉本選手は、失策6 守備率.989と一見は

悪くはありませんが、UZRという指標

UZRとは?
同じリーグの同じ守備位置の選手が守る場合に比べて、守備でどれだけの失点を防いだかを正確に数値化したもの。0が平均的な選手で+であればその分失点を防げたという意味で、-であればその分失点されたということを示す。

倉本選手のUZRは、-11.7と12球団のショートの

選手の中で、ぶっちぎりに低いです。

同じセ・リーグのショートである巨人の坂本選手は

15.1と圧倒的な数字を残しています。

今後優勝争いするうえで、倉本選手のUZRの

数値の低さは非常に致命的です。

今すぐ守備が上手くなるということはほぼ不可能

なので、大和選手と契約して守備固め要因として、

そして倉本選手との競争相手としても契約

するのはいいのではないでしょうか?

2つ目は、読売ジャイアンツです。

ジャイアンツは、なかなかセカンドを固定

できずにいます。

資金豊富ですし、獲得して損はないと思います。

オリックスはレギュラー確約として

第一候補に挙がっていますね!


大和選手の関連記事はこちら!

阪神タイガースの同僚たちの記事はこちら!

最後に

いかがでしたでしょうか?

守備職人の大和選手は今シーズンオフ

にFA権は行使するのでしょうか?

どうなるか注目したいと思います。

最後まで読んで頂き有難うございました。

Sponcerd Link

この記事が気になったらシェアお願いします。更新の励みになります。

フォロー宜しくお願いします。