Sponsored Link

オリックスバファローズ歴代助っ人外国人ランキングトップ5!やっぱり1位はあの選手?!

どうもこんにちは、たかパパです!

今回はオリックス歴代助っ人ランキング

5人を選定してみました。

オリックスと言えば名門阪急ブレーブス

からの系譜と、近鉄バファローズの系譜

があって両球団が2004年に両チームが

合併となったためレジェンド級の選手が

ゴロゴロいますので選定にやや苦労した

感がありますが、まずは5人選んでみました

ので、当時を思い返して頂けると幸いです。

各球団の助っ人ランキングはこちら【随時更新中】

Sponsored Link

第5位 グレッグ・ラロッカ


出典元:http://blog.livedoor.jp/puroto3939-orz/archives/4075668.html

在籍期間 2007年〜2010年
通算成績 打率.290、123本塁打、372打点

広島、ヤクルトを経て07年からオリックス。

中距離砲のバッターで、タフィローズと

アレックスカブレラと共にビッグボーイズ

打線を築いていました。

タフィローズ選手を尊敬しており、自分が

結果を出しているのは前にローズがいる

からだ、つねづね口にしていました。

怪我や死球が多い選手でしたが打線に切れ

目を作らない素晴らしいバッターでした。

第4位 ラルフ・ブライアント

出典元:http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/08/97/c0117197_1824299.jpg

在籍期間 1988年〜1995年
通算8年 打率.261、259本塁打、641打点、1186三振

89・93・94年と3度のホームラン王獲得するなど

パワーは疑いようがないバッターでした。

しかし三振も多く、三振王とも言われています。

ホームランか三振か、という両極端なバッターでしたが

常に長打を狙おうというパワーヒッターとしての

志はファンの方に理解されているのではないでしょうか。

特に89年は一試合3本塁打を4度、通算でも6度

達成していて、集中したときの破壊力は歴代でも

最強クラスでした。

Sponsored Link

第3位 トロイ・ニール

出典元:https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/aaaecayouaaaaai-ac?utm_term=.vev8JLRbz#.goXRr3oZE

在籍期間 1995年〜2000年
通算6年 打率.264、136本塁打、435打点

打率はそこそこでしたが非常に勝負さが光る

バッターでした。

1996年には打点、ホームランの2冠を達成し

同年、日本シリーズでは3安打でMVPに

選ばれています。

3安打のいずれも2点タイムリーという

勝負強さでした。

気性が荒いイメージでしょっちゅう乱闘

していたイメージですね(笑)

第2位 ブーマー・ウェルズ

出典元:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=001-20150622-05

在籍期間 1983年〜1991年(9年)
NPB通算10年 打率.317、277本塁打、901打点

9年間も在籍するなど息の長い助っ人でした。

来日1年目は17本塁打でしたが2年目にブレイク。

1984年は打率.355、37本塁打、130打点を

叩き出し、来日外国人史上初の3冠王に輝き

リーグ優勝に大きく貢献します。

87年には打点王、89年には首位打者と

打点王にも輝きました。

92年にダイエーに移籍して打点王に輝いた

もののこの年で引退。

4000打席以上通算打率.317はあの落合博満

をも上回る右打者最高記録です。

優れた打撃とフォア・ザ・チームの理念を

強く持った史上最高助っ人の一人でしょう。

堂々の2位にランクインです!

Sponsored Link

第1位 タフィ・ローズ

出展元:http://buffaloesmatome.blomaga.jp/articles/102497.html

在籍期間:1996〜2003年、2007〜2009年(11年)
NPB通算13年 打率.286、464本塁打、1269打点

最後はこのひとタフィ・ローズ。

日本に13年在籍するなど歴代最強助っ人

外国人の1人でしょう。

NPB通算本塁打歴代13位という記録を持っていて

外国人選手で400本を超えたのはローズ一人。

いかに日本で活躍したかを伺えさせますね。

一度はオリックスを離れて巨人で2年プレーし、

2006年にはマイナーに戻るも結果が出ず

引退を表明。

しかしながら2007年にオリックス春季キャンプ

にテスト生として戻ってきます。

この時、1年プレーしていなくて、かつ39歳と

結構なベテランの年齢でしたがその年は

打率.291、42本塁打、92打点を

叩き出しています。

その後2年も好成績を残しているなど

超人的な選手でした。

NPB在籍13年間で獲得した主要タイトル

を見るだけで傑出度が分かります。

本塁打王:4回 (1999年、2001年、2003年、2004年)
打点王:3回 (1999年、2002年、2008年)

MVP:1回 (2001年)
ベストナイン:7回 (外野手部門:1997年、1999年、2001年 – 2004年、指名打者部門:2008年)
日本シリーズ敢闘賞:1回 (2001年)
月間MVP:3回 (1997年7月、2001年6月、2007年7月)
JA全農Go・Go賞:2回 (好捕賞:2002年6月 強肩賞:2003年9月)
IBMプレイヤー・オブ・ザ・イヤー賞:2回 (1999年、2001年)
日本プロスポーツ大賞 殊勲賞:1回 (2001年)
報知プロスポーツ大賞:1回 (2001年)

日本中の子供が傘でローズの打撃フォームを

真似した事でしょうね(笑)

まとめ

今回はオリックスの歴代助っ人のランキングでした!

読んでいる方の一押し助っ人がいなかったらすみません!

他にも色々と名プレイヤーはいたとは思いますが

今回はこの5名の助っ人を選ばせていただきました。

1位は誰もが知っているというか

かなり有名どころですが

あれだけ年を取っても活躍できるのは外国人の中でも希少種ではないかなぁと思い、

迷わず1位にさせていただきました。

では、今回は助っ人ランキングでした。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!