Sponsored Link

松山聖陵野球部2018メンバー!注目選手や監督についても!

みなさんこんにちは、たかパパです。

1月26日にいよいよ春の選抜の出場校が

発表されましたね!

待ち望んでいた筆者はテンションアップが

止まりません(笑)

秋季四国大会は明徳義塾が安定の強さで

勝ち抜けて、明治神宮大会まで優勝。

そんな明徳義塾に準決勝で1-3で敗れた

愛媛県の強豪松山聖陵も見事選抜出場を

勝ち取りました。

松山聖陵といえば2016年に現広島カープの

アドゥワ誠選手を擁して夏の甲子園に出場

したのが印象的でした。

そんな松山聖陵のメンバー、注目選手や

監督についても調べてみました。

【関連記事はこちら】
2018春の選抜出場校一覧!優勝候補予想や注目選手は?

Sponsored Link

松山聖陵野球部2018メンバー!

以下、2017年秋季大会のメンバーです。

2018年春のセンバツまでにメンバーの

入れ替わり等があるかと思われますが、

随時追記していきます。

2018年メンバーという事で学年は1学年
繰り上げています。

背番号 名前 学年 位置 出身中学 出身シニア
1 岡本文哉 3 投手 松山市津田中・愛媛
2 佐々木魁 3 捕手 今治市日吉中・愛媛 中学軟式
3 松本侑馬 3 内野手 宇和島市城東中・愛媛 宇和島ボーイズ
4 富里尚史 2 内野手 那覇市石嶺中・沖縄
5 吉田翔斗 2 内野手 今治市立花中・愛媛
6 渡部壮太 3 内野手 松山市雄新中・愛媛
7 川崎貴央 3 外野手 新居浜市北中・愛媛 伊予三島シニア
8 津波快成 3 外野手 宜野湾市真志喜中・沖縄 北谷ボーイズ
9 松沢浩平 3 外野手 浦添市仲西中・沖縄
10 尾崎温大 3 控え 明石市大久保北中・兵庫 全播磨硬式野球団
11 米須大航 3 控え 宜野湾市普天間中・沖縄 北谷ボーイズ
12 中村 有 2 控え 沖縄市美東中・沖縄
13 三島健吾 3 控え 高槻市第九中・大阪 高槻ボーイズ
14 諏訪部優冬 3 控え
15 真栄城隆広 2 控え
16 星本大輝 3 控え 加古川市氷丘中・兵庫 全播磨硬式野球団
17 後呂健博 3 控え 神戸市高倉中・兵庫 神戸西シニア
18 黒瀬海斗 3 控え 松山市勝山中・愛媛
19 渋谷駿佑 3 控え
20 河野太紀 3 控え 松山市余土中・愛媛

スミマセン、出身地等抜けがあります。

地元出身者は約半分。

沖縄県出身者も多いのが特徴ですね。

独自のパイプがあるのでしょうか?

松山聖陵2018注目選手は?

「土居豪人」の画像検索結果

上記メンバーには名前が挙がっていませんが

秋からエースナンバーを背負う土居豪人投手。

身長・体重 190センチ/80キロ

聖カタリナ高校から1年夏に松山聖陵に転校、

高校野球の規約により2年生の夏までは公式戦で

登板できませんでしたが、2年秋に出場解禁となると

144キロの速球と長身からの角度のある球で、

愛媛大会決勝の西条高校戦では1安打8奪三振

1失点完投勝利し、愛媛県大会優勝に貢献。

剛速球というよりは、粘りの投球が持ち味で、

変化球を内外角に配球していく。

まだ四球も多く制球力が課題ですが、この冬に

しっかりと下半身を鍛えてブレイクして欲しい

逸材です。

Sponsored Link

松山聖陵を率いる荷川取秀明監督とは?


出展元:http://www.ehime-np.co.jp/rensai/koshien_2016summer_seiryo/ren997201607296765.html

松山聖陵を率いる荷川取秀明監督は1981年

生まれの37歳。

高校時代は沖縄の沖縄尚学でサードとして活躍し、

1999年には沖縄県の高校として初の選抜優勝を

果たし、同年夏の甲子園にも出場しています。

高校卒業後は筑波大学に進学し、卒業後に

愛媛出身の同級生から紹介されて2004年に

野球部の監督に就任。

大卒でいきなり監督なんですねー。若い!

指導は技術だけではなく、精神面に重きを置いて

いるようです。

松山市久万ノ台の寮に野球部員と一緒に住み、

「生活の乱れはグラウンドに出る」と、選手達の

学校生活にも目配りを欠かさず、それを順守出来ない

選手をメンバーから外すことも有るとのこと。

荷川取監督の指導の根本は全員野球。

練習の全てを全員で行うのはもちろんですが、

学校の寮周辺のゴミ拾いや寮内の食事当番など、

グラウンドの外でも1年~3年まで全員で行う

そうです。

全員が同じことをして、心を一つにしていくこと。

これが松山聖陵の強さの一環なのかも知れません。

松山聖陵 出場校概要

1961年(昭36)に男子校として創立した私立校。

2008年から共学になり野球部は1970年創部。

甲子園は2016年夏に初出場を果たしています。

愛媛は済美を筆頭に今治西など強豪が

ひしめいているので春はようやくの初出場。

監督 荷川取秀明
所在地 愛媛県松山市久万ノ台1112
ウェブサイト 高校HP(リンク先開きます)

春甲子園出場回数 初出場

甲子園の最高成績
春:出場なし
夏:1回(最高成績:2回戦/2016年)

地方大会の成績
●四国大会準決勝:1-3 明徳義塾
○四国大会準々決勝:8-6 大手前高松
○愛媛大会決勝:3-1 西条
○愛媛大会準決勝:5-3 小松
○愛媛大会準々決勝:5-2 新居浜南
○愛媛大会1回戦:3-2 新田
○愛媛大会中予地区代表決定戦:7-4 聖カタリナ学園

他強豪競技 ラグビー、ゴルフ、自転車

主なOB
アドゥワ誠(広島投手)
藤岡弘、(俳優)

Sponsored Link

松山聖陵の関連記事はこちら!

2018センバツ(春の甲子園)出場校予想一覧!優勝候補予想や注目選手は?【随時更新】

2018春の選抜(センバツ)出場各校野球部メンバー、注目選手や監督情報まとめ!

2018春の選抜甲子園のイケメン選手まとめ

その他高校球児・高校野球に関する記事はこちら!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

見事2018年春の選抜甲子園初出場を

勝ち取った松山聖陵。

エースの土居豪人投手を中心に全員野球で

甲子園で旋風を巻き起こせるか注目ですね。

最後まで読んで頂き有難うございました!