Sponsored Link

国学院栃木野球部2018メンバー!注目選手や監督についても!

みなさんこんにちは、たかパパです。

1月26日にいよいよ春の選抜の出場校が

発表されましたね!

待ち望んでいた筆者はテンションアップが

止まりません(笑)

今回は関東・東京6枠最後のひとつで選ばれた

国学院栃木について触れてみたいと思います。

筆者予想では

東京を制した日大三、関東1位の中央学院、

関東2位の明修日立、関東ベスト4の慶応と

東海大相模は確定で、あとの1枠は

健大高崎が選出されると思っていました。

選出委員によると、「栃木大会から3投手の

継投で勝ち上がり1試合平均の失点が1点台と

投手力の安定感を評価」とあります。

そんな国学院栃木のメンバー、そして注目の

3投手、監督についても調べてみました。

【関連記事はこちら】
2018春の選抜出場校一覧!優勝候補予想や注目選手は?

Sponsored Link

国学院栃木野球部2018メンバー

以下、2017年秋季大会のメンバーです。

2018年春のセンバツまでにメンバーの

入れ替わり等があるかと思われますが、

随時追記していきます。

2018年メンバーという事で学年は1学年
繰り上げています。

名前 学年 位置 出身中学 出身シニア
水沢龍太朗 3 投手 新潟市西川中・新潟
大久保謙亮 3 捕手 常総市水海道中・栃木 つくばヤングBC
須藤蓮斗 3 内野手 栃木市東陽中・栃木
大島智貴 2 内野手 下妻市下妻中・茨城 常総シニア
島田侑希 3 内野手 栃木市東陽中・栃木
近藤翔真 3 内野手 練馬区光が丘第一中・東京
大栗拓也 3 外野手 栃木市寺尾中・栃木 栃木ボーイズ
青木寿修 3 外野手 小山市間々田中・栃木
勝盛直樹 2 外野手 川崎市大師中・神奈川 大田水門ボーイズ
菊池進一朗 3 控え 鹿沼市東中・栃木
渡辺 匠 3 控え 新発田市豊浦中・新潟
宮 海土 3 控え 和光市和光中・東京 横浜緑ボーイズ
野村一真 2 控え 横浜市六角橋中・神奈川 横浜緑ボーイズ
笹川晴輝 3 控え 野木町野木中・栃木
毛塚大陽 3 控え 栃木市東陽中・栃木 栃木ボーイズ
長谷川太洋 2 控え 宇都宮市陽北中・栃木 宇都宮シニア
高橋賢佑 2 控え 常総市水海道中・茨城 つくばヤングBC
金子裕暉 2 控え 新潟市小新中・新潟 新潟シニア
印南朝陽 3 控え 那須塩原市箒根中・栃木 那須野が原ボーイズ
田中寿希哉 3 控え 壬生町南犬飼中・栃木

栃木県出身者は10名。

あとの内訳は東京2名、新潟3名、茨城3名、

神奈川2名と、関東近隣の選手で構成されて

います。

私立の強豪校ですので県外出身者の入部も

多いのでしょうね。

国学院栃木野球部2018 注目選手は?

やはり選定委員にも高く評価された3投手。

水沢龍太朗君、渡辺匠君、宮海土君。

柄目監督によれば、右腕の水沢君は

「準備の人間で、立ち上がりに強いタイプ」なので先発。

渡辺君は「柔軟性があって、器用でクレバー」な左腕だから、

真ん中のセットアッパーに。

宮君は「一本気が強く、大魔神の佐々木さん(元横浜)の

ような空気感を感じる」左腕で、抑えに抜擢されています。

3人の競争意識が、「勝利の方程式」を作り上げ、

競い合って3投手ともに成長。

柄目監督は「3人が頑張って、出してくれた答え。

バリエーションが増え、試合の流れを支配できる」と

継投の強みを強調されています。

Sponsored Link

国学院栃木を率いる柄目直人監督とは?


出展元:https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/24/kiji/20180123s00001002366000c.html

チームを率いる柄目直人監督は国学院栃木が

春の選抜に前回出場した2000年に1番打者と

してベスト4進出しました。

選考委員会開催前には

「あの年に生まれた子供たちと一緒に出られるとなったら凄い巡り合わせを感じますね」

と語った柄目監督。

筑波大卒業後、2009年に母校の監督に就任。

過労で体調を崩して一時部を離れたことも

あったそうですが、周囲の支えで復帰。

「野球とはこういうものだというのが強すぎた。

休んだ後は考えが変わった。固定観念や常識を

疑うところから始まった」。

昨秋はチーム事情に合わせて1番打者を

2人併用し、投手を3回ずつ継投させる采配が

的中して夏の決勝で3連敗中だった作新学院を

秋の県大会決勝で破り、18年ぶりに出場した

関東大会で8強入りを果たしました。

大学の1年後輩でもある小針崇宏監督率いる

作新学院は永遠のライバルとのことですよ。

国学院栃木 出場校概要

1960年(昭35)創立の私立校。

甲子園は春が4度目で夏は1度出場。

前回出場の2000年春は準決勝進出。

監督 柄目直人
所在地 栃木県栃木市平井町608
ウェブサイト 学校HP(リンク先開きます)

甲子園出場回数
18年ぶり4回目

甲子園の最高成績
春:3回(最高成績:ベスト4/2000年)
夏:1回(最高成績:1回戦/1985年)

地方大会の成績
●関東大会準々決勝:2-3 慶応
○関東大会1回戦:2-1 市川越
○栃木大会決勝:5-4 作新学院
○栃木大会準決勝:4-2 青藍泰斗
○栃木大会準々決勝:8-0 宇都宮南
○栃木大会3回戦:6-0 小山北桜
○栃木大会2回戦:6-3 足利工大付

他強豪競技 ラグビー、女子バレー、柔道、男子ハンドボール、陸上、薙刀、卓球、弓道、書道

主なOB
中野佐資(元阪神外野手)
小関竜也(元西武ほか外野手)
渡辺俊介(新日鐵住金かずさマジック/元ロッテほか投手)
福田舞 (バレーボール)
大島佐利(ラグビー)
田村優 (ラグビー)

国学院栃木の関連記事はこちら!

2018センバツ(春の甲子園)出場校予想一覧!優勝候補予想や注目選手は?【随時更新】

2018春の選抜(センバツ)出場各校野球部メンバー、注目選手や監督情報まとめ!

2018春の選抜甲子園のイケメン選手まとめ

その他高校球児・高校野球に関する記事はこちら!

まとめ

今回は国学院栃木高校野球部についてのお話でした。

3人の芯となるピッチャーが居て、地方大会でも

非常に失点が少ない守りのチームです。

センバツも「3本の矢」でどこまで進出できるか

非常に楽しみですね。

最後まで読んで頂き有難うございました!