藤原恭大(大阪桐蔭)イケメンで俊足巧打のスーパー2年生!ドラフト先を予想!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちはたかパパです。

今朝の第一試合で大阪桐蔭が11-0というスコアで山口の

宇部鴻城を文字通り粉砕しましたね(^_^;)

近年の大阪桐蔭は大阪の雄として甲子園の常連校ですし、

プロ野球選手を数多く輩出していますよね。

近年では西武の中村剛也選手や現阪神の西岡剛選手、

藤浪晋太郎投手、中日の平田良介選手、日ハムの中田翔選手など

文字通りキラ星のごとくですね。

しかしながら、今年の大阪桐蔭は過去最強というべきほどの

逸材が揃っています。しかも2年生中心のチームですので、夏と来年が

凄く楽しみですよね!!

その中でもひときわ輝きを放っている野手の藤原恭大(ふじわらきょうた)

選手に注目してみました。

大阪桐蔭高校 2018年野球部メンバー、監督と注目選手も!【大阪代表】
みなさんこんにちは、たかパパです。 2017年の高校野球も熱い戦いが続き 非常に見応えがありましたね! 今の高校野球で最も...

スポンサードリンク

藤原恭大選手 経歴・プロフィール


出展元:https://twitter.com/__m__b__8

名前 藤原恭大(ふじわらきょうた)
身長 180cm
体重 78kg
利き手 左投左打
ポジション 外野手
出身 枚方ボーイズ

藤原恭大選手の生年月日関しては情報が見つかりませんでした。

出身は兵庫県尼崎市で、昨年大阪桐蔭に入学して、スーパー1年生

として話題を呼びましたね。

ちなみにお兄さんの藤原海成さんは昨年夏に最後のPL学園の

メンバーとして話題を呼びましたよね。

中学時代には大阪の超強豪シニアチームである「枚方ボーイズ」

所属していました。大阪は少年野球チームが盛んで、枚方ボーイズ

数々の名選手を輩出しているんですよね。

このチームでも彼は、抜群のセンスと実力を兼ね備えていて、

戦績も素晴らしいんですよね。

2013年ボーイズ選手権(優勝)
2013年ジャイアンツカップ(優勝)
2014年ボーイズ春季(ベスト8)
2014年ボーイズ選手権(優勝)
2015年ボーイズ春季(優勝)
2015年ボーイズ選手権(ベスト4)
2015年ジャイアンツカップ(1回戦)

シニア野球の事情通の間でも当時から話題を呼んでいた藤原選手。

極めて高い身体能力を誇る枚方ナンバー1の選手。俊足・鬼肩。投手としても一級品。大阪桐蔭史上最強の新入生となる怪物。

大阪桐蔭では1年生の6月に行われた招待試合でデビューしていすます。

豊見城戦(ノーゲーム)に1番打者として出場し、第1打席で右中間へ

いきなり先頭弾(内寄直球)を放っています。

1年生の夏に中堅手レギュラーの座を掴み、7番打者で2試合3安打2打点。

1年生の秋大会からリードオフマンを務め、大阪大会3位での近畿4強。

コールド勝利を収めた近畿大会1回戦・龍谷大平安戦では中越えの

ソロ本塁打を放っています。

今年の大阪桐蔭の2年生は物凄く逸材揃いでして、

根尾昂(ねおあきら)選手は飛騨高山ボーイズ時代から「スーパー中学生」と

注目され、中学生にして146キロを記録し、野手としても長打力とスピードを

兼ね備え、強肩も持ち合わせています。

177cm/75kgと特別目立つサイズではないが、打者としてのスイングの

速さと強さはケタ違い。投手ではなく背番号9をつけライトを守ることが

多かったのですが、鉄壁のスローイングも含め、外野守備はすでの超高校級

という評価を得ています。

そしてピッチャーの横川凱(よこかわがい)選手(滋賀・湖北ボーイズ出身)。

投手としてのスケール感では根尾選手をも上回る大型左腕で

「同時期の高山優希投手(現日ハム)と比べてもモノが違う」と

石田コーチ。

2年生投手のもうひとりの注目株が、すでに最速144キロを記録する

柿木蓮(かききれん)(佐賀東松ボーイズ出身)投手。

パワータイプの大型右腕で、ボーイズ日本代表のエースでした。

さらに打者としては中川卓也選手。大阪福島シニアでは早稲田実で

4番を打っている野村大樹選手と3・4番を組んでいて、シニアの

ジャパンメンバーにも名を連ねていたほど。

これだけキラ星の如きメンバーが揃っていますので、2017年春のセンバツ、

夏の大会、さらには2018年大会と大阪桐蔭が横綱相撲を見せてくれそうですね!

藤原選手(大阪桐蔭)俊足巧打が凄い!

藤原選手の魅力は、極めて高い水準を誇るバツグンの身体能力です。

バッティングは好球必打のスタイルが染みついており、ソフトバンクの柳田選手を

連想させるバットコントロールと思い切りの良い性格から来る豪快なフルスイングが

持ち味で、長打力もあります。

そして藤原選手の最大の魅力は驚異的なスピードにあります。

50m5秒8という俊足で、大阪桐蔭の西谷監督をして

「過去のどの選手とも比較できないほど異次元の速さ。彼の中学時代に試合を見たとき、普通のセカンドゴロで間一髪アウト。あのスピードには驚かされました」

守備についても、鬼肩と言われるほどの強肩の持ち主で、中学時代は投手としても

活躍していたそうで、140キロの速球の投げるほど素晴らしい肩だそうです。

これだけ速くてクレバーなバッティングをする1番打者がいると相手チームは

脅威ですね。

スポンサードリンク

藤原選手(大阪桐蔭)プロ入り確実?ドラフト先を予想!

藤原恭大選手は身体能力が高いリードオフマンタイプですので、プロ入り

ほぼ間違いないと思いますが、入団先はどこになるのでしょうか?

打てて走れて守れる3拍子揃った選手はどこの球団でも重宝されること

でしょうが、やはり関西歴が長い分阪神が有力なのでしょうか?

クレバーで足が速くてバッティングも良いので2018年のドラフトでは

間違いなく上位指名されることでしょう。

スピードがある身体能力が高い選手は見ていて楽しいので早くプロの

舞台で活躍してもらいたいものですね!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日の第一試合でも見事な当たりを見せていましたね。

・ピッチャーええやんけ! て思ったら簡単に打ちやがる
・やっぱ藤原って天才だわ
・いい当たりしかも足はっや
・こいつはプロ行くな

などと絶賛されていましたね。

次の試合でも藤原選手の活躍を期待しましょう!!

最後まで記事を読んで頂きましてありがとうございました!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする