SPONCERD LINK

山口航輝(明桜)2018年ドラフト候補のスカウト評価や球速球種、家族や彼女についても気になる!

どうもこんにちは、たかパパです!

今回は秋田の明桜高校の二刀流である

山口航輝(やまぐち・こうき)選手に

ついてお話したいと思います。

投手としてはキレのあるストレートと

変化球が魅力で、どちらでも勝負にいける

投手ですね。

球持ちの良いストレートは誰もが認める

ところであとはコントロールを磨くだけ。

今回は山口選手の出身中学やスカウト評価、

球速球種、家族や彼女について調べて

見たいと思います。


山口航輝選手の経歴やプロフィール

「山口航輝」の画像検索結果
出展元:https://twitter.com/smalto19/status/872911494094086144

出身 大阪府箕面市生まれ
出身校 加美中学⇒明桜高等学校
181cm/85kg
右投/右打

小学1年から平野エンゼルスで野球を始め、

加美中学時代はナガセボーイズで投手を

していました。

秋田の強豪校である明桜高校に進学し、

1年夏から控えとしてベンチ入り。

翌2年春の予選で4番の座を掴み、

秋田大会4試合で8安打、打率.667、本1、

打点6の実績を残します。

準々決勝の横手戦で苦手としていた外角球を

右翼席に放り込む本塁打をマーク。

徐々に成長を示していきます。

背番号「11」を貰い4試合中3試合に登板し、

計18回で16K、8安打0封の好成績。

準々、横手戦で7回0封勝利を収め、決勝、

能代松陽戦で最速145kmをマーク。

東北大会初戦2回戦、八戸学院光星戦で

8回7安打8三振2対3完投という素晴らしい

内容で勝ちました。

2年生の夏は秋田県大会決勝へ進み、チームは

甲子園出場を果たしますが、自身は決勝戦で

右肩を負傷して甲子園には出場できません

でした。


山口選手の球速や球種

181cm85kgという恵まれた体格の投手兼右翼手。

最速146kmの威力ある直球を武器とする本格派で

他にも変化球でも勝負できる投手。

スライダー、カーブ、ツーシームなど変化球を放り、

多彩な投球プレーもみせられます。

1年秋時点で最速140kmに到達しており、

2年春の秋田大会決勝で145kmをマークしています。

フィジカルトレーニングで球質やボールの

キレを磨き、スピードも右肩上がりで伸び続けています。

パンチ力のあるバッティングもウリで

エースで4番と、二刀流を成し遂げ

チームを牽引しています。

投打で牽引する2018年ドラフト候補、通算11発と

いう野手としての素材の良さも見せつけて、来年は

さらなる飛躍を目指しています。

投球の動画です。

下半身がしっかりしているので

ボールにしっかり力が乗っています。

あとは上半身と下半身をバランスよく使えるようになれば

スピードも出て力強さも増すと思います。


家族や彼女について

山口選手について色々と調べてみましたが

プライベートの情報はまだ出回っていませんでした。

山口選手はドラフト注目の選手なので

まだ交際など恋愛にうつつを抜かしている

暇はないと思うので彼女はいないでしょうが

家族については今後、公になるかもしれませんね。

スカウト評価について

こちらもスカウト評価はまだ出回っていませんでしたが

山口選手の周りの評価は高く、

とくに投手としては

ストレートのキレや変化球を武器にできる

完成度の高さ、素材の高さを評価されています。

ただ怪我をしているようで

秋田大会の決勝で肩を怪我しており、

そのあとまだ怪我の不安をぬぐいきれていない状況。

本人も焦りはあるかもしれませんが

じっくり治してもらい、

万全の状態で試合に臨んでもらいたいですね。

ドラフトでも注目を浴びていますが

怪我の状態もあってもしかすると名前が

上がらない可能性もあります。

進学という道で才能を開花させ、

満を持してドラフトに向かうのも

十分ありだと思うので自分のポテンシャルを

大切にしてもらいたいですね。


山口選手の関連記事はこちら!

2018春の選抜(センバツ)甲子園出場校予想一覧!優勝候補予想や注目選手は?【随時更新】

2018年高校野球・投手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

2018年高校野球・野手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

その他高校野球に関する記事はこちら

まとめ

今回は山口選手についてのお話でした。

潜在能力の高さをうかがわせる

二刀流ですが怪我が少し不安視する声もあります。

スポーツ選手の天敵は怪我ですから

しっかり完治して才能を開花してもらいたいですね。

では、今回は以上で終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!