Sponsored Link

小松勇輝(東海大相模)2018年ドラフト候補の出身中学やスカウト評価は?家族や彼女についても

みなさんこんにちは、たかパパです。

今回は東海大相模高校の小松勇輝選手に
ついてお話したいと思います。

今年の春のセンバツでは小松選手率いる
東海大相模高校は準決勝の智弁和歌山戦で
惜しくも敗れてしまいましたが7年ぶりの
ベスト4進出を果たしました。

注目の小松選手は全4試合に「1番ショート」
としてフルイニング出場。

全ての試合でヒットを放ち、特に準々決勝の
日本航空石川戦では杉本壮志投手より
先頭打者ホームランを記録しました。

172センチと小柄ながらパワフルな打撃と
見事な守備力も魅力ですよね。

そんな小松選手のプロフィールやスカウト情報、
家族や彼女についても調べてみました。

Sponsored Link

小松勇輝選手の経歴プロフィール


出展元:https://mainichi.jp/koshien/articles/20180227/ddl/k14/050/141000c

名前:小松勇輝(こまつ ゆうき)
出身地:神奈川県
生年月日:
投打:右投げ左打ち
身長:172センチ
体重:67キロ
球歴:中学時代 湘南ボーイズ
高校時代 東海大相模高校

小松選手は地元八松小学校1年生の時に
野球を始めました。

その後藤沢市立明治中学校では湘南ボーイズに
所属しました。

湘南ボーイズ時代は1年の時にジャイアンツカップ、
2年生の時にはボーイズ春季大会とボーイズ選手権
大会の全国大会の出場経験をもちます。

さらに3年生ではU-15日本代表に選ばれ、
世界大会出場の経験をするなど、中学時代から
華やかな経歴を持つ小松くんです。

そして神奈川の名門東海大相模高校に
進学すると、1年春からショートのレギュラーを
獲得します。

1年夏の神奈川県予選には全5戦に出場し、
16打数9安打、打率.563を記録するなど
猛打を披露しました。

1年秋の大会から正式に1番打者を任される
ようになり、2年夏の神奈川県予選では
23打数8安打、4打点の活躍で、チームは
2年ぶりに決勝進出を果たしましたが、
現ソフトバンクの増田選手率いる横浜高校に
敗れて甲子園出場はなりませんでした。

2年生秋の新チームで主将に任命されると
関東大会では、打率.441と持ち前の打撃を
披露し、11試合で8盗塁をマークするなど
俊足も披露しました。

新チームは関東最強の呼び声も高く、
秋季神奈川県大会を圧倒的な強さで制し、
関東地区大会も大勝と予想されましたが、
準決勝で中央学院に接戦の末まさかの
敗戦で神宮大会の出場は逃しましたが、
関東ベスト4で春の選抜出場を確定。

3年となったこの春の選抜では東海大相模の
7年ぶりの4強入りに貢献しました。
全4試合でヒットを放つなど19打数6安打、
3打点1本塁打の活躍でした。

大阪桐蔭と並んで優勝候補と目され、
2回戦で聖光学院、3回戦で静岡、
準々決勝で日本航空石川と秋の各地区
王者を破って横綱相撲を見せましたが、
準決勝で智弁和歌山と対戦し、大熱戦
(12-10)の末敗れてしまいました。

もう門馬監督は夏に向けて切り替えて
いると思います。

この夏は第100回記念大会ということも
あり、神奈川県は2枠となっています。

最大のライバル横浜高校とは別枠になり、
チームが普段の力さえ発揮すれば甲子園の
出場は確実でしょうね。

Sponsored Link

小松選手のプレースタイル

小松選手は走攻守バランスの取れた
リードオフマン。

「打」では、小柄ながら振り切るスイングで
広角に打てる左の好打者タイプです。

甲子園でも先頭打者ホームランを記録する
など積極性とパンチ力も持ち味で、
どんどん振ってくる姿は相手投手から
すれば嫌な存在でしょう。

続いて「走」も一塁到達までが4.1秒と
脚力もあります。

2年秋の公式戦では11試合で8盗塁を記録
するなど、塁に出してもうるさいタイプですね。

そして1番評価が高いと言われているのが「守」。

1年からショートのレギュラーを獲得できた
のもこの高い守備力があったからと
言われています。

軽快なフットワークと守備範囲の広さが武器で
さらに強肩でスローイングにも安定感があります。

それにしてもミレニアム世代のショートは
物凄く人材豊富ですよね。

世代No1ショートと言われる報徳学園の
小園君や、東海大菅生の「忍者」田中君、
純粋種とは違いますが大阪桐蔭根尾君。
そして小松君も世代最高のショートの
ひとりと言えますね!

しかし本人は控えめで「守備は苦手」
だそうです(笑)。

ソフトバンク今宮選手や、西武源田選手の
映像を見るなど勉強熱心な一面も。

小松選手のスカウト評価は?

小松選手のプロスカウト評価は、
調べてみましたがまだ出てきませんでした。

強豪東海大相模のキャプテンということで
現段階でもチェックしている球団は多々
いると思われます。

選抜が終わって少しづつプロ球団のスカウト
情報は出てくると思われます。

やはりなかなか走攻守バランスの良い高校生は
いませんので育成からでも欲しい球団は
あると思います。

この夏に向けてより一層のレベルアップを
図ってプロへの道を切り開いてほしい
ところですね。

Sponsored Link

小松選手の家族や彼女についても

残念ながら家族や彼女の情報はありませんでした。

しかしこれだけ立派に育っているのですから、
家族のサポートがしっかりしているのでしょうね!

彼女について今はそれどころではないという
感じでしょうか!?

まずはまた甲子園に戻ってくることが最優先
だと考えていそうですね!

関連記事はこちら!

2018年高校野球・投手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

2018年高校野球・野手の注目選手!ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】

その他高校野球に関する記事はこちら

まとめ

今回は神奈川の強豪校東海大相模の
不動の1番バッター小松選手についての
お話でした。

本当に春のセンバツは大活躍でしたね。
チームもベスト4まで勝ち上がりましたし。

まずはまた甲子園に戻ってくるために、
全国でも屈指の熾烈な神奈川予選を
勝ち上がってきて欲しいですね。

今年の夏は第100回記念大会ということで、
神奈川県は2枠となっています。
横浜高校とは別ブロックとなっていますし、
選抜での強さを見る限り、よほどの事が
無い限りは甲子園へと駒を進めるでしょう。

西川僚祐(東海大相模)清宮級のスーパー1年生!所属シニアや家族についても
どうもこんにちは、たかパパです。 今回は強豪シニアの佐倉リトルで4番を 打つスーパー中学生。 西川僚祐(にしかわ・りょうす...

春に入学したスーパー1年生西川君も
新戦力として加わり、より強力となる
東海大相模を率いて打倒大阪桐蔭を
目指してほしいですね。

最後まで読んで頂き有難うございました。

Sponsored Link

この記事が気になったらシェアお願いします。更新の励みになります。

ツイッターフォローお願いします