2017ゴールデングラブ賞予想!パリーグの受賞はどの選手?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは、たかパパです!

2017年パリーグのゴールデングラブ賞を

予想したいと思います!

ゴールデングラブ賞常連の選手から新しい

顔ぶれまで様々な選手が賞の資格を有し、

新しい旋風を起こすのか。

はたまたベテランが維持の獲得となるのか。

近年、セパ共にチームの若返りが起こっており

それに伴ってこうした授賞式でも

フレッシュな選手が現れるものですが

今回はそうしたことが起こるのか。

また、どんな選手が今回のゴールデングラブ賞で

選ばれるのか楽しみですね。

では、いってみましょう!

↓セリーグのゴールデングラブ予想はこちら↓

2017ゴールデングラブ賞予想!セリーグの受賞はどの選手?
どうもこんにちは、たかパパです! 今回はセリーグ・ゴールデングラブ賞 受賞者を予想したいと思います。 今年は一体どんな選手...

スポンサードリンク

投手部門 菊池雄星 〇

出典元:https://baseballplayer18.com/baseball-news/5755/

今年は是非とも彼に受賞してもらいたい!

ついに目覚めた大器西武のエース菊池雄星。

則本投手とかなり悩みましたが則本投手も

今年は大活躍、とくに奪三振記録を

塗り替えるなどしましたが

総合的な活躍と貢献度を見れば

菊池投手に軍配が上がるのかな、と思います。

二桁勝利、防御率1点台、完投数も多く

まさにエースとして大車輪の活躍。

2段モーションで不遇には遭いましたが

それすらも対応して見せ

こうした結果を出せたのですから

今年はすこぶる調子が良かったでしょうね。

CSでも第1戦で則本投手と投げ合い、

見事勝利してみせました。

菊池雄星(西武)完全覚醒!年俸や成績、結婚した嫁や子供も気になる!!2段モーション疑惑についても考察!
みなさんこんにちは、たかパパです。 いや~みなさんもうそろそろ夏の甲子園が始まりますね!! プロ野球はもちろん、高校野球が好きな...

スポンサードリンク

捕手部門 甲斐拓也 〇


出展元:https://baseballking.jp/ns/130442

今年本格的に甲斐選手を正捕手として

育て上げようという気持ちで臨んだ

ソフトバンク。

申し分ない成績で今年は締められたのでは

ないでしょうか。

守備でのミスはたったの「1」で守備率は

.999と抜群。

投手のボールを逸らさず、かつその強肩で

盗塁数の多い選手を幾人も刺してきました。

盗塁阻止について、

本人曰く「自分は強肩でははない」と

テレビで発言しており実際は捕ってから

投げるまでのモーションを早くしているのだそう。

そして安定感のある送球も相まって盗塁阻止に

繋がっていると本人はおっしゃっていますが

守備に関して言えば十二分に期待に応えており

ブレイクの証にゴールデングラブ賞受賞も

十分、可能性はあると思います。

甲斐拓也(ソフトバンク)強肩が凄い!育成の星の年俸や経歴は?彼女はいる?
みなさんこんにちは、たかパパです。 今、注目度No.1のキャッチャーをご存知ですか? 筆者は5月28日に札幌ドームでの日本ハム対...

スポンサードリンク

一塁部門 中田翔 ×

出典元:http://www.nikkansports.com/baseball/news/img/k-bb-0902-0009-ns300.jpg

今年は打撃不振に苦しみましたが、

やはりパリーグ一塁のGGはこの人でしょう。

もはや一塁では常連ですね。

大砲ながら守備も堅実にこなし

怪我もせずずっと1人で一塁を守ってきた

中田選手。

今年はバッティングが不調でしたが

守備も失策「11」と影響したか?

しかしながら1年間ほぼ守りきったのは流石。

銀次選手と悩みましたが

銀次選手は他に二塁も守っており

より貢献度の高さで言えば中田選手に軍配が

上がるのかな、と思います。

中田翔(日ハム)2017オフにFAで阪神移籍?対抗は巨人か広島?2018年のメジャー移籍はある?
みなさんこんにちは、たかパパです。 侍ジャパンの主砲であり、日本ハムの4番が2017年オフにFA資格を取得します。 日本ハムファ...

