Sponsored Link

中日ドラゴンズ歴代レジェンドランキングトップ5!一位は誰だ?!

みなさんこんばんは、たかパパです。

今回は中日ドラゴンズの歴代レジェンド
トップ5を考えていきたいと思います。

世代によって評価が大きく異なるこれらの
ランキングですが、今回は在籍期間中の
通算成績、タイトル、そして優勝回数を
選出基準にトップ5を選出していきます。

異論・反論は多々あるかと思いますが、
一評価として読んでいただき、プロ野球
談議の一ネタとなればうれしいです。

それでは第5位から紹介していきたいと
思います。

【関連記事】
各球団の歴代レジェンドランキングはこちら!【更新中】

Sponsored Link

第5位:酒マッサージで奇跡のカムバック!谷沢健一

「谷沢健一」の画像検索結果

1969年に早稲田大学からドラフト1位で
中日に入団。

引退までの17年間(1970年~1986年)を
中日で過ごしました。

通算成績は、17年間で1931試合2062安打、
打率.302、本塁打273、打点969でした。

キャリアハイは打率.329、166安打、34HR、
打点99をマークした1984年でしょうか。

チームは惜しくも2位で優勝を逃しましたが
自身最多となる本塁打34をマークし、
最多安打と最多出塁に輝く活躍でした。

主な獲得タイトルは下記のとおりです。

首位打者:2回(1976年、1980年)
最多出塁:1回(1984年)
最多安打:1回(1984年)
ベストナイン:5回(1976年、1980年、1982年~1984年)
新人王:(1970年)

優勝回数は2回にとどまりましたが、
球団歴代2位の969打点、球団歴代3位の
2062安打を記録している点が評価が
高いポイント。

大学時代からの持病であるアキレス腱痛が
1978年に悪化して選手生命の危機に。

そこから酒マッサージにより奇跡の復活を
遂げ、1980年に首位打者に返り咲く見事な
復活劇。

この復活劇が脳裏に焼き付いている古参の
ファンの方も多いのではないでしょうか。

惜しむらくは監督星野氏と折り合いが悪く
1986年限りで引退となってしまったこと。

全盛期は過ぎていたとはいえ代打などで
活躍する姿を見たかったですね。

第4位:中日歴代最多勝利投手のレジェンド!山本昌

「山本昌」の画像検索結果

在籍期間は1984年~2016年の32年間
(2016年は1日限定で契約)実働年数は
29年で共にプロ野球記録となっています。

通算成績は29年間で581試合に登板して
219勝165敗5H。

キャリアハイは、29試合に登板し19勝を
マークした1994年でしょうか。

チームは惜しくも2位で優勝を逃しますが、
山本氏自身は最多勝、沢村賞、最優秀
防御率などに輝きました。

獲得タイトルは下記の通りとなっています。

最多勝:3回(1993年、1994年、1997年)
最優秀防御率:1回(1993年)
最多奪三振:1回(1997年)
沢村賞:1回(1994年)
最優秀投手:2回(1994年、1997年)
ベストナイン:2回(1994年、1997年)

4位となった大きなポイントは登板数。
先発で514試合、中継ぎで67試合に登板し、
投球回数は歴代15位の3348回2/3と
なっています。

また、中日歴代最多となる219勝を挙げ、
通算5回の優勝に貢献している点も評価が
高いポイントです。

ストレートの最速は143キロと決して速く
ありませんが、回転数が1秒間で50回転
以上とスピンが効いており非常に打ち辛い
投手でありました。

個人的には、スリークォーターから繰り
出される伝家の宝刀スクリューは歴代で
No.1だと思っていますがいかがでしょうか。

Sponsored Link

第3位:中日生え抜きで初となる2000本打者!高木守道

「高木守道」の画像検索結果

1960年から1980年までの21年間在籍。

通算成績は2282試合、打率.272、2274
安打、本塁打236、打点813。

キャリアハイは打率.302で自身初となる
3割を記録し、盗塁44で2度目の盗塁王に
輝いた1965年でしょうか。

主な獲得タイトルは以下の通りです。

盗塁王:3回(1963年、1965年、1973年)
ベストナイン:7回(1963年~1967年、1974年、1977年)

