中央学院高校 2018年野球部メンバー、監督や注目選手も!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは、たかパパです。

熱かった2017年度の高校野球も国体が

無事終わってひと段落し、2018年度の

新チームが始動しています。

現在、明治神宮大会と2018年春の

センバツ甲子園の出場枠を掛け全国で

秋季大会の熱い戦いが繰り広げられて

います。

全国的にも勝ち進むのが最も過酷とも

言うべき秋季関東大会を見事に勝ち抜き

優勝を果たした、千葉県の強豪校である

中央学院について注目してみました。

2017年夏の甲子園を圧倒的な強さで優勝

した花咲徳栄を見事破った実力は本物!

スポンサードリンク

2018年中央学院高校野球部メンバー

以下は2017年秋季大会のメンバーです。

2018年春のセンバツまでにメンバーの

入れ替わり等があるかと思われますが、

随時追記していきます。

背番号 名前 学年 位置 出身中学 出身シニア
1 大谷 拓海 2 投手 印西市滝野中・千葉 船橋シニア
2 池田 翔☆ 2 捕手 千葉市小中台中・千葉 千葉東シニア
3 長沼 航 1 内野手 阿見町竹来中・茨城 取手シニア
4 手塚 歩夢 1 内野手 千葉市花園中・千葉 千葉西シニア
5 川崎 和希 2 内野手 松戸市根木内中・千葉 松戸シニア
6 平野 翔 2 内野手 八王子市南大沢中・東京 武蔵府中シニア
7 田中 大暉 2 外野手 利根町利根中・茨城 取手シニア
8 宇田 周平 2 外野手 我孫子市我孫子中・千葉 取手シニア
9 西村 陸 2 外野手 葛飾区立石中・東京 江戸川中央シニア
10 畔柳 舜 1 控え 松戸市第五中・千葉 松戸シニア
11 高鹿 隼人 1 控え 松戸市古ケ崎中・千葉 松戸シニア
12 和田 将幸 1 控え 葛飾区桜道中・東京 江戸川中央シニア
13 高岡 楓 2 控え 柏市豊四季中・千葉
14 西山 空 2 控え 柏市第五中・千葉
15 菊島 岳 2 控え 杉並区杉森中・東京都 武蔵府中シニア
16 信田 虎輝 2 控え 松戸市第一中・千葉
17 長谷川 剛士 2 控え 旭市第二中・千葉
18 森 健輔 2 控え 取手市永山中・茨城 取手シニア

※☆印は主将。

千葉県出身者は11名。

その他は東京都3名、

茨城県が4名となっていて、

千葉近郊の球児で構成されています。

関東各地の有力シニアからの入学も

多くなっていますね。

スポンサードリンク

2018年中央学院 注目選手は?


出展元:http://www.hb-nippon.com/player/12473

中央学院の注目選手といえば外せないのが

背番号1番を背負うエース大谷拓海君

一年生の時から三番・ライトでレギュラー。

一年秋の新チームからエースをつとめ、

打っては2年生の秋から4番も務めています。

ストレートの球速は最速144キロ。

サイドスロー気味のフォームから、変化球は

スライダー、カーブ、フォークを操り、

打っては2017年11月時点で高校通算21本と

いう、文字通り二刀流です!

二刀流の代名詞である大谷翔平投手と同じ

苗字で「安孫子の二刀流」として高い注目を

集める大谷君の活躍に注目です!

大谷拓海(中央学院)二刀流で注目!大谷二世の球速球種や高校通算本塁打、家族や彼女についても
どうもこんにちは、たかパパです! 今回は中央学院の大谷拓海選手について お話をしたいと思います。 大谷選手といえば日本ハム...

中央学院を率いる相馬幸樹監督とは?


出展元:https://timely-web.jp/article/1233/

中央学院を率いる相馬幸樹監督は現在37歳。

市立船橋高時代には投手として夏の甲子園

に出場し、大阪体育大を経て社会人野球の

強豪シダックスでもプレー。

引退後には大学院でスポーツ心理学を学び

修士課程を修了して中央学院へ。

中央学院の特徴としてコーチとスタッフ陣の

充実が目立ちます。

投手担当コーチとして菅井・羽豆コーチ、

野手担当コーチとして中野・福嶋コーチの

4名がチームに常駐し、他の外部コーチや

OBが練習を見ることも少なくないとのこと。

「辛いトレーニングほど楽しくやる」

とは相馬監督の談。

強豪のひしめく千葉県において甲子園の

出場経験は有りませんが、16・17年と

2年連続で秋の千葉県大会で準優勝し、

昨年は関東大会ベスト8に進出。

さらに今年の関東大会では夏の覇者である

花咲徳栄を破り、準決勝では関東最強の

呼び声も高い東海大相模を撃破。

決勝の明秀学園日立戦でも最終回に

1点差まで詰め寄られ、なおも無死満塁の

ピンチを凌ぎきって勝利。

秋季関東大会の優勝で神宮大会行きの

切符を手にするとともに、2018年春の

センバツ甲子園大会への出場をほぼ

当確としています。

スポンサードリンク

中央学院高校 出場校概要

監督 相馬幸樹
部長 梅澤英一
顧問 中野翼
部員数 77名
所在地 我孫子市都部765
ウェブサイト 【中央学院高校HP

甲子園出場
春:なし
夏:なし

甲子園の最高成績
夏:なし
春:なし

秋季関東大会の成績
決勝:6-5 明秀学園日立
準決勝:3-2 東海大相模
準々決勝:5-1 霞ヶ浦
1回戦:6-3 花咲徳栄

秋季千葉県大会の成績
決勝:3-4 拓大紅陵
準決勝:5-2 習志野
準々決勝:3-2 千葉黎明
3回戦:5-2 松戸国際
2回戦:7-3 若松
1回戦:10-2 敬愛学園

主なOB
押本健彦(元日本ハム)
藤崎大輔(元日本ハム)
安原政俊(元巨人)

中央学院に関する関連記事はこちら!

2017明治神宮大会(高校野球)出場校一覧、日程、対戦組み合わせ、結果速報【随時更新】

2018センバツ(春の甲子園)出場校予想一覧!優勝候補予想や注目選手は?【随時更新】

その他高校球児・高校野球に関する記事はこちら!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

激戦区でもある千葉県ですが、

木更津総合、市立船橋、習志野などの

強豪校を押しのけて関東大会に進出し、

見事関東大会を制した中央学院。

春の選抜の切符はほぼ当確ですので、

甲子園での暴れっぷりにも期待したい

ところですね!

最後まで読んで頂き有難うございました!