スポンサードリンク

※11月9日追記しました。

パリーグの一塁手部門は楽天の銀次選手が

初受賞でした。

二塁部門 鈴木大地 〇

出典元:http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20150911004879_comm.jpg

鈴木選手は今年はチーム事情のため二塁に

コンバートしました。

元々守備範囲は広くないですが二塁での

守備が上手くハマり、失策は「5」と一桁。

内野でこれはすごいですね。

コンバートしてもあたふたせず上手く

できたのも去年から監督からコンバートを

明言されていてキャンプで練習していた

からで上手く身を結びました。

三塁部門 松田宣浩 〇

出典元:http://image.news.livedoor.com/newsimage/9/b/9b73b_368_171422b8f10e1c3458d781f22d993f36.jpg

三塁手ではやはりこの人の右に出るものは

いないのではないでしょうか。

年齢もかなりベテランの域に差し掛かっていますが

負けず劣らずいい守備を見せています。

受賞なら5年連続の6回目の受賞となります。

他にライバルもそこまではいませんし

可能性は高いです。

スポンサードリンク

遊撃部門 今宮健太 〇

出典元:http://akasannz.com/archives/1213

ソフトバンク選手が並びます。

パリーグの遊撃ではこの人。

ゴールデングラブ賞の常連ですね。

守備範囲の広さと強肩がウリで

今年もゴールデングラブ賞は確実では

ないでしょうか。

今年は西武のルーキー源田選手という

強力なライバルが出現しましたが

やはり難しい打球の処理や

安定感では今宮選手の方が上です。

今年は打撃も好調でしたので、

今宮選手が受賞だと思われます。

今宮健太(ソフトバンク)イケメンショートの年俸や結婚、喫煙についても気になる!
みなさんこんばんはたかパパです。 皆さんは、12球団ではどこのファンですか? 12球団全て魅力ある球団ばかりですが、所属している...

スポンサードリンク

外野部門① 柳田悠岐 〇

出典元:http://livedoor.blogimg.jp/carpdon-4th/imgs/2/d/2d8cac29.jpg

またまたソフトバンク。

こうしてみるとソフトバンクは攻撃のみならず

守備でもチームに貢献している主力が多いですね。

広島にも共通していることですが

やはり攻撃と守りは関連性があるのでしょうか。

閑話休題として、外野部門の1人目は柳田選手

だと思われます。

長いこと守っていますからかなり安定感があります。

守備職人というよりは身体能力を活かした

プレーが多く、守備範囲は広い。

さらに強肩でランナーにかなりのプレッシャーを

与えています。総合的に見て、

柳田選手が選ばれるかな、と予想!

柳田悠岐(ソフトバンク)FA移籍先は広島カープ?巨人?成績や年俸、奥さんや子供は?
みなさんこんにちはたかパパです。 女性のプロ野球ファンの方々は、試合結果や内容だけでなく、 イケメンな選手にも注目していると思い...

スポンサードリンク

外野部門② 秋山翔吾 〇

出典元:http://tk.ismcdn.jp/mwimgs/d/4/570/img_d40ca4c3f052758dac4528628ce81022295389.jpg

もはや外野守備の名手と言っても

良いくらい好プレーが飛び出す

秋山選手。

足を活かした守備範囲と頭上を越えそうな

打球も見事キャッチできる上手さ。

お手本となる選手で

攻撃のみならず守備でも

大きな貢献を果たす選手。

外野手で上手い選手は誰かと聞かれれば

秋山選手の名前がすぐ浮かびます。

秋山翔吾(西武)今季首位打者!?経歴や生い立ち、年俸、嫁や子供についても気になる!
どうもこんにちは、たかパパです。 パリーグはソフトバンクと楽天の熾烈な争い が続いていますが、ここにきて西武が10連勝 と...

スポンサードリンク

外野部門③ 西川遥輝 〇

出典元:http://livedoor.blogimg.jp/fightersmatome/imgs/1/0/10b6945b.jpg

外野部門最後は西川選手。

センターとして広い守備範囲をしっかり守り、

守備機会も多い中で仕事を全うしていたように思います。

盗塁やバッティングに目がいきがちですが

守備も見た目に反して堅実で

貢献力は大きい。

ゴールデングラブ賞を狙える位置に十分いると

思います。

西川遥輝(日本ハム)人気イケメンの年俸や彼女が気になる!!喫煙者なの?
みなさんこんばんはたかパパです。 GW期間中ですが、みなさんはどうお過ごしでしょうか?海外や国内に旅行?それもいいですが、球場や家で野...

まとめ

2017年のパリーグゴールデングラブ賞の

予想でしたがいかがでしたか?

フレッシュな顔ぶれも見受けられますが

若返りとともに賞を受賞する選手もどんどん変わっていきますね。

さらに外野手はセンターを守っている選手はやはり

ゴールデングラブ賞を受賞する選手が多いですね。

外野の要ですからね。

あくまで予想なので

実際はどんな選手が受賞するのか、待ち遠しいですね。

では、以上でお話を終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする