SPONCERD LINK

筒香嘉智(DeNA)成績や年俸、メジャー移籍について、双子の姉や彼女についても気になる!

どうもこんばんは、たかパパです。

昨年のセリーグ本塁打王のDeNAベイスターズの筒香選手がかなり不振に

陥っていますね。6月3日でようやく34打席ぶりに安打が出ましたが、

ここまで長いことヒットが出なかったことはないでしょうから、状態はかなり

深刻とみていいでしょう。

混戦模様のセリーグですがここへきて、阪神と広島が頭一つ抜けてゲーム差も

徐々に離れていってるのが分かります。

ラミレス監督は交流戦に入って1勝4敗でも順位があまり変わっていないと、

前向きなコメントをしていますが、このままでは交流戦を明けた頃には首位と

大きく差がついている可能性があり、筒香選手の復活が待たれます。

筒香選手といえば侍ジャパンで4番を務めるなど若き主砲。

メジャースカウトも筒香選手を高く評価するなどバッティングは一流です。

自身初の40本超えのホームラン数も叩き出しているだけに今年もそんな姿を

見たいと皆思っているはず。

そんな筒香選手について今回はお話したいと思います。


筒香嘉智選手の経歴、プロフィール


出展元:http://naruheso-news.com/2015/12/12/post-881/

名前 筒香嘉智(つつごう よしとも)
生年月日 1991年11月26日
出身 和歌山県橋本市
出身校 横浜高等学校
身長/体重 185cm/97kg
右投/左打
2009年ドラフト1位