3位とした大きな要因は共に歴代2位の記録
である出場試合数と安打数によるものです。

3割以上を記録したのは21年間で2度しか
ありませんでしたが、安打数は2274本を
数えており、立浪氏に抜かれるまでは
歴代1位の記録でした。

また、在籍年数も山本氏、立浪氏に次ぐ
歴代3位。球団記録から見ても文句なしの
レジェンドといえるでしょう。

高木氏といえば何といっても華麗な守備。

セカンドとして2179試合に出場して失策は
284と歴代最高の成績。

華麗な守備はプロ野球選手から評価が高く
この点も上位にランクインした要因と
なっています。

第2位:プロ野球記録のミスター2塁打!立浪和義

「立浪和義」の画像検索結果

1988年から2009年までの22年間在籍。

通算成績は
2586試合、打率.285、2480安打、
本塁打171、打点1037。

2586試合出場と2480安打、1037打点は
いずれも球団記録です。

キャリアハイは自身最高となる打率.323、
91得点をマークした1996年でしょうか。

これまで紹介してきたレジェンドたちと
同様に優勝したシーズンではありませんが
自身初となるベストナインに輝いた
シーズンでありました。

主な獲得タイトルは以下の通りです。

ベストナイン:2回(1996年、2004年)
新人王:(1988年)

輝かしい通算成績とは裏腹にタイトルには
恵まれませんでした。

しかし、通算二塁打をはじめ、サヨナラ
満塁ホームランを2度、1試合5安打を5度、
シーズン30二塁打以上を7度など実に
4つの日本記録を保有しており、記憶に残る
レジェンドといえるでしょう。

立浪氏の持つ球団記録を塗り替える選手は
今後でるのか注目ですね。

Sponsored Link

第1位:プロ野球史上最高の鉄腕リリーフ!岩瀬仁紀

「岩瀬仁紀」の画像検索結果

今なお現役で活躍中の岩瀬投手。

1999年から現在まで18年間在籍。

通算成績は954試合57勝51敗64H404S
となっており、954試合登板と404Sは
ともにプロ野球記録。

今シーズンにも1000試合登板の可能性が
ある球界の生きるレジェンドです。

キャリアハイは当時のプロ野球記録となる
46Sを挙げた2005年でしょうか。

このシーズンはシーズン被本塁打0で、
安定感が抜群でした。

主な獲得タイトルは以下の通りです。

最優秀中継ぎ:3回(1999年、2000年、2003年)
最多セーブ投手:5回(2005年、2006年、2009年、2010年、2012年)

1位となった最大の理由は954試合登板404S
という前人未到の記録にあります。

ルーキーイヤーから15年連続50試合以上
登板は驚異的。
過去50試合以上を複数年記録した投手は
いますが必ず故障に悩まされています。
そんな中でここまでの試合に登板は奇跡的。

今やリリーフとしてのイメージが強い
岩瀬投手ですが大学時代は打者として活躍。

愛知リーグで歴代2位の124安打を記録し、
日本代表にも選ばれるほどでした。

大学卒業後、社会人では投手として活躍し、
投手としてドラフト2位で指名されましたが
当時は先発投手として期待されており、
当時誰もリリーフとしてここまで活躍する
とは予想していませんでした。

当時先発として活躍していれば200勝200S
なんていう記録を残していたかも?

Sponsored Link

当サイトプロ野球・考察その他ランキングはこちら!

2018年セパ両リーグ順位予想!

2018年セパ12球団開幕スタメン予想!

2018年セパ12球団の春季キャンプ情報

2018年セパ12球団イケメンランキング!

プロ野球各チーム歴代レジェンドランキング

プロ野球各チーム助っ人外国人ランキング

その他・予想・考察・ランキングはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。

中日のレジェンドでは必ず名前が挙がる
星野仙一氏は勝利数が(実働14年146勝)、
権藤博氏は活躍期間が短かったことが
(5年)ランク外となった理由。

他方、杉下茂氏はホールドとセーブの
記録が残っておらず成績面での評価が
難しく今回は選出外としました。
しかし、6年連続20勝、2度の30勝など
現在では達成不可能な記録を成し遂げ、
通算215勝123敗1761奪三振。
1954年に2リーグ後初となる投手5冠に
輝くなど球界のレジェンドであることは
誰しもが認めるところであります。

この点は異論・反論あるかと思いますが、
ご容赦いただければと思います。

リアルタイムで観ていた!
この選手はここが凄かった!
などなどございましたらコメント欄で是非
教えて下さいね。

最後までお読み頂き有難うございました。