Sponsored Link

甲斐野央(東洋大)2018ドラフト候補のスカウト評価や球速球種 家族や彼女についても

どうもこんにちはたかパパです。

今回は東洋大学の甲斐野央投手について
お話したいと思います!

大学では中継ぎをメインに登板しており
高校時代にはスカウトからも注目される
投手でした。

とても力のあるボールを投げ、非常に高い
ポテンシャルを感じる投手。

そんな甲斐野投手のスカウト評価や
プライベートについてお話しして
いきたいと思います!

Sponsored Link

甲斐野央投手のプロフィール


出身 兵庫県西脇市
出身校 東洋大姫路高校⇒東洋大学
身長・体重 185cm/75kg
投打 右投/右打

桜丘小学校3年生から軟式野球を始め、
黒田庄中では軟式野球部に所属。
全国大会優勝も経験しています。

東洋大姫路では1年秋からベンチ入り。
2年夏の予選3戦に先発登板します。
秋の予選では、2回戦で7回1失点完投、
3回戦では8回1失点の好投を見せました。
3年夏の予選は三田松聖に4安打10奪三振、
0対1完投負けで惜しい敗戦となりました。

阪神、ヤクルトなどスカウトからも注目
されていましたがプロ志望をせず東洋大学
への進学を選択。

東洋大学では1年秋からリーグ戦に出場。
登板数は少なかったですが大学で球速を
伸ばしていき2年春の専大戦で大台の
150kmをマークします。

3年秋になって中継ぎエースの座に。
中継ぎながら5勝を挙げる活躍で2季連続
優勝に大きく貢献しました。

8試合35回、40奪三振、防御率2.06という
好成績を挙げ、最優秀投手、ベストナインを
獲得しています。

全国大会には3年春の大学選手権、秋の神宮
大会に出場して4強入りしています。

東都リーグ通算19試合、5勝2敗、56.1回、
防御率2.24の成績を残しています。

中継ぎ投手として活躍している甲斐野投手
ですがプロに入ればかなり重宝されそう。

良い投手は先発していることがほとんどで
プロに入ってから中継ぎに転向する
パターンは少なくありません。

最初から中継ぎなので即戦力として競合が
起こりそうですね。
非常に楽しみな投手です。

Sponsored Link

甲斐野投手の球速や球種について

甲斐野投手のストレートは最速154kmで
変化球はスライダー、カーブ、フォーク、
ツーシームを投げます。

とてもボールに力があり、
三振を多く築けるパワーピッチャーです。

ストレートに自信がある投手なので
力勝負が出来、変化球も多彩なので相手と
すればかなり厄介な投手。

ドラフトでかなり注目を浴びそうな
好素材の投手で、競合になりそう。

ポテンシャルが高いので今後も伸び代があり
開花するまでがとても楽しみですね。

甲斐野投手のスカウト評価について

甲斐野投手はかなり注目の本格派右腕。
スカウト陣の評価が気になりますね。

阪神スカウトは
「肘の柔らかさが非常にいいですね。それは大きな武器。志望届を出したら何球団も手を上げるんじやないか。体ができてきたらもっといい」
と絶賛しており、伸び代も評価しています。

まだ体重が75kgと体型の割に軽いので
これから重量を増やせばさらに
スケールの大きい投手になれそうですね。

巨人スカウトは
「球に力がある。来年が楽しみ。来年間違いなく候補に入る」

メジャースカウトもコメントしており
「メジャーでもやれるポテンシャルはある」
と一定の評価をしてくれています。

まだまだ未完成ですが現状でもかなり評価が高いので
才能が開花すればかなり面白い投手になりそうですね。

順調に成長していますから
このまま右肩上がりで調子を上げてもらいたいですね。

Sponsored Link

甲斐野投手の家族や彼女について

甲斐野投手についてプライベートについて調べてみたところ
彼女や家族といった情報はまだ公開されていませんでした。
まだ一般的には知られていませんがとても良い投手なので
今後も動向が気になるところです。

まとめ

今回は甲斐野投手についてのお話でした。
本格派投手として、しかも中継ぎとして名を挙げ
ドラフト候補とされている甲斐野投手。

パワータイプのリリーフでは日本では少ないですし
とても貴重な投手の台頭に嬉しく思いますが
まだ発展途上、伸びるところがまだまだある
ポテンシャルのある投手なのでこれからも応援
していきたいですね。

奪三振率の高い投手なので
とてもプレーに華のある投手。
是非、プロで活躍する姿を見てみたいです。

では、今回は以上で終わります。
ここまで読んでいただいて、ありがとうございました!