筒香選手は和歌山県橋本市生まれで、中学時代はボーイズ関西選抜の4番を

任されるほどで、地元の智弁和歌山高校やその他関西の強豪校からのスカウトを

多数受けましたが、神奈川の横浜高校へ進学しました。

横浜高校を選んだ理由は、松坂大輔投手の伝説の試合の一つである1998年夏の

甲子園準々決勝の横浜高校対PL学園2009年の試合を観戦して大きな感銘を

受けたからだそうです。横島高校では甲子園に2年の春夏と2回出場しました。

高校通算本塁打は68本と立派な数字を残していますね。

そして2009年の高校生ドラフトで横浜ベイスターズより単独1位で指名され入団。

そのバッティングから、将来は4番を任せたいというベイスターズの期待が

この時からあったと思います。

当初は右打/両打でしたがのちに左打に変えます。

2010年、高卒ながら二軍で4番を任されるなど期待をかけられる筒香選手。

この時からやはり大物になる雰囲気を漂わせていたのが伝わってきます。

その年は二軍で最終的に26本塁打、88打点で二冠を達成するなど非凡な才能を

見せつけました。

一年目でこんな成績を残せるとは、やはり筒香選手ですね。

翌年以降の新人王の資格を残しつつ一軍で打ってみようということにもなっていて、

10月5日に一軍初デビューを果たしました。

しかもその時は巨人戦で5番一塁で出場。いきなり5番に座るとはなかなかのものですね。

若手ながらいいシーズンを送った筒香選手。

2011年はしかし右手首の靭帯を負傷し、一軍は8月ごろからとなりました。

しかし一軍に出ればコンスタントに結果を残すなどバッティングセンスを見せつけ、

首脳陣にアピールします。

しかし筒香選手は何かと怪我が付いて回る選手でして、一軍に残り続けるという

シーズンがあまりありませんでした。

そして不振にも陥るなど進退を繰り返す筒香選手でしたが転機が訪れます。

2014年、バルディリスの獲得により、筒香選手は左翼にコンバートされます。

そしてブランコ選手や中村選手の離脱で筒香選手が代わりに4番を務めることとなり、

そこで大きくチームに貢献、さらにアピールを見せ、これを足がかりに2015年は

4番を務めることに。

中畑監督はずっと生え抜きの4番を夢見ており、筒香選手が大きく成長してくれた

ことをとても喜んでいました。

結局、2014シーズンは自身初の3割、22本塁打、77打点と大躍進。

さらに得点圏打率は両リーグトップの416と勝負強さを発揮。

2015年に入り、中畑監督は筒香選手を4番として本格起用、さらに覚醒した主砲に

キャプテンに就かせます。

この年は打率317、24本塁打、93打点、157安打とキャリアハイの成績を残します。

得点圏打率も344と相変わらず勝負強さを発揮しています。

2016年は怪我で開幕は出遅れたものの一軍に出てくるなり結果を出しました。

とくに長打力は去年と違い逆方向にもホームランが出るようになってスタンドインを

連発させます。

マルチホームランを数試合続けるなど山田哲人選手とのホームラン競争に拍車をかけました。

結果的に44本塁打を放ち、打点110で二冠を達成するなど松井秀喜選手の再来を

感じさせる結果を残しました。

wbcでは4番を務めるなど日本を代表するバッターとなっています。

スケールの大きい選手なので早く本領を発揮してもらいたいですね。


筒香選手の年俸

現在、筒香選手の2017年度の年俸は3億となっています。

本人は契約更新後にこの額は見合わないと言っていますが、2016シーズンで

44本塁打を放ち、さらにクライマックスシリーズが誕生してから2016年に

初めてAクラス入りして2位の巨人を下し優勝した広島と対戦を果たします。

その背景にはやはり筒香選手の活躍があったからこそだと思いますし、

得点圏打率も例年通り、高く、勝負強い4番として君臨。

こんな選手は滅多に現れませんから、査定額が3億になったのは妥当かと思われます。

それに筒香選手はグッズの売り上げも伸びており、超人気選手です。

文句をつけるべきではないとさえ思いますね。

今年はwbcの影響か、開幕から不振、いっときは登り調子になったかと思ったのですが

また不調をきたしています。

それもあってファンの間で3億を払うほどの選手じゃないと囁かれていますが、

こんな声を跳ね返すくらい復調してもらいたいです。

筒香選手のメジャー挑戦はいつ?

筒香選手のバッティングは日本のみならずメジャーでも話題となっており、

スカウトも筒香選手を高く評価しています。

筒香選手ならばメジャーでも上位を打てるとさえ言っている人もいるくらいですから、

松井秀喜さんのように日本の長距離バッターとしてメジャーで活躍できる姿を

期待したくなりますね。

そしてある球団スカウトは5年100億出すとさえ言っている人がいるので

バッティングは相当認められているのでしょう。

筒香選手が海外FA権を習得するのは2021年の30歳になってから。

30となると挑戦するには少しだけ遅いのでメジャーに行きたいならポスティングを

するべきでしょうね。

今のところ筒香選手はメジャーに興味は示していないのですがこれだけの選手ですから、

声をかけられたらきっとメジャー挑戦を表明すると思います。

今からとても待ち遠しい気持ちでいっぱいです。


筒香選手の双子の姉は美人?彼女についても

筒香選手はプロ野球選手としてとても有名ですが実は双子のお姉さんがいるんてす。

姉は遥さんという方で、とても美人とちまたで囁かれています。

筒香選手とは全く顔が似てないのですがとても綺麗で大人っぽい方です。

奈良の高校に通っていたそうですね。

筒香選手は現在25歳ですが実は半同棲している彼女の方がいます。

モデル風の美女で、人目を憚らずショッピングする姿が目撃されているようです。

献身的な彼女で試合後に車で迎えに来てくれたり、ワイシャツをクリーニング

してくれるなどサポートしてくらているようです。

結婚はまだですが時間の問題だと思われます。

プロ野球選手として活躍している裏にはこうしたサポートがあるのは

よく聞くことですがこれからも陰ながら筒香選手を支えてほしいですね。

筒香選手の関連記事はこちら!

ジョー・ウィーランド(DeNA)当たり外人の年俸や球種や投球スタイルが気になる!最多勝も狙える?

梶谷隆幸(DeNA)経歴や年俸や彼女が気になる!覚醒でトリプルスリーは狙える?

山崎康晃(DeNA)ハマの守護神の経歴やタイトルの獲得は?母親や彼女の存在も気になる!

飯塚悟史(DeNA)若手注目の星!!2軍の成績や年俸は?彼女はいる?

アウディ・シリアコ(DeNA)格安助っ人の年俸や経歴をチェック!NPBで活躍できる?

網谷圭将(DeNA)育成の星!筒香二世になれるか?2軍成績や彼女もチェック!!

砂田毅樹(DeNA)イケメン左腕の彼女や年俸、投球スタイルが気になる!!

関根大気(DeNA)イチローを超える才能?イケメン若手の年俸や成績、彼女が気になる

濱口遥大(DeNA)開幕ローテ入り!ドラ1ルーキーの大学や年俸が気になる

石田健太(DeNA)2017開幕左腕の年俸や結婚、彼女が気になる!!

平良拳太郎(DeNA)プロテクトから外れた理由と年俸や投球スタイルは?

まとめ

WBCの影響なのか、今シーズンは筒香選手の調子が上がってきませんが、

またダイナミックなホームランを見てみたいです。

ファンの皆様もこんな時こそしっかりと応援していきましょう!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!