阪神タイガース逆転優勝の可能性は?後半戦のキーマンは誰だ!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは、たかパパです。

オールスターが明けて後半戦が始まりましたね。

阪神は初戦、広島戦を2-1で制し、守り勝つ野球で

らしい白星の取り方で好発進。

しかし後の二戦は大敗。
かなり離されており、苦しい現状。

西岡選手が一軍復帰したりロジャース選手が加入したりで

打線のてこ入れを図る阪神ですが、今回は優勝争いする

上で後半戦のキーマンとなる選手を独断と偏見で

私が予想したいと思います。

スポンサードリンク

阪神のキーマンは野手!


出展元:https://hanshintigers.jp/goods/licensee/

当然のことなんですが阪神に今足りないのは間違いなく野手です。

それも長打を打てる選手。

チームトップのホームラン数が、中谷選手の9本というのは

他を見渡してもいないのではないでしょうか?

未だに二桁ホームランを打てていないチームが2位にいるのは

充実した投手のお陰、逆に言えば打線が良ければ確実に

勝てるということです。

なので野手の中でさらにキーマンとしてあげるのは西岡選手と

ロジャース選手です。

ちなみにこれは鳥谷、糸井、福留といったベテランは

ある程度の活躍を計算に入れて、というのが前提にあります。

このベテラン3人が土台となって、あとは優勝を狙うまで

いくとなると西岡選手とロジャース選手が首位奪還の

キーマンになるのではないかと思います。

まず西岡選手ですが、チームにいるだけで雰囲気が変わります。

チームだけでなく球場の雰囲気すら変えてしまえるほどの

力を持つ選手で、この選手は雰囲気作りには欠かせませんし

打席でも何かしてやろうという気概を感じます。

こういった選手がいることで他の選手も触発され、

良いように進んでいくのではないのかなと私は考えています。

そしてもう一人がロジャース選手です。

長打を打ってほしい、良いところで打って欲しいと

金本監督は言っていますがその活躍をできれば打線に厚みが出ますし、

福留選手を積極的に休養させてあげることもできます。

とにかく二桁ホームランは打って欲しい選手。

ロジャース選手が活躍できれば阪神の起爆剤となって

首位広島を追い越すのも夢ではなくなるのではないでしょうか。

今の阪神は未だに二桁ホームランが出ていないという惨状。

ロジャース選手が長距離打者として結果をとしてくれれば

点を取れる確率がぐんと上がりますし、一点でも

リードしていけば勝ちパターンに持っていけます。

なので、ロジャース選手が当たればかなり阪神は

強くなるのではないかと私は踏んでいます。

とくに阪神の選手は三振が少なくとにかく打つチーム。

四球も多いのでランナーがいるケースが多く、そんな中で

ホームランが出れば一挙複数得点が見込めるわけで、

線にならなくても大量点が取れるのでヒット数が

少なくても価値を拾えるため、今までより負けを落とす

確率が低くなるんじゃないかと思います。

野手で、チームの上昇を握るのはこの二人と思います。

さらに言えば金本チルドレンと言われた高山選手や

原口選手の復活があればさらにチームは軌道に乗ると

思うのですがこの二人はまだまだ時間が掛かりそうですね。

最悪、二軍で一からやり直すのも手だとは思うのですが

どうなるのでしょうか。

スポンサードリンク

阪神の今後の打順予想

阪神に西岡選手が一軍復帰し、ロジャース選手が

加入したことで打線のてこ入れを図ってきましたが、

ここでは阪神の打順を考えてみます。

完全に私の個人的な意見ですが一例として

一つ打順を組んでみたいと思います。

1番ショート・西岡
2番セカンド・上本
3番ファースト・ロジャース
4番レフト・福留
5番ライト・中谷
6番サード・鳥谷
7番センター・大和
8番キャッチー・梅野

これが現実的なオーダーかと思います。
糸井選手と糸原選手が怪我で離脱したので大和選手がスタメンで出場は濃厚ですね。

西岡選手がどれだけショートをできるか分かりませんが打線の厚みを考えて西岡選手をショートに置きましたが理想なのはロジャース選手が三塁手守備に就いてもらう事なんですよね。

そうすればショート鳥谷選手でファーストに西岡選手を置けますから。

阪神はとにかく打線が良ければ勝てるというチームですので上手くハマれば広島に食らいつくことはできると思います。

後半戦は総力戦、戦力のあるチームが夏場を乗り切ることができるでしょうから阪神はまだまだ溌剌とした西岡選手とロジャース選手がいますので勝ち星をどんどんあげてもらいたいですね!

スポンサードリンク

まとめ

はっきり言うと阪神と広島では野手の層が段違いです。

阪神も選手層があると言われていますが個人の能力で見ると少し、阪神の選手の方が弱く、それが8人分となれば攻撃力に差が開くのは納得というものでしょう。

阪神が広島に優っているところは投手力。

これから優勝するためには投手の力と、少ない点で守り勝つ守備力。

もしかすると裏のキーマンとなるのは大和選手のような守備の選手なのかもしれませんが、糸井選手や糸原選手を欠く阪神はやはり攻撃力を求めるのが妥当なところでしょう。

ともあれ、まだまだ諦められる順位でもないですし希望を持ってこれからも阪神を応援したいところですね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする